就活

理系の大学院生へおすすめの就職エージェントを、理系院卒が紹介

理系の大学院生におすすめの就職エージェントはどこなのか、気になる人もいるのではないでしょうか。

就職エージェントは名前の通り、就活に必要な書類添削や面接などのサポートを行うサービスです。

私も就活のとき、就職エージェントにサポート頂けてとても助かりました!

また、昨今では理系に特化した就職エージェントも誕生しました。

本記事では、定番の就職エージェントから理系に特化した就職エージェントまで紹介します。

理系学部卒や文系の人にも、定番の就職エージェントは使えます!

  • 理系の学生は、専用の対策が求められる
  • 就職エージェントにも2種類ある
  • 特化型就職エージェントは、特におすすめ!

筆者の自己紹介

理系 大学院生 おすすめ 就職エージェント アカリク就職エージェント

じんと(@jibunpock

理系の大学院生に就職エージェントをおすすめする理由

理系大学院生に就職エージェントがおすすめな理由は、以下の2つです。

  • 学生は理系、人事は文系
  • 求人倍率が高い

理由①:学生は理系、人事は文系

大学院生でしたら研究室の先輩にお願いして、書類の添削や模擬面接もできるでしょう。

しかし、意外な落とし穴があります。

それは……「専門用語の使い過ぎ」です。

人事は文系であることがほとんど。

人事に研究内容や大学や大学院で学んだことを伝えるときに専門用語を使うと

「言ってることがわからない」と悪い印象を与えてしまいます。

せっかく熱意を持って伝えても、内容が理解されず損するのは嫌ですよね。

そして、理系の大学院卒が専門用語の使い過ぎを防ぐためには「客観的な目線」が必要です。

理系の大学院生が日常的に使っている言葉も、実は専門用語だったりします。

実際、私も就職エージェントから「人事の人、フェノールがわからないと思う」と指摘されたときは目から鱗でした。

理由②:某ウイルスの不況で就活がハードモード

昨今の某ウイルスによる不況で買い手市場から売り手市場に一気に変わりました。

理系の大学院生はメーカーを目指される方が多いでしょうが、メーカーは全業界の中でも不況によるダメージが大きいです。

理由は「海外向けの輸出量が減っているため」。

現に私が過去に勤めていたメーカーでは役員を3分の2に減らし、別の某メーカーでは早期退職者を500人募集するなどの不況ぶりです。

よって、今後ますます就職活動の難易度は上がるでしょう。

ハードモード化した就職活動を勝ち抜くためには「勝ち抜く手段を教わる」ことが大切。

モンスターハンターで例えるなら「勝負前に武器のレベルを上げてから、勝負に挑む」といったところでしょうか。

そして、「就職エージェント」があなたの武器のレベルを上げてくれます!

理系の大学院生におすすめの就職エージェント

理系の大学院生におすすめの就職エージェントには「総合型エージェント」「特化型エージェント」があります。

  • 総合型…文系・理系問わず幅広く対応
  • 特化型…理系の就職専門

それでは、理系院卒の私がおすすめする就職エージェントを紹介します。

総合型の就職エージェント(文系も対応)

まずは総合型の就職エージェントです。

総合型就職エージェント①:dodaキャンパス

理系 大学院生 おすすめ 就職エージェント アカリク就職エージェント

総合型就職エージェントの1つ目は「dodaキャンパス」です。

dodaキャンパスを私がおすすめする理由は下記です。

dodaキャンパスのおすすめポイント
  • 進研ゼミでおなじみの「ベネッセ」が運営
  • 無料でエントリーシートの添削が受けられる
  • 企業側からあなたにオファーが来る

1番のおすすめポイントは「企業からオファーが来ること」です。

求人倍率が高い昨今、企業との接点がなかなか持てない就活生にとっては心強い味方ではないでしょうか。

また、企業からのオファーの到着率は、全登録者のうちなんと98%!

あなたの知らない企業と出会える可能性もあり、就活生であれば登録だけでもしておきたい就職エージェントです。

\dodaキャンパスの/

登録はコチラ

総合型就職エージェント②:Offer Box

理系 大学院生 おすすめ 就職エージェント アカリク就職エージェント

総合型就職エージェントの2つ目はOfferBoxです。

OfferBoxのおすすめポイントは以下です。

OfferBoxのおすすめポイント
  • 7000社以上が利用しており、大手企業・ベンチャー企業・官公庁など幅広い
  • 企業側からオファーを送る学生数に制限がある
  • 文章だけではなく動画やスライドを用いて企業にアピールできる

Offerboxの最大の特徴は、「オファーの幅広さ」ではないでしょうか。

実は理系の大学院卒でも、専攻内容と全く違う分野での就職ができます。

(むしろ理系院卒の場合、異業種転職の方が難しいです)

幅広い業界からオファーが届くことで、あなたが今まで検討もしていなかった業界に興味を持つきっかけとなります。

昨今の情勢を考慮すると転職は厳しいので、登録して幅広い業種や職種を見ておきましょう。

会員登録は無料です!

\OfferBoxの/

登録はコチラ

特化型の就職エージェント

そして、理系の大学院生は理系に特化した就職エージェントへの登録もおすすめです。

理系院卒のぼくが選んだ、おすすめ就職エージェントを紹介します。

特化型就職エージェント①:アカリク就職エージェント

理系 大学院生 おすすめ 就職エージェント アカリク就職エージェント

特化型エージェントのおすすめ1つ目はアカリク就職エージェントです。

アカリク就職エージェントをおすすめするポイントは以下です。

アカリク就職エージェントのおすすめポイント
  • 大学院生に特化した就職エージェント
  • 学生一人一人に個別の就職エージェントが就く
  • 応募手続きや面接日程調整をエージェントが代行

中でもおすすめポイントは「学生一人一人に個別の就職エージェントが就くこと」です。

大学院生に特化した就職エージェントですので、母数が少ないことから丁寧に対応して頂けます。

また、書類選考の通過率は驚異の8割。

昨今の不況における就活でも、有利になること間違いなしです。

登録から相談まで、もちろん無料です!

\アカリク就職エージェントの/

登録はコチラ

特化型就職エージェント②:UZUZ

理系 大学院生 おすすめ 就職エージェント アカリク就職エージェント

就職エージェントで、最後におすすめしたいのはUZUZです。

UZUZのおすすめポイントは以下の通り。

UZUZのおすすめポイント
  • 理系に特化した就職エージェントで、特にITエンジニアへの就職サポートが得意
  • 専任の講師がサポート
  • 離職率などの厳しい条件から、ブラック企業を排除

中でも「ブラック企業を排除」していることが強みではないでしょうか。

就職した企業がブラック企業で、体調を崩したり、早期に転職したりしたくないですよね。

UZUZでは、離職率をはじめ、労働時間や社会保険の有無、雇用形態など紹介する企業に対し厳しい条件を設けています。

そのため、就職後の定着率も93%と高い数字を誇ります。

先ほどのアカリク就職エージェントと同様、理系の大学院生には間違いなくおススメしたいエージェントです。

\UZUZの/

登録はコチラ

理系の大学院生こそおすすめの就職エージェントを使おう

本記事では、理系の大学院生におすすめしたい就職エージェントを紹介しました。

理系の大学院生の就職活動で陥りがちなのが、専門用語の使い過ぎと業種や職種の見る範囲が狭くなること。

転職活動は何度か可能ですが、就職活動は人生で1度きりです。

また、新卒カードも1度きりです。

だからこそ、幅広い業種や職種を見て、後悔のない選択をすることが大切。

後悔ない選択を支えてくれる就職エージェントを活用し、

あなたが働きやすい就職先と巡り合えることをぼくは心から願っています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ではでは、今日も皆さま生きててえらい!

本記事で紹介した、就職エージェントまとめ

ジャンルエージェント名特徴おすすめの人
総合型dodaキャンパス企業からのオファーESに自信がない人
総合型OfferBox幅広い業種の求人文系就職も考えている人
特化型【アカリク就職エージェント】大学院生に特化忙しい大学院生
特化型UZUZITエンジニアに強い情報系の学生

▼理系院卒で元リクルーターが相談のります!

悩みがある人 相談 オンライン BASE ココナラ
悩みがある人へ。オンライン相談、文面でのやり取りも承ります!悩みがある人へ!うつ病から社会復帰したフリーランスWebライター「じんと」が、オンラインで相談にのります!そして『文面での相談』も2021年5月に追加!...
ABOUT ME
じんと(迅斗)
〔悩みを前向きにする「きっかけ」づくり〕l大手企業3年目でうつ病を患い転職活動で250社落ちるも、Webライターとブログのフリーランスで復活lWebライターだけで月商10万円を突破し、ブログは「じぶんぽっく」含め5つ運営と多岐に渡って活動中l愛称は「うつのちライター」lうつ抜け配達パートナーとして、ウーバーイーツ配達員もやってます。
コチラの記事も人気です!