うつからの社会復帰

リクルートエージェントはうつ病で休職してても登録できる?経験談を交えて解説

リクルートエージェントへの登録を、うつ病からの社会復帰で考えている人も多いですよね。

一方で、こんな悩みや不安を持っている人もいるのではないでしょうか?

  • そもそも、うつ病で休職歴がある人は登録できるの?
  • うつ病での休職経験があっても、求人紹介してもらえるの?
  • うつ病で休職していたことを、アドバイザーに伝えるべき

結論から言うと、登録や面談が可能なことはもちろん、求人も紹介してもらえます!

実際、うつ病で休職していた筆者が登録しても、不況にもかかわらず100社以上紹介してもらえました!

そして、リクルートエージェントに限らず、転職エージェントにはうつ病での休職歴を明かしたほうがいいです。

なぜなら、うつ病が再発しないように理解し配慮しながら、無理なく転職をサポートしてもらえるから。

本記事では、リクルートエージェントはうつ病でも登録できるのか?求人があるのか?について、経験談を交えて解説します。

うつ病からの社会復帰を目指しているあなたに向けて、書いた記事です。

筆者の自己紹介

自己紹介

じんと(@jibunpock

リクルートエージェントはうつ病で休職している人でも求人ある?

冒頭でも紹介したように、リクルートエージェントはうつ病で休職している人でも登録やキャリアカウンセリング、求人の紹介を受けることができます。

なぜなら、リクルートエージェントは国内最大級の豊富な求人数を抱えているからで、その数はなんと10万件以上!

求人数が少ないとどうしても、紹介できる求人がないと判断され「お断り」されがちですが、リクルートエージェントはそんな心配いりません。

(別会社ですが、アドバイザーから「あなたは派遣がかろうじて行けるくらいです」と言われたこともあります)

実際、ぼくもうつ病で休職しているときにリクルートエージェントを利用していましたが、

求人の紹介はもちろん、書類も通過し面接対策までしてもらえました。

すなわち、うつ病以外の人と同じく専門性や実績、スキルさえあれば求人を送ってもらえます。

ですので、うつ病だからといって登録をためらう必要はありませんよ!

余談ですが、【doda】や【第二新卒AGENTneo】といった他の転職エージェントからも、求人を紹介してもらえました。

複数登録しても怒られませんので、安心してくださいね(大多数の人が複数のエージェントに登録しています)。

リクルートエージェントにうつ病の人が登録するときのポイント

リクルートエージェントにうつ病の人が登録するときのポイント

また、リクルートエージェントにうつ病を患う人が登録するときのポイントは3つあります。

  • うつ病のことを話す
  • 職務経歴書は「体調不良」で
  • 登録はある程度うつ病が治ってから

1つずつ解説していきますね。

ポイント①:うつ病のことを話す

リクルートエージェントに限った話ではありませんが……。

転職エージェントには「うつ病を患って休職している」ことを正直に話しましょう。

なぜなら、面談の時にもらえるアドバイスや、紹介する求人の方針が変わってくるから。

例えば、

  • Aさんは、給料アップのために転職する
  • Bさんは、家庭の都合で引っ越すため転職する
  • Cさんは、働きやすい環境を求めて転職する

といったように、利用者の転職理由は様々。

特に、うつ病がきっかけ転職活動を決意した人は、Cさんのように「働きやすさ」に重きを置いて企業を探すでしょう。

うつ病を患った人が転職するうえで1番怖いのが「転職先と合わず、症状が再発すること」ですからね。

数週間や数か月で休職や退職をした場合、転職エージェントに企業からクレームが来ることに加え、自分自身が1番つらい思いをしてしまいます。

転職エージェントに話す転職理由は、嘘をついても損でしかないので、正直に話しましょう。

ポイント②:職務経歴書は「体調不良」で

一方で、職務経歴書は「うつ病」ではなく「体調不良」と書くことをおすすめします。

実は、私は転職エージェントから書き方を教わり、うつ病から体調不良に書き直しました。

職務経歴書に「体調不良」と書くことをおすすめする理由は以下です。

職務経歴書に「体調不良」と書くべき理由
  • 「うつ病」というだけで書類選考で落とす企業は、悲しいかな多い
  • 病気歴がないことにすると、入社後に経歴詐称で解雇される可能性がある

職務経歴書や履歴書の段階で、悲しいことに「うつ病」という文字を見ただけで落とす企業はいまだに多いです(悲しい話ですが……)。

「すぐに辞めてしまう」「周囲とコミュニケーションが取れない」などといった考えが、まだまだ残っていますからね。

しかし、病気歴や休職歴がないことにすると、入社後にバレた場合は「経歴詐称」になります。

経歴詐称は犯罪ですので「懲戒解雇」となることが多く、再就職がますます厳しくなります。

そのため「体調不良」と書くことがおすすめ!

書く場所や細かい書き方は人によって違いますので、担当者と相談しながら作成しましょう。

通院など業務調整が必要な時の書き方も、事前に相談しておきましょうね。

ポイント③:登録は、ある程度うつ病が治ってから

そもそもですが、転職エージェントへの登録はうつ病がある程度治ってからをおすすめします。

体調がある程度よくなってからの登録を、おすすめする理由は以下の3つ。

  • 転職活動は精神的にしんどいもの
  • 転職活動は開始後3カ月が勝負
  • 顔色が悪いため、面接官に悪い印象を持たれる

転職活動は、休職中であっても想像以上にストレスが溜まります。

就職活動と違い、何社も採用されて1つ選ぶということはめったにありませんし、就職活動以上に「落とされるのが当たり前」

このことを知らずに、選考が進んでいる企業がなくなれば、本当に凹んでました(笑)

また、うつ病がある程度回復しなければ、顔色が悪いまま面接に行くことになりますので、面接官に「こいつ大丈夫か?」と思われてしまうでしょう。

そして、転職エージェント業界の暗黙の了解として

「3か月以上かかっている人は、本気度が低い人として優先度が下げられる」

と言われています。

転職活動中にうつ病が悪化し、長期化するのは本当にもったいないです。

このことから、体調がある程度安定してからリクルートエージェントに登録することがおすすめ!

もちろん、無理だけはしないようにしましょう。

「週に4日、会社の定時間分何かに打ち込める」ようになったくらいが、ちょうどいいですね。

リクルートエージェントにうつ病あがりで登録した筆者の体験談

筆者の体験談

そしてぼくは、うつ病あがりにリクルートエージェントに登録していましたが、担当者が当たりだったのもあり親身にサポートいただけました。

最後にぼくの体験談を、紹介しますね。

前提条件として、その時の状況をまとめます。

その時の状況
  • 国公立大の機械系院卒27歳、社会人4年目
  • 転職活動時期:2020年4月~2020年7月末
  • 転職前は大手自動車部品メーカーで設計と新卒採用
  • 2019年11月~ うつ病で休職
  • 志望業界は人事、人材、コンサル(序盤は設計も)

某ウイルスの不況で求人が少ない中、未経験職種への転職です(笑)

リクルートエージェントとの面談は時期が時期なのもあり、電話での面談となりました。

(2021年7月現在も、電話面談が主流です)

その際にうつ病のことも話したうえで、

「年収下がるのはやむを得ないので、働きやすいところに転職したい」

という希望を伝えたところ、翌日には10件以上の求人を紹介してもらえました。

一時期は緊急事態宣言の影響で求人が0の日もありましたが、

転職活動中、ほぼ毎日10件前後の求人があったのはリクルートエージェントだけ。

しかし、転職エージェントの中には、

転職さえさせれば、後のことはどうでもいい!

という対応をする人もゼロではありません。

実際ぼくも、別の転職エージェント会社でそのような人に当たりました。

しかし、リクルートエージェントの担当者は、親身になってくださり、安心してカウンセリングを受けることができました。

特に印象的なのが、ぼくがなかなか転職先が見つからず、

「当時の職場から逃げるためにも、休職を隠して適当なところで再就職したい」と思ってしまった時期がありました。

たしか、最終面接で落とされたときです。

かなりネガティブな気持ちになってしまってましたが、リクルートエージェントの担当者から

じんとさんが次の職場で目指していることは、働きやすくて再発しないことですよね?

休職を隠してまで焦る必要はないですよ!

と言ってくださったのを今でも覚えています。

手厚いサポートに泣きました。

最終的には、フリーランスになったんですけどね。

リクルートエージェントはうつ病の人でも求人を紹介してくれる!

リクルートエージェント うつ病 求人 経験談

本記事では、リクルートエージェントにうつ病の経験がある人が登録できるのかどうかについて解説しました。

業界No.1の求人数を誇るリクルートエージェントでは、うつ病などの病気を患った人でも求人を無料で提案してくれます。

ただし、再発してつらい思いをしないように、アドバイザーにはうつ病で休職していることを正直に伝えましょう!

「うつ病からの社会復帰」という、人生の分岐点。

リクルートエージェントのアドバイザーのサポートを受けながら、活躍できる職場を見つけませんか?

\うつ病でも求人多数!/

リクルート
エージェントに
登録する!
 

本記事が、リクルートエージェントに登録しようか迷っているうつ病患者さんの参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ではでは、今日も皆さま生きててえらい!

▼うつ病からの社会復帰を成功させたい人は、こちらも検討ください!

関連記事:うつ病や発達障害におすすめの転職エージェントや就労支援は?当事者が徹底解説