うつからの社会復帰

【当事者が厳選!】うつ病におすすめの転職エージェントや就労移行支援8選【発達障害も】

うつ病や発達障害に悩む人に、おすすめの転職エージェントや就労移行支援ってあるの?

こんな疑問を持った人も多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • うつ病当事者の20代
  • ASDグレーゾーン
  • 就労移行支援3社の取材経験あり
  • 転職エージェント2社の取材経験あり

の筆者がおすすめする転職エージェント5社と、就労移行支援3社を紹介します。

ぜひ最後までお付き合いください。

▼転職エージェントと就労移行支援の違いから知りたい方はこちら

関連記事:精神障害者の就職は難しい?理由と2種類のサポートについて当事者が解説

筆者の自己紹介

自己紹介

じんと(@jibunpock

うつ病や発達障害の人へおすすめしたい転職エージェント8選

うつ病や発達障害の人へおすすめしたい転職エージェント8選

早速、うつ病や発達障害におすすめの転職エージェント5社と、就労移行支援3社を紹介します。

転職エージェントから順に

  • 利用するメリット
  • 注意点

を紹介していきます。

おすすめ転職エージェント5選

うつ病や発達障害の人におすすめの転職エージェントは、以下の5社です。

  • dodaチャレンジ
  • atGP(アットジーピー)
  • 第二新卒AGENTneo
  • 就職Shop
  • UZUZ(ウズウズ)

おすすめ①:dodaチャレンジ

dodaチャレンジ
引用元:dodaチャレンジ 公式サイト

まずは大手人材会社「パーソルチャレンジ」が運営する、障害者向け転職エージェント【dodaチャレンジ】です。

実は、筆者じんとイチ押しの転職エージェント!

そんな「dodaチャレンジ」に登録するメリットは、以下の通り。

  • 大手転職エージェント「doda」が持つ実績やノウハウ
  • 転職サイトにない「非公開求人」が約8割
  • 障害者手帳を持っている職員が多く、寄り添った支援

特に「障害者手帳を持っている職員が多い」ことが1番のメリットで、全従業員の55%にものぼります。

大手転職エージェント「doda」の実績やノウハウを活かしながら、障害者に寄り添った支援ができることは、他にはない魅力ですね。

実際、ぼくがキャリアカウンセリングを受けた時も

  • 体調の波はありますか
  • 病院の頻度はどれくらいですか

といった、「当事者の心に寄り添った質問」をされたことに驚きました。

優しさに感動して涙目(ぴえん)。

一方で、以下のような注意点もあります。

  • 事務職が7割で首都圏の求人が多め
  • スキルやタイミングによって断られることもある

実は「dodaチャレンジは、お断りが多い」とネット上で言われています。

>> dodaチャレンジはお断りが多い?精神障害者が登録してみた

しかし、うつ病当事者であるぼくが取材にいったところ、断られやすい人には『3つの特徴』があることがわかりました。

  • 自分の特性を理解していない
  • 事務職をしたくない
  • 経験が極端に少ない

「私はどれにもあてはまっていない!」という人は、登録して面談を受けてみましょう。

\当事者だからこそ寄り添える支援/

dodaチャレンジに
登録する!

▼筆者じんとによる、dodaチャレンジへのインタビューはこちら!

関連記事:dodaチャレンジから紹介されないって本当!?うつ病当事者が突撃取材

おすすめ②:atGP(アットジーピー)

アットジーピー【atGP】
引用元:アットジーピー【atGP】 企業サイト

次に障害者の転職サポートに特化した転職エージェントの老舗、「atGP(アットジーピー)」です。

atGPに登録するメリットは以下の通り。

  • 障害者専門の転職エージェント歴15年以上
  • 転職サイトにない「非公開求人」が多い
  • 企業との条件調整にも対応している

atGPの最大の強みは「勤務時間などの条件を企業と調整してもらえる」ことです。

atGPは、長年障害者の転職サポートに特化してきました。

そのため、「症状に応じて勤務時間や仕事内容を、どう調整したらいいのか」というノウハウをたくさん持っています。

何より、勤務時間の配慮などは自分から言いづらいもの!

代わりに転職エージェントが交渉してくれるのは、本当にありがたい話ですね。

一方で、以下のような注意点もあります。

  • 障害者手帳を持っている人のみ対応
  • 首都圏、関西圏のみ対応

とはいえ、条件を満たしている人はぜひ登録しておきたい転職エージェントです。

\15年以上続く老舗エージェント/

atGPに
登録する!

おすすめ③:第二新卒AGENTneo

第二新卒AGENTneo
引用元:第二新卒AGENTneo 公式サイト

18~28歳の人に限られますが、ぜひ選択肢に入れてほしいのが【第二新卒AGENTneo】です。

第二新卒AGENTneoに登録するメリットは、以下の通り。

  • フリーターや既卒に強い(うつ病でブランクや未経験でも安心)
  • エージェントから企業に推薦文が送られる
  • 未経験可の求人が5000件以上

この記事を読んでくださっている人の中には、うつ病や発達障害(グレーゾーン含む)が原因で

  • 既卒
  • フリーター
  • ニート
  • 短期離職

となってしまい、就職に悩まれる方も多いでしょう。

そのうえで世間の目は冷たく、中にはサポートを断る転職エージェントも多いんですよね。

しかし、第二新卒AGENTneoは「学歴や経歴に関係なくサポート可能」なことが魅力!

第二新卒はもちろん、ブランクのある人や未経験の人を含めて、15000人以上の就職を成功させているという実績がありますからね!

加えて、第二新卒AGENTneoでは「応募企業に推薦文を送る」など、社会復帰を全面サポートしてくれます。

一方で「うつ病からの社会復帰には条件がある」という注意点も。

第二新卒AGENTneoに直接お聞きしたところ……

「うつ病からの社会復帰」の場合は、主治医から発行される【完治証明書】が必要とのことです。

第二新卒AGENTneoを使って転職活動を進めたい人は、頭の片隅に入れておいてください。

(キャリアアドバイザーとの面談のときにも説明があるはずです!)

余談ですが、第二新卒AGENTneoは東京と大阪だけでなく、名古屋と福岡の人もサポートを受けられます。

\既卒20代の社会復帰支援!/

第二新卒
AGENTneoに
登録する!

おすすめ④:就職Shop

就職Shop
引用元:就職Shop 公式サイト

第二新卒AGENTneoと同じく、ブランクのある20代におすすめしたいのがリクルートが運営する【就職Shop】です。

就職Shopに登録するメリットは、以下の通り。

  • 「リクルートのサービス」ゆえの実績やノウハウ
  • エージェントが職場へ直接訪問
  • 4人に3人が正社員未経験からの転職に成功!

特に、正社員未経験からの就職成功率が高いことが魅力的!

うつ病や発達障害に悩む人で、正社員として働けないことを悩む人も多いですよね。

しかし、リクルートエージェントリクナビNEXTでおなじみのリクルートが運営しており、実績やノウハウを活かしてサポートしてもらえます。

一方で、以下のような注意点も。

  • 首都圏、京阪神のみ対応
  • 時期によっては新卒は利用不可

22卒は7月下旬より登録OKとなりました

地域が限定されてしまうのは残念ですが、首都圏もしくは京阪神の人はぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

\正社員を目指す20代におすすめ/

就職Shopの
面談を受ける!

おすすめ⑤:ウズウズ(UZUZ)

UZUZ
引用元:UZUZ

ブランクがあったり、正社員が未経験だったりして、なおかつ『理系の仕事』がしたいという人には【ウズウズ(以下、UZUZ)】がおすすめ。

UZUZに登録するメリットは以下の通り。

  • 第二新卒やニート、ブランクのある人の就職に特化
  • 厳しい基準で、ブラック企業を徹底排除
  • 一人ひとりに合わせた柔軟なサポート

UZUZ最大の強みは、一人ひとりに合わせたサポート。

UZUZでは初回のキャリアカウンセリングを、1人あたり2時間も設けています。

ここまで長いのは、正直珍しいです。

じっくりとエージェントと話すことによって、自分の思いを伝えやすいことから、ミスマッチを防ぐことができます。

せっかく就職したのに、企業や仕事も合わず「早期離職」してしまっては元も子もないですからね。

ぼくの友人も、第二新卒でUZUZを利用していましたが、

担当者がとても優しくて、面接で失敗したときもフィードバックをくれた

と言っていました。

また、サポートも個別サポートと集団サポートの両方が用意されており、自分のやりやすい方を選ぶことができるのもいいですね。

一方で、以下のような注意点もあります。

  • すぐに転職したい人には不向き
  • 22卒の就活生は対象外

じっくり時間をかけながら、納得のいく形で進めていくため、「明日にでも転職したい」という人にはおすすめできないでしょう。

とはいえ、「理系の仕事」で後悔のない転職をしたい人には、おすすめのい転職エージェントです。

\理系でブランクある人におすすめ/

UZUZの
面談を受ける!

22卒でUZUZを検討されている方は、「アカリク就職エージェント」をご検討ください!

>> アカリク就職エージェント 公式ホームページ

おすすめの就労移行支援3選

次に、就労移行支援です。

数多くある就労移行支援事業所の中から、うつ病や発達障害の人におすすめの3社をピックアップしました。

  • atGPジョブトレ
  • ミラトレ
  • LITALICOワークス

転職エージェントと同じく、詳しく見ていきましょう。

おすすめ①:atGPジョブトレ(旧:シゴトライ・リンクビー)

atGPジョブトレ
引用元:atGPジョブトレ 公式サイト

まずは、転職エージェントで紹介した「atGP」が運営する就労移行支援【atGPジョブトレ】です。

就労移行支援事業所の中では、筆者じんとがイチ押ししたいサービスで、5回も取材に行きました(笑)

そんなatGPジョブトレを利用するメリットは、以下の通り。

  • 症状別で5つのコースがある
  • グループワーク中心とした実践的なプログラム
  • 職場定着サポートなど、アフターケアも充実

atGPジョブトレでは、以下の5つのコースを用意していることが強み。

  • うつ病
  • 発達障害
  • 統合失調症(お茶の水事業所のみ)
  • 難病(お茶の水事業所のみ)
  • 聴覚障害(大手町事業所のみ)

実は「うつ病」「発達障害」「統合失調症」で社会復帰のために必要なことや、活かす特性が微妙に異なります。

そのため、コース別に分けていることで「同じ目標を目指す仲間」と励まし合いながら社会復帰できるのが強みです。

特にうつ症状コース発達障害コースの2つは、職場定着率(入社6カ月以内で離職していない人の割合)がどちらも91%!

うつ病や発達障害で懸念されている「短期離職」が少ないことから、質のいいサポートを受けられることがわかりますよね。

一方で、以下の2つには注意したいところ。

  • 首都圏と京阪神限定
  • 個人ワーク希望の人は不向き

とはいえ、ほとんどの仕事場ではグループワークが必須。

練習だと思って、見学がてらチャレンジしてみましょう!

\5つのコースとグループワーク/

atGPジョブトレの
詳細を見る!

▼うつ症状コースを実際に筆者が体験しました!

関連記事:atGPジョブトレ うつ症状コースの体験談!うつ病当事者が受けてみた

▼発達障害コースも体験してきました!

関連記事:リンクビーは評判通り?ASDグレーゾーンの当事者が体験してきた

おすすめ②:ミラトレ

パーソルチャレンジの就労移行支援「ミラトレ」
引用元:ミラトレ

先ほど紹介した【dodaチャレンジ】と同じ「パーソルチャレンジ」が運営している就労支援【ミラトレ】です。

ミラトレを利用するメリットは、以下の3つです。

  • 運営会社では、300人以上の障害者が活躍している
  • コミュニケーションを重視したプログラム
  • 就職率は驚異の98%

中でも、障害者が活躍している現場で培った知識やノウハウが、1番の強み。

うつ病や発達障害は、経験者や当事者しかわからないような悩みも多く、社会復帰が怖く感じるきっかけにもなりやすいです。

しかし、運営会社で障害者が300人以上活躍していることから、利用者の気持ちに寄り添った支援ができることが強み。

また、「職場を想定したプログラム」などコミュニケーションを重視することで、実践的に学ぶことができます。

一方で、以下のような注意点もあります。

  • 事業所が首都圏・大阪・兵庫のみ
  • 一部「ゆるい」と不満の声も

とはいえ、百聞は一見にしかず。

少しでも興味がある人は見学してほしいです(見学無料)!

\dodaが運営する就労支援/

ミラトレを
見学する!

▼さらに詳しく「ミラトレ」を知りたい人へ

関連記事:ミラトレは評判以上にスゴかった!?精神障害の当事者が梅田事業所へ突撃取材!

おすすめ③:LITARICOワークス(リタリコ)

LITALICOワークス
引用元:LITALICOワークス

最後におすすめしたいのは【LITALICOワークス(リタリコ)】です。

LITALICOワークスを利用するメリットは以下の通り。

  • 20代、30代で精神障害の支援に強い
  • 大手企業への就労実績が多数
  • 80か所以上の事業所があり、全国に展開

LITALICOワークスの最大の強みは、「20代、30代の精神障害の支援を得意としている」こと。

LITALICOワークスは「働きたいにこたえる」をテーマとしており、『自分がどのように社会復帰したいのか』を重視して支援を進めます。

障害者雇用のほとんどは事務職ですが、販売やIT業界、中にはフリーランスになる人も!

ひとり一人の「思い」に重視したプログラムこそ、今の20代・30代の働き方にフィットしているのでしょう。

一方で、以下のような注意点もあります。

  • 事業所が多く、雰囲気にばらつきがある
  • 人気のある場所だと待ち時間が発生することも

とはいえ、LITALICOワークスは事業所が多いことから「雰囲気が合う場所」を探しやすいです。

特に、首都圏や京阪神、名古屋といった大都市圏では、複数の事業所があります。

複数の事業所に見学に行ってから通所を決める人も多いとのことなので、いくつか見学してみるのもおすすめですよ!

▼LITALICOワークスの評判が知りたい方へ。

関連記事:リタリコ(LITALICO)の就労支援は評判悪い?精神疾患の当事者が解説

\働きたい思いにこたえる支援/

LITALICO
ワークスの
資料をもらう!

▼評判を詳しく知りたい人はこちら!

関連記事:リタリコ(LITALICO)の就労支援は評判悪い?精神疾患の当事者が解説

【年齢・地域別】うつ病や発達障害の人へ特におすすめしたい転職エージェント

【年齢・地域別】うつ病や発達障害の人へ特におすすめしたい転職エージェント

ここからはうつ病や発達障害の人におすすめしたい転職エージェントや就労移行支援について、年齢別や地域別でさらに詳しく見ていきましょう。

この章では

  • じんとのイチオシ
  • 20代におすすめ
  • 大都市圏の人におすすめ
  • 地方の人におすすめ

の4つに分けて紹介します。

①:じんとのイチ押し

先ほども軽く触れましたが、年齢や住んでいる場所を問わずに、イチオシしたい転職エージェントと就労移行支援は以下です。

  • 転職エージェント…【dodaチャレンジ】
  • 就労移行支援…【atGPジョブトレ】

この2社がイチ押しの理由は「年齢に限らず、当事者に寄り添ったサポートを受けられる」こと。

dodaチャレンジは「紹介されない」人も確かにいますが、面談を受けるだけでも『気づき』を得られるので貴重な経験になるでしょう。
(dodaチャレンジ内でも「面談結果に関わらず、おみやげを持って帰ってもらう」ことをモットーにしています)

ぼくも面談を受けましたが、配慮してもらいたいことの深堀りが足りてなかったな……と気づかされました。

またatGPジョブトレは、症状別のコースに特化していることや、グループワークをメインとしたプログラムが理由で『イチオシ』としました!

企業サイトはこちら!

②:20代の人におすすめ

次に20代の人におすすめなのが、以下の2社です。

  • 転職エージェント…【第二新卒AGENTneo】
  • 就労移行支援…【LITALICOワークス】

この2社は、若者の転職支援や就労移行支援を得意としていて、以下のことから「社会復帰」と「仕事の充実」の両方を得やすいでしょう。

  • 第二新卒AGENTneo:企業への推薦文
  • LITALICOワークス:個人の働く思いに合わせた支援

20代の人は、ぜひ検討してみてください( ˘ω˘ )

各企業サイトはこちら!

③:大都市圏の人におすすめ

首都圏や京阪神といった『大都市圏』に住む人も、選択肢が多くて悩みやすいでしょう。

数多くの選択肢の中から、大都市圏の人におすすめしたいのが、以下の2つです。

  • 転職エージェント…【atGP】
  • 就労移行支援…【atGPジョブトレ】

転職エージェントは「atGP」と「dodaチャレンジ」で悩みましたが、特に大都市圏に強い「atGP」を上位としました。

dodaチャレンジは、京阪神より首都圏の求人が多いと取材を通じてわかりました(そもそも本社機能が首都圏に多いことが原因)。

一方で「atGP」は、京阪神でもメーカーや金融を筆頭に事務職の求人が多いです。

京阪神の人はatGPに登録したほうが、求人を紹介してもらいやすいでしょう。

また、就労移行支援も同系列の「atGPジョブトレ」をおすすめしています!

各企業サイトはこちら!

④:地方の人におすすめ

最後に、地方に住んでいる人です。

地方に住んでいる人におすすめしたいサービスは、以下の3パターンに分けられました。

  • 転職エージェント…【dodaチャレンジ】
  • 名古屋・福岡在住の20代…【第二新卒AGENTneo】
  • 就労移行支援…【LITALICOワークス】

そもそも、うつ病や発達障害を得意とする転職エージェントや就労移行支援は、全国展開していることのほうが少ないです。

しかし、先ほど挙げた3つは別。

  • dodaチャレンジ:全国展開
  • 第二新卒AGENTneo:名古屋・福岡
  • LITALICOワークス:四国以外全域

地方在住の人は、この中から1社登録もしくは見学してみましょう( ˘ω˘ )

各企業サイトはこちら!

そもそもうつ病や発達障害の人に転職エージェントがなんでおすすめ?

そもそもうつ病や発達障害の人に転職エージェントがなんでおすすめ?

とはいえ、「うつ病や発達障害の人におすすめの、転職エージェントや就労支援を使うメリットってあるの?」と考えた人もいるでしょう。

当事者のぼくが回答しますと「メリットばかりですし、社会復帰の成功に欠かせないことだらけ」です。

例えば、うつ病や発達障害の人におすすめの転職エージェントや就労支援では、以下のようなサポートを受けられます。

  • エージェントが病状に理解しており、働きやすい働き方について相談ができる
  • 企業側も理解を示して求人を出しているため、再発する可能性が低い
  • 転職後のフォローが充実したサービスもある

特にうつ病は「再発率の高い病気」ということもあり、企業側から懸念されがち。

そのため、「再発して休職→離職」という無限ループという方が多いのだとか(´・ω・`)

だからこそ、病気や特性を受け入れたうえで働ける場所探しが重要!

そもそも、うつ病や発達障害に強い転職エージェントや就労支援に求人を出している企業は、病気を理解している前提。

つまり、働きやすい職場と出会いやすいということ!

そして、理解のある企業と出会うためにも、

一般的な転職エージェントと、うつ病や発達障害に特化した転職エージェントの併用

がおすすめ!

一般的な転職エージェントのおすすめを、以下の記事で紹介してますので、興味のある方はぜひ!

※一部は20代限定です。

関連記事:【体験談あり!】20代におすすめの転職エージェント5社を徹底比較【20社以上利用】

まとめ:うつ病や発達障害からの社会復帰には転職エージェントの活用がおすすめ

まとめ:うつ病や発達障害からの社会復帰には転職エージェントの活用がおすすめ

本記事では、うつ病や発達障害に悩む人におすすめの転職エージェントや就労移行支援を紹介しました。

うつ病や発達障害からの社会復帰は難しく、常に「再発」のリスクと隣り合わせ。

ぼくもクローズ転職メインで活動していたころ、250社からお祈りされた過去があります。

ほんまにつらくて、何度泣いたかわかりません。

転職してた時に「この記事で紹介した転職エージェントや就労移行支援に出会えたらなぁ」とふと思うときはあります。

ぼくと同じ後悔をしてほしくないからこそ、全力で書かせていただきました!

最後になりますが、この記事で紹介したものを一覧表にまとめました。

よかったら参考にしてみてください。

転職エージェント名強み年代地域
アットジーピー
【atGP】
企業との
条件調整
不問首都圏
京阪神
UZUZ理系の就職20代首都圏
京阪神
dodaチャレンジ非公開求人不問全国
第二新卒
AGENTneo
既卒・ニート
にも対応
20代首都圏
京阪神
名古屋
福岡
就職Shop正社員
求人多数!
20代首都圏
京阪神
本記事で紹介した、転職エージェントまとめ

本記事で紹介した、就労移行支援まとめ

就労移行支援名強み年齢地域
atGP
ジョブトレ
症状に合わせた
5つのコース
不問首都圏
大阪
ミラトレ現場目線
就労支援
不問首都圏
大阪
兵庫
LITALICO
ワークス
精神疾患の
若者が得意
20代
30代
四国
以外

※LITALICOワークスは40代以上でも利用可能です。

この記事が、社会復帰のはじめの一歩になれば、うれしいです。

ではでは、今日も皆さま生きててえらい。

▼社会復帰に不安な方へ。当事者が相談にのります。

関連記事:悩みがある人へ。オンライン相談、文面でのやり取りも承ります!