20代の生き方

【体験談あり!】20代におすすめの転職エージェント5社を徹底比較【20社以上利用】

20代におすすめの転職エージェントを比較した情報を知りたい!

そんな人も多いのではないでしょうか。

この記事の筆者であるじんとは、2020年4月~7月に転職活動をし、20社以上の転職エージェントや転職サイトに登録。

その中でもおすすめできるエージェントと、おすすめできないエージェントで二極化されました。

本記事では、20社以上の転職エージェントから、おすすめ5社をピックアップしたうえで

  • 求人が多かった会社
  • 求人の質が良かった会社
  • 対応が良かった会社

の3つの観点から徹底比較していきます。

筆者の自己紹介

筆者の自己紹介

じんと(@jibunpock

今回比較する20代におすすめの転職エージェント5選

今回比較する20代におすすめの転職エージェント5選

この記事で比較する、20代におすすめの転職エージェントは以下の5社です。

  • リクルートエージェント
  • パーソルキャリア(doda)
  • JAC Recruitment
  • ビズリーチ
  • マイナビジョブ20’s

実際に利用した感想を交えながら、1社ずつ紹介していきますね。

おすすめ①:リクルートエージェント

リクルートエージェント
引用元:リクルートエージェント 公式サイト

20代に最もおすすめしたい転職エージェントはリクルートエージェントです!

私も転職活動初期からかなりお世話になり、1番おすすめしたい転職エージェントです。

そんなリクルートエージェントを使って感じたのは以下の通りです。

リクルートエージェントの使用感

メリット

  • 圧倒的な求人数(ダントツ1位)で、ほぼ毎日求人がある
  • 非公開求人が全求人の90%
  • キャリアカウンセラーだけでなく、営業担当からもバックアップが手厚い
  • 無理に転職を強要してこない
  • 理系出身のエージェントもいる

デメリット

  • ポータルサイトが若干使いにくい
  • 企業側の応募要件と求職者のスキルが明らかにマッチしない求人が来る

特に感じたメリットは、圧倒的な求人数です。

不況の中でも、ほぼ毎日10件の求人が届いていたのは、リクルートエージェントだけでした。

他の転職エージェントが紹介する求人と被ることがほぼなかったので、それだけ非公開求人が多いということでしょう。

また、転職強制でなく「現職に残る」ということも肯定してくださるのも安心ですよね。

転職活動をしたうえで、自分の市場価値を知って「今の会社が1番いい」という結論にたどり着くのも、1つの最適解です。

1番感じたデメリットは「企業側の求めるスキルと求職者側のスキルが明らかにマッチしてないものを紹介されることがある」こと。

例えば、機械系専攻の私に、建築学出身者の方募集の求人が来たり。

とはいえ、応募しなければいいだけですので、あまり気にする必要はありません。

それ以上にダントツの求人数を無料で紹介してもらえた恩恵の方が大きいですので、転職活動を考えている20代には外せないエージェントです。

おすすめ②:パーソルキャリア(doda)

パーソルキャリア(doda)
引用元:パーソルキャリア(doda) 公式サイト

リクルートエージェントとともに20代におすすめしたいのが、パーソルキャリア(doda)です。

実際にdodaを使った感想は、以下の通り。

パーソルキャリア(doda)の使用感

メリット

  • 転職エージェント業界で、リクルートエージェントに次ぐ求人数を誇る
  • 非公開求人の質が高い
  • 企業から「プレミアムオファー」で書類通過!
  • ミスマッチしている企業へのバックアップが丁寧
  • マイページが見やすい

デメリット

  • 同じ会社からのオファーがめんどくさい
  • キャリアシートの文字数が少なめ

dodaで最も魅力的なのが3つ目の「プレミアムオファー」です。

プレミアムオファーは、あらかじめdoda内でのキャリアシートを企業が見たうえで送るものですから、実質書類通過!

実は、転職活動で書類を通過する確率は3割と言われていますので、かなり有利に転職活動を進めることができます。

加えて、プレミアムオファーは送る企業側がお金を支払っているので、企業側の本気度もかなり高いです。

私も実際プレミアムオファーをいただき、いきなり最終面接に進んだオファーもありました。

一方、デメリットは「同じ会社のオファーが毎日来る」こと。

もちろん、プレミアムオファーではありません。

とはいえ、マイページから非表示にすることができますので、あまりに毎日送られてくる企業は非表示にすることで解決できます。

ブラック企業の可能性が高いので、そっとブロック(笑)

リクルートエージェントと同時に、是非登録しておきたい転職エージェントです。

\プレミアムオファー付!/

dodaに
登録する!

おすすめ③:JAC Recruitment

JAC Recruitment
引用元:JAC Recruitment 公式サイト

20代で大企業や外資にお勤めの方はJAC Recruitmentも登録しておきたいところ。

実際にJAC Recruitmentを使った感想は、以下の通り。

JAC Recruitmentの使用感

メリット

  • とにかくサポートが手厚い
  • 1企業ごとに専用の担当がついている
  • 同業種転職の場合、キャリアアップも可能

デメリット

  • 紹介求人が少ないこともある
  • 登録へのハードルが前2社よりは高い

JAC Recruitmentの最大の強みは「1人1人へのサポートが手厚い」こと。

JAC Recruitmentのデメリットである「登録へのハードルが若干高い」ことと繋がりますが、

門戸が狭い分登録者が少ないゆえに、一人一人に対し質の高いサポートをしています。

登録へのハードルが高い理由はJAC Recruitmentが「ハイクラスの求人」に重きをおいているため。

しかし、大企業や外資に勤めている20代には十分チャンスがあります!

ぼくは、元々大企業に勤めていましたが、うつ病で半年以上休職歴がありました。

そんなぼくでもエージェント面談の機会を与えて下さりました。

そしてサポートの丁寧さは、群を抜いていました(どのエージェントでもいえますが担当者によりますw)。

ぼくの場合、緊急事態宣言真っただ中なのもあり1社しか求人はありませんでしたが、

将来を見据えたうえで相談にのってくださり、「人生相談」に近い形でサポートして頂けました!

大企業・外資にお勤めでキャリアアップしたい方はJAC Recruitmentを利用して損はないでしょう。

\手厚いサポートで転職成功!/

JAC
Recruitmentに

登録する

おすすめ④:ビズリーチ

ビズリーチ
引用元:ビズリーチ 公式サイト

正確に言うと「転職エージェント」ではなく「転職エージェントを紹介してもらえるサイト」ですが……

4つ目におすすめしたいのはビズリーチです。

ビズリーチを実際に使ったぼくが感じた、メリット・デメリットは以下の通り。

ビズリーチの使用感

メリット

  • 多数の転職エージェントからオファーがもらえるため、紹介してもらえる求人が増える
  • 企業の役員や社長からオファーが来ることも!
  • 高学歴・大企業出身ほど有利

デメリット

  • そもそも審査に通らなければ使えない
  • 審査に通ってもオファーが来る保証はない

ビズリーチ最大の強みは「企業の役員や社長からオファーが来る」こと。

ぼくもビズリーチを使っていたころいくつかオファーが届き、中には重要ポジションを任せたいというオファーも届きました。

(すべて機械設計でしたが)

そして、転職エージェントも10社以上ビズリーチ経由でオファーをいただき、中には最終面接まで進んだ企業もありました。

一方で、ビズリーチは全員が登録できるわけではありません。

運営による審査が行われ、落ちたという声もたくさん見かけました。

しかし、以下のどれかに当てはまっていれば、ほぼ確実に通ります。

  • 高学歴
  • 大企業出身
  • 会社の売上に直結する実績を残している

1つでも当てはまっていたら、選択肢に入れておきましょう。

\高収入を目指せ!/

ビズリーチに
登録する

おすすめ⑤:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's
引用元:マイナビジョブ20’s 公式サイト

20代後半におすすめしたい転職エージェントの5つ目は、マイナビジョブ20’sです!

2020年度に転職活動したぼくが感じた、メリットとデメリットを紹介します。

マイナビジョブ20’sの使用感

メリット

  • 20代に特化した転職エージェントのため、若手社員に寄り添ったアドバイスを受けられる
  • 20代に親しみやすい、フランクな方が多い印象
  • 面接後のフィードバックが丁寧

デメリット

  • 求人数は大手転職エージェントと比較すると少なめ
  • フランクと無礼を勘違いしている担当も

マイナビジョブ20’sの強みは「20代に特化した転職エージェント」であること。

ぼくが転職活動していた際にネットで書類の書き方例を見て、愕然としていました。

なぜなら、転職エージェントやサイトの例は「管理職向け」が多く、社会人2年目や3年目で到底かける内容ではなかったためです。

そんな時に、マイナビジョブ20’sの担当に自分の実力不足が不安であることを相談したところ、20代ならではの切り口を教えていただけました!

また、ぼくの知人もマイナビジョブ20’sで第二新卒として転職しましたが、20代ならではのサポートをしてもらえたことがよかったとのこと。

しかし中にはタメ口で話してくる、といった担当も。

おそらく本人はフランクさを意識して、だと思いますが……。

そういった担当に当たり不快に感じたときは、担当の交代をお願いすることもできます!

罰金取られるなどはありません(笑)

\20代専門ならではの手厚さ/

マイナビジョブ20’sに
登録する!

20代におすすめの転職エージェントを3項目で比較してみた

20代におすすめの転職エージェントを3項目で比較してみた

先ほど紹介した、20代におすすめの転職エージェント5社を、以下の3項目(+おまけ1項目)で比較しました。

以下の項目ごとにランキングをつけていますので、参考になれば嬉しいです。

比較項目
  • 求人の多さ
  • 求人の質
  • 対応の良さ
  • (おまけ)年収アップ

①:求人の量

まずは「求人の量」です。

転職エージェントが抱えている求人が少なければ、そもそもエントリーすることができません。

土俵に立つためには、ある程度「求人の量が多いか」も大切な指標。

そんな「求人の量」は

  • 求人数
  • 実際の使用感

を元に順位付けしました。

順位名前求人数実際備考
1リクルート
エージェント
10万
以上
多い圧倒的
求人数
2ビズリーチ不明多い
3doda10万やや
多い
4マイナビ
ジョブ20’s
0.2万やや
5JAC
Recruitment
2.5万20代は
不利?
※ビズリーチは「転職エージェント経由」が大半となっています。

求人の量で言えば、やはり圧倒的に「リクルートエージェント」です!

1日10件以上の求人紹介がほぼ毎日だったのは、リクルートエージェントだけでした。

また、ビズリーチは転職エージェントからのスカウト依存なので、人によりけりなところはありますが

20代で高学歴もしくは大企業出身だと、多くなる傾向が強いです。

一方でJAC Recruitmentは20代に限定すると求人は少なめです。

ぼくも2社しか届きませんでした。

商社やコンサルの20代だと状況は変わってくるかもしれませんが、メーカーの20代だと不利になるのかもしれません。

②:求人の質の良さ

次に「求人の質」です。

求人の量も大事ですが、求人の質も同じくらい重要。

自分の希望職種や条件に合っていない場合、どんな優秀な人でも落とされますからね。

そんな「求人の質」は

  • 志望業種、職種と合っているか(仕事内容)
  • スキルや条件とマッチした求人か

を元に順位付けしました。

※各項目は◎、〇、△の3段階で評価しています。

順位名前内容条件備考
1JAC
Recruitment
1人
1担当
2ビズリーチ企業
による
3マイナビ
ジョブ20’s
4doda
5リクルート
エージェント

求人の質は、JAC Recruitmentが1番でした!

JAC Recruitmentからは2社しか紹介してもらえませんでしたが、

どちらも志望業種や条件面にマッチした求人であり、求人の質を重視したサービスだと感じました。

一方でリクルートエージェントやdodaといった最大手は「数うちゃ当たる戦法」の印象が強かったです。

希望条件に当てはまっていなければ断ればいい、と言われたらそれまでですが

「手間だな」と感じる場面も正直ありました。

ただし、doda「プレミアムオファー」は例外。

企業の人事があなたの書類を見て、企業からdodaに「この人と会ってみたい!」と提案してから届くので、

あなたが希望する条件に、マッチしている可能性が極めて高いです。

③:対応の良さ

最後に「対応の良さ」です。

言うまでもなく、転職は人生の一大イベント。

だからこそ、信頼できるエージェントから転職支援を受けたいですよね。

そんな「対応の良さ」は

  • キャリア面談での対応の良さ
  • 求人紹介後のアフターフォロー

を元に順位付けしました。

※各項目は◎、〇、△の3段階で評価しています。

順位会社対応アフター
フォロー
1JAC
Recruitment
1リクルート
エージェント
3doda
4ビズリーチ
5マイナビ
ジョブ20’s

対応は、JAC Recruitmentリクルートエージェントがずば抜けてよかったです。

どちらも親身になって対応してもらえて、初めての転職で不安だったにもかかわらず、安心して進めることができました。

転職で行き詰った時に、一緒に戦略を立て直す時間を作っていただけたのは感謝でしかありません。

担当の当たり外れはありますが、この2社に関してはあたりの可能性が高いでしょう。

一方で、マイナビジョブ20’sはフランクさの意味を勘違いしているエージェントもいました。

人によっては合うのかもしれませんが、少なくとも自分には合わなかったですね。

(お客さんにため口はどうかと思うけども。。。)

おまけ:年収アップを狙う人へ

この記事ではあえて触れませんでしたが、年収アップを狙う人は、以下の順番で登録をおすすめします。

特に上2つは「ハイクラス向けの求人」が多数用意されています。

年収アップを狙う20代は、ぜひ登録してくださいね!

20代に転職エージェントをおすすめしたい理由

比較したような転職エージェントが20代におすすめの理由

そもそもなぜ、この記事で比較したような転職エージェントが20代におすすめなのでしょうか?

転職エージェントの仕組みと合わせて紹介します。

転職エージェントがおすすめの理由

転職エージェントが20代におすすめの理由は、以下の通りです。

  • 職務経歴書、履歴書を無料で添削してもらえる
  • 面接対策をしてもらえる(無料)
  • 転職サイトにはない求人(非公開求人)も紹介してもらえる(これも無料)
  • 【大前提】そもそも就職と転職は別物

つまり、「転職初心者にとって、転職エージェントは先生」といえます。

特に20代は「初めての転職」という人が多いはず。

就活と違い、「実務でどんなことをしたか」「仕事でどんな成果を出したか」といったようなことを聞かれます。

一方で20代は、目の前の仕事を覚えることに必死。

周囲から見て「すごい!」と思われる実績を出していても、「もっと上がいるいはず……」と尻込みしてしまいがち。

そんなあなたの魅力を最大限に引き出すのが、『転職エージェント』です。

ぼく自身も転職エージェントを利用し、

書類の添削や面接対策で自分では気づかなかった点をアドバイスいただいた結果書類通過率が上がりました!

転職エージェントはなぜ無料?

ところで、20代におすすめの転職エージェントを紹介したとき、「無料」という文字が多いと感じたのではないでしょうか。

「無料ほど怪しいものはない」と感じるかもしれませんが、

転職エージェントも生活がかかっているため、どこかからお金をもらっています。

お金をもらっているどこか、というと「企業」です。

転職エージェント会社は求人を出している企業から「紹介料」としてお金をもらっています。

そして、その紹介料でメシを食べています。

また、求人を出している企業も「よりいい人材が欲しい」と考えているため、エージェントもよりよい人材を紹介したいと考えています。

しかし、どれだけいい人材だとエージェントが感じても、魅力を前面に出せていなければ、企業が納得しません。

ゲームに例えるならば「強い武器を持っているが使い方をわからずに戦いに行く」ようなものです。

そのため、求職者からはお金を取らないで済んでいるんですね。

そして、20代は主任や管理職になっていない方も多く、キャリアに自信がないこともあって、自己PRが控えめになりがち。

そんなあなたの魅力を最大限に引き出して転職の成功率を上げるのが「転職エージェント」。

経験がない20代だからこそ、この記事でおすすめした転職エージェントを有効活用してほしいです( ˘ω˘ )

まとめ:20代におすすめの転職エージェントを比較して後悔ない選択を

まとめ:20代におすすめの転職エージェントを比較して後悔ない選択を

本記事では、20代におすすめの転職エージェントを比較しながら紹介しました。

20代で初めての転職活動をする人にとって、職務経歴書や履歴書の書き方、面接対策など、分からないことが多いですよね。

だからこそ、転職の先生である「転職エージェント」からサポートを受けることが重要です。

ぼくの知人で転職エージェントを使わずに転職し、失敗して体調を崩した人や、数カ月で解雇になって再度転職している人がいます。

この記事を読んでくださったあなたには、

ぼくの知人のようにはならず、転職先で笑顔で活躍してほしい

と願って、実体験を交えながら記事を書かせていただきました。

なので、あえていいことも悪いことも出すようにしています。

そのうえで、1番おすすめを選ぶとしたら、リクルートエージェントです。

求人数の多さはダントツですし、エージェントの質もよかったですからね!

ぼくの使用感が、あなたの新しい道の第一歩の助けなれば、とてもうれしいです(`・ω・´)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

皆さま今日も、生きててえらい!

20代におすすめの転職エージェント比較まとめ

※各項目は◎、〇、△の3段階評価です

おすすめ順エージェント名求人の量求人の質対応の良さ年収アップ
(計算外)
おすすめの人
1リクルート
エージェント
すべて
2JAC
Recruitment
大企業
外資
3ビズリーチ高学歴
大企業
4doda求人が
ほしい
5マイナビ
ジョブ20’s
20代
前半

▼うつ病や発達障害に悩む人は、こちらも『合わせて登録』がおすすめ!

関連記事:うつ病や発達障害におすすめの転職エージェントや就労支援は?当事者が徹底解説

▼上司から退職を止められている人は、こちらも検討ください!

関連記事:退職代行を使うのは卑怯なのか?我慢するリスクの方が大きいという話