転職エージェント

転職エージェントでうつ病や発達障害に特化したサービスは?おすすめの7社を紹介

転職エージェントにも、うつ病や発達障害で悩む人をサポートする専門のエージェントがあるのを知っていますか?

転職理由は様々だと思いますが、

  • パワハラなど、職場が原因でうつ病を患う
  • 発達障害で生きづらさを感じ、職場に理解されず苦しむ

といった理由の人もいるのではないでしょうか。

うつ病や発達障害の人が転職するうえで、一般的な転職エージェントに加えて、

「うつ病や発達障害、フリーター、障害者に特化した転職エージェント」への登録をおススメします。

うつ病や障害に特化した転職エージェントでは、病気の症状を理解してもらえる求人の紹介が多いため、

働きやすい職場と出会える可能性が上がります。

また、転職エージェントとは若干異なりますが、就労支援サービスももうつ病や発達障害からの社会復帰をサポートします。

本記事ではうつ病や発達障害で悩む人に、おすすめの転職エージェントや就労支援サービスを7つ紹介します!

転職エージェントには、うつ病や発達障害に特化したものもある!使うメリットは?

うつ病や発達障害に特化した転職エージェントを使うメリットは、以下になります。

  • エージェントが病状に理解があり、働きやすい働き方について相談が出来る
  • 企業側も理解を示して求人を出しているため、再発する可能性が低い
  • 転職後のフォローをしてくださる企業もある。

特にうつ病は「再発率の高い病気」ということもあり、企業側から懸念され傾向が強いです。

そのため、転職先が見つからず泣く泣く現職に復帰したものの再発して休職、以下無限ループという方が多いのだとか(´・ω・`)

しかし、環境や業務内容を変えれば働ける!という人が多いのも事実。

うつ病や発達障害に特化したエージェントに求人を出している企業は、

病気を理解したうえで求人を出し採用活動をしているため、働きやすい職場と出会える可能性が上がります。

そして、理解のある企業と出会うためにも、一般的な転職エージェントと、うつ病や発達障害に特化した転職エージェントを併用することをおススメします。

一般的な転職エージェントのおすすめを、以下の記事で紹介してますので、興味のある方はぜひ!

関連記事:【2021年版】20代におすすめの転職エージェント5選を20代男子が紹介

次章から私のおススメする「うつ病や発達障害に特化した転職エージェント」を紹介します。

転職エージェントで、うつ病や発達障害に特化したおすすめ7選

転職エージェントで、うつ病や発達障害に悩む方におすすめしたいサービスは以下の7つです。

(4番目までが転職エージェント、5~7番目が就労支援です)

  • atGP
  • UZUZ
  • 第二新卒AGENTneo
  • dodaチャレンジ
  • シゴトライ
  • リンクビー
  • LITALICOワークス

atGP(転職エージェント)

転職エージェント うつ病 発達障害 
病気 atGP

まず障害者の転職サポートに特化した転職エージェントの老舗、「アットジーピー【atGP】」です。

アットジーピー【atGP】」の特徴は下記となります。

atGPの特徴
  • 障害者専門の転職エージェント歴15年と長い
  • 転職サイトにない「非公開求人」が多い
  • 転職エージェントが求職者の症状に合わせて勤務時間などを企業と調整

atGPの最大の強みは「企業との条件調整」です。

障害者の転職サポートに特化してきたからこそ、あなたの症状から配慮や勤務時間、職務をどう調整したらよいのかのノウハウを知っています。

そして、企業と転職エージェントが勤務時間の配慮などの自分では言いづらい交渉して下さるのが何よりありがたいですよね!

障害者手帳を持っている人のみの受付、なおかつ首都圏・大阪・名古屋に限定されるところがデメリットですが、

条件を満たしている方には是非おススメしたい転職エージェントです!

\atGP(転職エージェント)/

詳細はこちら

UZUZ(転職エージェント)

ブランクがあったり、正社員が未経験だったりする方におすすめしたいのが「UZUZ」です。

UZUZ」の特徴は以下です。

UZUZの特徴
  • 第二新卒やニート、ブランクのある方の就職に特化
  • ブラック企業の徹底排除
  • 一人ひとりに合わせた柔軟なサポート

UZUZ最大の強みは、一人ひとりに向けたサポート。

UZUZでは初回のキャリアカウンセリングを、1人当たり2時間も設けています。

じっくりと求職者と話すことで、本音を引き出すことはもちろん、転職先とのミスマッチも防げるのが魅力。

また、サポートも個別サポートと集団サポートの両方が用意されており、自分のやりやすい方を選ぶことができます。

2週間以内など、素早く転職したい方にはおすすめできませんが、後悔のない転職をしたい人にはおすすめのエージェントです。

※22卒の就活生は対象外となります。

22卒でUZUZを検討されている方は、以下をご覧ください。

>> 理系の大学院生へおすすめの就職エージェントを、理系院卒が紹介

\UZUZの/

詳細はこちら

第二新卒AGENTneo(転職エージェント)

転職エージェント うつ病 発達障害 病気 第二新卒エージェントneo

うつ病や発達障害によって休職するなど、ブランクのある第二新卒へおススメしたい転職エージェント、第二新卒AGENTneoです。

第二新卒AGENTneo」の特徴は下記になります。

第二新卒AGENTneo の特徴
  • フリーターや既卒に強い(うつ病や発達障害でブランク、未経験でも安心)
  • 人事目線での模擬面接を実施
  • 未経験可の求人が5000件以上

特に、人事目線での模擬面接が最大の強みではないでしょうか。

第二新卒エージェントneoでは、これまでに15000人以上の就職を成功させているという実績がありますので、的確なアドバイスをいただけます。

ブランクがあった場合、面接で言葉に詰まったり、不安になったりすることもあるかもしれません。

しかし、既卒やフリーターの転職成功の実績が多数あるため、面接対策の効果はバツグン!

「第二新卒エージェント」neoは東京と大阪だけでなく名古屋と福岡で対応していることも魅力です。

\第二新卒AGENTneo/

詳細はコチラ

dodaチャレンジ(転職エージェント)

転職エージェント うつ病 発達障害  病気 dodaチャレンジ

大手転職エージェント「パーソルキャリア」の障害者向け転職エージェントであるdodaチャレンジもおススメ転職エージェントです。

dodaチャレンジ」の特徴は下記となります。

dodaチャレンジの特徴
  • 大手転職エージェント「doda」ならではの実績
  • 転職サイトにない「非公開求人」が約8割
  • 転職エージェントのの65%が障害者手帳を持っている

dodaチャレンジの最大の強みは「非公開求人の多さ」です。

大手転職エージェント「doda」のノウハウと実績があるため、公にされていない求人が多いです。

そして、実績数からブラック企業との遭遇率が低いです!

ただし、精神障害向けの求人は極めて少なく、

「お断りメールが届いた」という評判が多数見られましたので、下位としました。

\dodaチャレンジ/

詳細はコチラ

シゴトライ(就労支援)

転職エージェント うつ病 発達障害 病気 シゴトライ

ここから3つは「就労支援」になります。

1つ目はうつ病の方におススメしたい、うつ病専門の転職エージェント「シゴトライ」です!

シゴトライの登録をおススメする理由は以下です。

  • 障害者支援No.1の会社が提供しているサービス
  • プロフィールカードで病状がわかる
  • 職場定着サポートなど、アフターケアも充実

特に「プロフィールカード」と「アフターケア」がおすすめです。

「プロフィールカード」ではあなたのスキルだけでなく「体調の安定度」を企業にアピールできるため、

企業側も安心して選考を進めることが出来ます。

加えて、各支援機関と連携しながらアフターケアをすることにより、職場での悩みや困っていることも相談できます。

以上の2つの要素から、うつ病患者が最も世間から懸念される、職場定着率は驚異の90%!

唯一のデメリットは首都圏と関西圏以外非対応なところですが、

首都圏と関西圏の方には、是非おススメしたい転職エージェントです!

▼シゴトライの評判を詳しく知りたい人へ。

関連記事:【うつの就労支援】シゴトライの評判は?好評の理由とたった1つの課題を紹介

\シゴトライの就労支援/

詳細はこちら

リンクビー(就労支援)

転職エージェント うつ病 発達障害 病気 リンクビー

次に、発達障害の方に特化した就労支援「リンクビー 」です。

リンクビーの特徴は下記となります。

リンクビーの特徴
  • 実践的な職業トレーニングの場で訓練できる
  • 特性や課題を理解しながらの就労サポート
  • 職務経験の有無関係なく利用できる

中でも、特性や課題を理解しながらサポートする点が、1番の強み。

発達障害と一括りにまとめても、ASD(アスペルガー)、ADHD(注意欠如・多動症)、LD(学習障害)など幅広くあります。

そして、発達障害の種類によって特性や度合いが異なるため、就労サポートの内容も変わってきます。

特性に対する理解があるだけでも、安心感がありますよね!

そして「リンクビー」も、職場定着率はなんと90%!

「シゴトライ」と同様、首都圏と関西圏以外非対応なところが唯一のデメリットですが、

首都圏と関西圏にお住まいで、発達障害に悩む方におススメしたい転職エージェントです。

\リンクビーの就労支援/

詳細はコチラ

LITARICOワークス(就労支援)

転職エージェント うつ病 発達障害 
 病気 リタリコ

最後におすすめしたいのはLITALICOワークスです!

【LITALICOワークス】の特徴は以下となります。

LITALICOワークスの特徴
  • 20代、30代で精神障害に悩む人の就労に強い
  • 大手企業への就労実績が多数
  • 全国ネットワークで80か所以上の事業所

LITALICOワークスの最大の強みは、「20代、30代の精神障害の就労支援を得意としている」こと。

20代、30代の人が得意な就労支援サービスも珍しいため、該当する人はぜひ候補に入れておきたいところ。

一方で事業所数が多いゆえに、雰囲気にばらつきがあるといった声もありますが、

大都市圏ですと複数事業所があるので、雰囲気の合う事業所を探すこともできますよ!

▼LITALICOワークスの評判が知りたい方へ。

関連記事:リタリコ(LITALICO)の就労支援の評判は?精神疾患持ちの20代が紹介

\LITALICOの就労支援/

詳細はこちら

転職エージェントはうつ病や発達障害に特化したものと通常の2軸にしよう!

転職エージェント うつ病 発達障害 病気 おすすめ

うつ病や発達障害に悩む人は、特化型の転職エージェントと通常の転職エージェントの2軸で転職活動をすることおすすめします!

特化型の転職エージェントを経由しますと、病状に理解を示していただけるうえでサポートいただけるため、再発率は低く、働きやすくなります

そして、働きやすい環境で働いた結果、回復が近づくというメリットも!

本記事が、うつ病や発達障害で苦しんでいる人の転職の助けになれば、私は幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ではでは、今日も皆さま生きててえらい!

本記事で紹介した、転職エージェントまとめ

各転職エージェント名のリンクから、企業サイトを見ることができます。

転職エージェント名強みおすすめの人
【シゴトライ】職場定着率の高さうつ病の人
【リンクビー】発達障害の症状への理解発達障害の人
第二新卒AGENTneo人事目線の模擬面接面接に不安な人
dodaチャレンジ非公開求人の多さ障害者手帳持ち
アットジーピー【atGP】企業との条件調整3大都市圏在住
UZUZきめ細やかなサービス長期離職の人
【LITALICOワークス】精神疾患の若者メイン20代のうつ病

▼うつ病や発達障害で悩んでて、退職したいのに退職できない人へ

関連記事:退職代行を使うのは卑怯なのか?我慢するリスクの方が大きいという話

ABOUT ME
じんと(迅斗)
〔うつ病からの社会復帰を、生き様で発信〕l大手企業3年目でうつ病を患い転職活動で250社落ちるも、Webライターとブログのフリーランスで復活lWebライターだけで月商10万円を突破し、ブログは「じぶんぽっく」含め5つ運営と多岐に渡って活動中l愛称は「うつのちライター」lうつ抜け配達パートナーとして、ウーバーイーツ配達員もやってます。
コチラの記事も人気です!