はじめての方はこちら >>

うつ病の人に本気でおすすめしたい転職エージェント5選!精神疾患を経験した人が紹介

うつ病の人に本気でおすすめしたい転職エージェント5選!精神疾患を経験した人が紹介

うつ病からの社会復帰で、おすすめの転職エージェントはあるの?

こんな悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。

実はぼくもそうでした。

今でこそフリーランスで働いていますが、社会人3年目にうつ病を患い休職、転職活動をしていた時期がありました。

この記事を書いた人

筆者の自己紹介
じんとTwitterアカウント

しかも当時は一般雇用での社会復帰ばかりに目を向けていて、250社からお見送り。

今でも、思い出しただけで涙出そうになります。

また、エージェントの担当コンサルタントから

担当者

あなたに紹介できる求人はありません

といったように、門前払いされた経験も何度かありました。

だからこそ「この記事を読んでくださっているあなたが、同じ悲しい思いをしてほしくない」と本気で思っています。

そこでこの記事では、数多くの転職エージェントサービスのなかから、以下の3つの観点からおすすめできる5社に厳選。

  • うつ病でも求人を紹介してもらえる
  • 親身なサポートを受けられる
  • 既卒など、ブランクがあっても支援を受けられる

最後まで読めば、あなたにあったサービスときっと出会えるはずです!

スクロールできます
サービス名イチオシポイント
dodaチャレンジ
(障害者雇用)
全国で対応
当事者に寄り添う支援
atGP
(障害者雇用)
勤務時間などの
業務調整もサポート
リクルート
エージェント

(一般雇用)
全国で対応
質の高いサポート
第二新卒AGENTneo
(一般雇用・第二新卒)
学歴や職歴に
関係なくサポート
就職Shop
( 一般雇用・第二新卒 )
正社員の求人多数
本記事で紹介するサービスを簡単に紹介

▼先に「転職エージェント」と「就労移行支援」の違いを知りたいあなたへ

関連記事:精神障害者の就職は難しい?理由と2種類のサポートについて当事者が解説

目次

うつ病の人に本気でおすすめしたい転職エージェント5選

うつ病の人に本気でおすすめしたい転職エージェント5選

最初に紹介したように、うつ病の人に本気でおすすめしたい転職エージェントは以下の5つ。

詳しく見ていきましょう。

おすすめ①:dodaチャレンジ

1つ目は、大手人材会社「パーソルチャレンジ」が運営する障害者向け転職エージェントdodaチャレンジです。

実は、筆者じんとイチ押しの転職エージェント!

おすすめポイント
  • 大手転職エージェント「doda」が持つ実績やノウハウ
  • 転職サイトにない「非公開求人」が約8割
  • 障害者手帳を持っている職員が多く、当事者目線で寄り添った支援

特に「障害者手帳を持っている職員が多い」ことが強みです。

dodaチャレンジを運営しているパーソルチャレンジは、障害者雇用促進のために作られた「特例子会社」。

全従業員の55%が障害者ゆえに、当事者目線で寄り添った支援を得意としています。

実際、ぼくがキャリアカウンセリングを受けた時も

  • 体調の波はありますか
  • 病院の頻度はどれくらいですか

といった、「当事者の心に寄り添った質問」をされたことに驚きました。

優しさに感動して涙目(ぴえん)。

一方で、以下のような注意点もあります。

  • 事務職が6割で首都圏の求人が多め
  • スキルやタイミングによって断られることもある

実は「dodaチャレンジは、お断りが多い」とネット上で言われています。

ただし、dodaチャレンジに取材して話をうかがったところ、お断りされやすい人には以下のような特徴があるとのこと。

  • 自分の特性を理解していない
  • 事務職・エンジニア以外を志望
  • 社会人経験が極端に少ない(第二新卒を除く)

「私はどれにもあてはまっていない!」という人は、ぜひ選択肢に入れておきましょう。

おすすめ②:atGP(アットジーピー)

2つ目は、障害者の転職サポートに特化した転職エージェントの老舗、アットジーピー(atGP)です。

おすすめポイント
  • 障害者専門の転職エージェント歴15年以上
  • 転職サイトにない「非公開求人」が多い
  • 企業と条件調整もしてくれる(通院への配慮など)

atGPの最大の強みは「勤務時間などの条件を企業と調整してもらえる」ことです。

障害者の転職サポートに特化したサービスゆえに

症状に応じて勤務時間や仕事内容を、どう調整したらいいのか

を交渉するノウハウや経験をたくさん持っています。

悩む人

体調の波も不安だし、月に1度は通院しないと……

と悩んでいても、なかなか応募企業に言いづらいので助かりますね!

一方で、以下のような注意点もあります。

  • 障害者手帳を持っている人のみ対応
  • 首都圏、関西圏のみ対応

地方に住んでいる人がatGPに登録しても求人を紹介されません。

先ほど紹介した、dodaチャレンジを利用することをおすすめします。

おすすめ③:リクルートエージェント

3つ目がリクルートエージェントで、実はぼくが転職活動していたころ1番お世話になりました。

一般雇用での社会復帰を考えている人は、外せないサービスといっても過言ではないでしょう。

おすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人数で、地方在住でも求人が多い
  • 書類の添削から面接対策まで親身なサポート
  • 転職を強要してこないので精神的に楽

一般雇用の転職エージェントを20社以上利用しましたが、求人数だけでなくサポート面も1番良かったと感じています。

特に「不適性検査スカウターというひどいWebテストを受けろ」と言われ選考を辞退したときに

担当者

どんなこと聞かれたんですか?
他の方への求人紹介で参考にさせていただきたいので、詳しくお聞きしたいです!

と前向きにコメントくださったのがかなり印象に残っています。

また、ぼくが転職活動で落とされ続けたときも

担当者

今回の転職で果たしたいのは「働きやすい職場と出会うこと」ですよね?
焦る必要ないですよ!

と言ってもらえたのも、涙ちょちょぎれそうになりました。

「フリーランスになることにしました」と伝えたときにも、優しい言葉をかけてくださったのを覚えています。

一方で、リクルートエージェントでは障害者雇用の求人を取り扱っていません。

一般雇用と障害者雇用で迷っているあなたは、atGPもしくはdodaチャレンジもあわせて登録しましょう。

おすすめ④:第二新卒AGENTneo

4つ目は、第二新卒AGENTneoです。

18~28歳のいわゆる「第二新卒」に限られますが、あてはまる人はぜひ選択肢に入れておきたいところ。

おすすめポイント
  • 未経験可の求人が5000件以上
  • エージェントから企業に推薦文が送られる
  • フリーターや既卒に強い(うつ病でブランクや社会人未経験でも安心)

第二新卒AGENTneoはフリーターや既卒、ブランクのある人でもサポートを受けられることが強み。

この記事を読んでくださっている人の中には、うつ病が原因で

  • 既卒
  • フリーター
  • ニート
  • 短期離職

となってしまい、就職に悩まれる方も多いでしょう。

世間の目は冷たく、中にはサポートを断る転職エージェントもいるんですよね。

しかし、第二新卒AGENTneoはブランクのある人や社会人未経験の人を含めて、15000人以上の就職を成功させた実績があります。

そのため、社会人経験があまりないというあなたでも安心してサポートを受けられるでしょう。

一方で担当者に話をうかがったところ、以下のような注意点があるとわかりました。

サポートを受けるには、主治医から発行される「完治証明書」が必要とのことです。

第二新卒AGENTneoを使って転職活動を進めたい人は、頭の片隅に入れておいてくださいね。

(キャリアアドバイザーとの面談のときにも説明があるはずです!)

余談ですが、第二新卒AGENTneoは東京と大阪だけでなく、名古屋と福岡の人もサポートを受けられるのも強みです。

おすすめ⑤:就職Shop

5つ目は就職Shopで、第二新卒AGENTneoと同じく正社員を目指す20代におすすめしたいサービスです。

おすすめポイント
  • 登録企業数は累計10,000社以上
  • エージェントが職場へ直接訪問
  • 4人に3人が正社員未経験からの転職に成功!

特に、正社員未経験からの就職成功率が高いことが就職Shopの強み!

うつ病を経験してからの転職活動だと、正社員以外の求人ばかり紹介されることが多いです。

しかし就職Shopでは正社員の求人を多数取り扱っているだけでなく、書類選考のない「人柄採用」を取り入れています。

じんと

書類選考の通過率が約3割の転職活動で、これはかなり助かります!

一方で、以下のような注意点も。

  • 首都圏、京阪神のみ対応
  • 時期によっては新卒利用不可

地域が限定されてしまうのは残念ですが、首都圏もしくは京阪神の人はぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

【年齢・地域別】うつ病の人おすすめしたい転職エージェント

【年齢・地域別】うつ病の人おすすめしたい転職エージェント

ここからはうつ病の人におすすめしたい転職エージェントについて、年齢別や地域別でさらに詳しく見ていきましょう。

この章では

  • じんとのイチオシ
  • 20代におすすめ
  • 大都市圏の人におすすめ
  • 地方の人におすすめ

の4つに分けて紹介します。

①:じんとのイチオシ

先ほども軽く触れましたが、年齢や住んでいる場所を問わずに、イチオシしたい転職エージェントは以下です。

この2社がイチ押しの理由は「年齢を問わず、寄り添ったサポートが受けられる」こと。

dodaチャレンジは「紹介されない」人も確かにいますが、面談を受けるだけでも『気づき』を得られるので貴重な経験になるでしょう。
(dodaチャレンジでは「面談結果に関わらず、おみやげを持って帰ってもらう」ことをモットーにしているとのこと)

ぼくも面談を受けましたが、配慮してもらいたいことの深堀りが足りてなかったな……と気づかされました。

また、リクルートエージェントはうつ病経験はもちろん、年齢や地域に問わず質の高いサポートを受けられることから、おすすめしたいサービスですね。

じんと

この2つに登録すれば、まず間違いないと思います!

\障害者雇用で社会復帰/

\一般雇用で社会復帰/

②:20代の人におすすめ

次に20代の人におすすめなのが、第二新卒AGENTneoです。

第二新卒AGENTneoは、名前通り若者の転職支援を得意としていて『企業への推薦文』を書いてくれるのが強み。

うつ病でのブランクで不利になりやすい転職活動でも、あなたの魅力をしっかりと企業に伝えてもらえることで内定がグッと近づきます!

20代の人は、ぜひ検討してみてください( ˘ω˘ )

③:大都市圏の人におすすめ

首都圏や京阪神といった『大都市圏』に住む人も、選択肢が多くて悩みやすいでしょう。

数多くの選択肢の中から、大都市圏の人におすすめしたいのが、以下の2つです。

転職エージェントは「atGP」と「dodaチャレンジ」で悩みましたが、特に大都市圏に強い「atGP」を選びました。

dodaチャレンジは、京阪神より首都圏の求人が多いと取材を通じてわかりました(そもそも本社機能が首都圏に多いことが原因)。

一方で「atGP」は、京阪神でもメーカーや金融を筆頭に事務職の求人が多いです。

京阪神の人はatGPに登録したほうが、求人を紹介してもらいやすいでしょう。

また、就労移行支援も同系列のatGPジョブトレがおすすめですね!

④:地方の人におすすめ

最後に、地方に住んでいる人です。

地方に住んでいる人におすすめしたいサービスは、以下の3パターンに分けられました。

atGPと就職Shopは東京・大阪限定なので、地方の人が登録しても求人を紹介してもらえない可能性が高いです。

しかし、先ほど挙げた3つは別。

  • dodaチャレンジ:全国展開
  • リクルートエージェント:全国展開
  • 第二新卒AGENTneo:名古屋・福岡

地方在住の人は、この中から1社登録もしくは見学してみましょう( ˘ω˘ )

うつ病からの社会復帰で転職エージェントを使うメリット

そもそもうつ病や発達障害の人に転職エージェントがなんでおすすめ?

とはいえ「そもそも、うつ病からの社会復帰で転職エージェントを使うメリットってあるの?」と考えた人もいるでしょう。

「正直メリットばかりですし、社会復帰の成功に欠かせないことだらけ」とぼくは考えています。

具体的には、以下のようなものがあります。

  • エージェントが病状に理解しており、働きやすい働き方について相談ができる
  • 企業側も理解を示して求人を出しているため、再発する可能性が低い
  • 転職後のフォローが充実したサービスもある

というのも、「うつ病は再発率の高い病気」ゆえに企業から採用を避けられやすいもの。

そもそも書類すら通りにくいですし、面接でも「採用するのがリスクだ」と見送られてしまいます。

また、晴れて転職が決まっても

合わない会社でしんどい思いをして再発、そしてまた休職

という無限ループという方が多いのだとか(´・ω・`)

だからこそ、病気や特性を受け入れたうえで働ける場所探しが重要です!

また、転職エージェントは担当者が実際に企業を訪問し、経営状況や雰囲気を確かめて納得したものしか紹介しておりません。

そのため、「ハローワークや求人サイトと比べてブラック企業の求人が少ない」のも特徴です。

うつ病からの社会復帰を成功させるためにも、ぜひ転職エージェントを活用しましょう!

本記事で紹介した転職エージェントは、登録から利用まで完全無料です!

無料で利用できる理由はこちらの記事で詳しく解説しています。
気になった方は、ぜひご覧ください!

まとめ:うつ病からの社会復帰は転職エージェントの利用がおすすめ

まとめ:うつ病からの社会復帰は転職エージェントの利用がおすすめ

この記事では、うつ病から社会復帰する人におすすめの転職エージェントを紹介しました。

改めて、この記事で紹介したサービスを振り返りましょう。

スクロールできます
サービス名イチオシポイント
dodaチャレンジ
(障害者雇用)
全国で対応
当事者に寄り添う支援
atGP
(障害者雇用)
勤務時間などの
業務調整もサポート
リクルート
エージェント

(一般雇用)
全国で対応
質の高いサポート
第二新卒AGENTneo
(一般雇用・第二新卒)
学歴や職歴に
関係なくサポート
就職Shop
( 一般雇用・第二新卒 )
正社員の求人多数
本記事で紹介するサービスを簡単に紹介

ここで紹介した5社は、うつ病で休職や退職した経験があってもサポートを受けることができます。

気になった1社に登録してみて、社会復帰への一歩を踏み出しましょう。

この記事で紹介したサービスへの登録が社会復帰のきっかけになれば、ぼくもすごく嬉しいです!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ではでは、今日も生きててえらい!

関連記事:atGP(アットジーピー)とdodaチャレンジはどっちがいい?うつ病当事者が徹底比較

関連記事:本気でおすすめしたい就労移行支援5選!当事者が選び方とあわせて紹介

うつ病の人に本気でおすすめしたい転職エージェント5選!精神疾患を経験した人が紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次