就活

キャリアチケットの評判は?サービスの特徴やおすすめの人と合わせて紹介

【徹底解剖】キャリアチケットの評判は?ひどい・連絡こないという噂は本当?

キャリアチケットの評判はどう?

こんな疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

就活を成功させるためにサポートしてもらうわけですから、良い求人と出会ったり親身なサポートを受けたいもの。

ネガティブな評判ばかりを目にすると、面食らってしまいますよね。

この記事を通じて、キャリアチケットの評判が本当なのか見ていきましょう。

サービスの特徴やおすすめの人も合わせて紹介していますので、気になった方はぜひ最後までお付き合いください。

筆者の自己紹介

自己紹介

じんと(@Jinto_Jibunpock

キャリアチケットの評判は?本当にひどい?

キャリアチケットの評判は?本当にひどい?

早速ですが、キャリアチケットの評判は本当にひどいのか見ていきましょう。

ひどい評判

ひどい評判には以下のようなものがありました。

自分の担当が外れだっただけかもしれませんが、面接はドタキャン、10分以上の遅刻、esの添削しますといったのに全くしてくれないとにかく最悪な対応でした。

引用元:Googleレビュー レバレジーズ本社

もともと希望業界や職種が決まっていましたが全く興味のない業界や職種ばかりの求人を知らされます。

引用元:Googleレビュー レバレジーズ本社

キャリアチケットを使いましたが施工管理、飲食、小売のようなブラック企業しか紹介してもらえなかったのでオススメしません。

引用元:Googleレビュー レバレジーズ本社

こちらから企業選びの軸であったり、希望する業界や職種、労働環境を伝えても全く聞く耳を持たず適当なものを提示されるだけでもう面談をガチャ切りするか迷うレベルだった。

引用元:Googleレビュー キャリアチケット

このように、不満の声を多くは以下2つのどちらかがほとんどでした。

  • 担当者の対応の悪さ
  • 紹介される企業が希望と全然違う

面談をドタキャンされたり、希望する業界・職種でない求人ばかり紹介されたりすると「ひどい対応だ」と腹が立ちますよね。

また、SNS上においては「キャリアチケットから連絡こない」といった内容の投稿が複数見られました。

良い評判

しかしながら、キャリアチケットには良い評判もたくさんあります!

具体的に見ていきましょう。

キャリアアドバイザーの方が親身になって企業の紹介、対策や相談に乗ってくれたお陰で無事に就活を終えることが出来ました。

引用元:Googleレビュー レバレジーズ本社

個人担当のエージェントの方は親身になって対応してくれました。また、企業ごとの面接対策でも、十分丁寧に対応していただけました。

引用元:Googleレビュー レバレジーズ本社

担当の方がしっかり話を聞いて下さったおかげで自己分析もでき、自分らしく面接に挑む事ができました。また、面接の後にはフィードバックがあり自分の良かった所・改善した方がいい所を明確に伝えて頂けたこともすごく心強かったです!

引用元:Googleレビュー キャリアチケット

就職先が決まった後も、アドバイス等をしてくれて、遅い時間でも対応してくれました。就職の不安も社会に出る不安も拭うことができてよかったです。

引用元:Googleレビュー キャリアチケット

同様のサービスを行っている企業さんと7社ほど面談しましたが、最も親身になって話を聞いていただきました。

引用元:Googleレビュー キャリアチケット

就活で自分のやりたいことがよくわからなかったが、プロの目線で自分を見てくれたのでどんなことが自分に向いているのかのアドバイスをくれた。

そしてその適正に合ったような企業を紹介してくれるのでとても為になった。

引用元:Googleレビュー キャリアチケット

自己分析に不安な部分があり、アドバイザーさんに相談しました。とても親しみやすく、話しやすい雰囲気を作っていただけたので、安心して気にかかっている部分を話せました。

引用元:Googleレビュー キャリアチケット

すでにお気づきの方もいると思います。

良い口コミも「担当者の対応」によるものがほとんど

キャリアアドバイスはもちろん、面接対策・フィードバック、内定後のフォローまで丁寧に対応いただけたとのこと。

ここまで評価が割れているのは「担当者の質の差が激しい」のが原因でしょう。

ハズレ担当者に当たった場合など「担当者に関する悩みを解決する方法」は後ほど詳しく解説しますね。

キャリアチケットの評判からわかる特徴

キャリアチケットの評判からわかる特徴

キャリアチケットの評判からわかった特徴は以下の3つです。

  • 担当者の質の差が激しい
  • 担当者が当たりならサポートが丁寧
  • 希望にそぐわない求人を紹介されることもある

1つずつ見ていきましょう。

特徴①:担当者の質の差が激しい

先ほど紹介したように「担当者の質の差が激しい」のが1番の特徴。

「じゃあやめとこ」と思うかもしれませんが、担当者の質に差があるのはキャリアチケットに限った話ではありません。

コンビニの店員でも丁寧な人と雑な人がいるように、就活エージェントも「人と人の関わり」。

人によって差があるのはもちろん、相性の良し悪しもあります。

もし「担当者と合わない」と感じたら「担当者を変えてほしい」と伝えましょう。

担当を変えてもらうことは悪いことではないですし、罰金や不利な扱いを受けることはないので安心してくださいね。

就活ではなく転職エージェントですが、ぼくも実際に担当を変えてもらった経験があります。

変えてもらう前のエージェント担当はタメ口で話すなどひどかったですが、変更した後は良い担当者に代わり丁寧なサポートを受けることができました。

合わないと思ったら交代をお願いする。

キャリアチケットに限らず、就活エージェントを有効に活用したい人は頭に入れておきましょう。

特徴②:担当者が当たりならサポートが丁寧

2つ目は「担当者が当たりならサポートが丁寧」なことです。

キャリアチケットに満足している人の多くは「当たりのコンサルタントによる丁寧なサポート」を受けれているのが理由。

  • 本当にこの業界や職種で良いのか
  • エントリーシートはこれで問題ないのか
  • 面接でテンパって失敗しないか

などなど、数えきれないほど不安が就活生を襲います。

しかし、就活のプロである就活エージェントからアドバイスを受けることで、これらの不安を解決。

特に、キャリアチケットでは面接後にはフィードバックがもらえるので、不採用だったとしても失敗を次に活かすことができます。
(ただしエージェントからの紹介企業に限る)

キャリアチケットの当たり担当者からサポートを受ければ、就活成功する可能性は上がりますよ!

特徴③:希望にそぐわない求人を紹介されることもある

3つ目は「希望にそぐわない求人を紹介されることがある」ことです。

特に、キャリアチケットへ遅い時期に登録した人からこのような声が多く見られました。

しかしながら、希望にそぐわない求人を紹介されるのには理由があります。

  • そもそも大手優良企業は就活エージェントを利用しない
  • すでに内定者が決まっており、募集が終了している企業もある
  • 運営が取材を行っている企業のみ紹介するため、取り扱い求人が少ない

というのも、就活エージェントは「学生〇人を採用したい」という条件を企業から掲示され、予定人数を達成したら報酬がもらえるビジネスモデルだからです。

就活エージェントの仕組み
就活エージェントの仕組み

また、就活エージェントをインターン時期から登録している学生も多く、早めに内定をもらっている人もたくさんいます。

そのため、遅めに登録した人は「希望している業界や職種の求人がない」という事態におちいります。

もし、希望する業界や職種と全く違う求人が届いた場合は、他のエージェントを活用しましょう。

おすすめは「23卒におすすめの就活エージェントは?いつから登録すべき?採用業務経験者が解説」の記事で詳しく紹介していますので、よかったら読んでみてくださいね。

キャリアチケットの評判からわかるおすすめの人

キャリアチケットの評判からわかるおすすめの人

ここまでキャリアチケットの評判を見てきてわかった、おすすめの人とそうでない人を紹介します。

おすすめの人

キャリアチケットは、以下のような人におすすめです。

  • 就活に不安を感じている人
  • 丁寧なサポートを受けたい人
  • 面接のフィードバックがほしい人
  • 担当者を変えてもらうことに抵抗がない人
  • 首都圏・大阪・名古屋・福岡の人

キャリアチケットは担当者の質の差が大きいですが、当たり担当者だと親身になって相談にのってくれます。

特に、面接でフィードバックをもらえる機会はなかなかないので、「紹介された企業を本命企業の前に受ける」といった使い方も有効でしょう。

また、キャリアチケットの拠点は

  • 東京(渋谷・池袋)
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡

の5カ所です。

JobSpringは東京のみ、キャリセン就活エージェントは東京と大阪限定なことから、名古屋・福岡で就活を進めたい人にはキャリアチケットがおすすめですね!

そうでない人

一方で、キャリアチケットは以下の人におすすめできません。

  • 担当者を変えてもらうことをためらう人
  • 先ほど挙げた拠点に行くのが難しい人

特に「担当者を変えてもらうことをためらう人」にはおすすめできません。

ハズレ担当者の言いなりになって就活を進め、将来後悔してしまうことだけは避けたいですからね。

また、キャリアチケットではオンラインでの面談にも対応していますが、「遠方の場合十分なアドバイスを受けることが難しい」と公式サイトで発表しています。

ただし、アドバイザーはそのエリアでの就活や企業状況に精通しておりますので、希望勤務地から遠い支店で予約されますと、希望勤務地での就活について十分なアドバイスができない可能性があります。

引用元:キャリアチケット 公式サイト

このことから、先ほど挙げた拠点に行くのが難しい人は別のサービスを利用しましょう。

キャリアチケットの評判を見て登録するまでの流れ

キャリアチケットの評判を見て登録するまでの流れ

最後に、キャリアチケットへの評判を見たあなたが登録するまでの流れを紹介します。

スマホとパソコンで登録画面が異なりますので、それぞれ見ていきましょう。

スマホの場合

スマホの場合は、ぱっと見では位置がわかりません。

画像付きで紹介しますので、この記事を見ながら進めましょう。

①:公式サイトへアクセス

まず、キャリアチケットの公式サイトにアクセスしましょう。

②:画像右上の3本線をタップ

「scroll」と出てきますが、下へスクロールせずに右上をタップしましょう。

③:左下の「無料で登録」をタップ

青ではなく、黄色のボタンを押しましょう。

④:必要事項を記入

会員登録ボタンを押すと、以下のようなチャット画面に切り替わります。

卒業年度や在籍大学などの必要事項をタップ・入力しましょう。

⑤完了!

最後まで進めば登録完了です。

完了後に「0120-979-185」から電話がかかってきます。

面談日時調整の電話ですので、極力出るようにしましょう。

パソコンの場合

パソコンの場合はスマホよりシンプルです。

①:公式サイトへアクセス

スマホ同様、キャリアチケットの公式サイトにアクセスしましょう。

②:ボタンをクリック

画像下部の「就活サポートを受ける」と書かれたボタンをクリックしましょう。

③:フォームの入力

ボタンをクリックするとカウンセリングフォームに飛びます。

必要事項を入力しましょう。

④:完了!

フォームを入力したら登録完了です。

スマホと同じく、登録した番号に「0120-979-185」から電話がかかってきます。

面談日時調整の電話ですので、極力出るようにしましょう。

まとめ:キャリアチケットの評判は担当者次第

この記事では、キャリアチケットがひどいという評判を徹底解剖しました。

この記事のまとめ

キャリアチケットの評判と特徴

  • 担当者の質の差が激しい
  • 当たり担当者だと丁寧なサポートを受けられる
  • 登録時期が遅めの場合、希望業界の求人がないことも

キャリアチケットがおすすめの人

  • 就活に不安を感じている人
  • 丁寧なサポートを受けたい人
  • 面接のフィードバックがほしい人
  • 担当者を変えてもらうことに抵抗がない人
  • 首都圏・大阪・名古屋・福岡の人

キャリアチケットの評判の良し悪しは、正直担当者によります。

当たり担当者だった人からの良い評判が多いので、もし担当者ガチャに失敗したら変えてもらうように相談しましょう。

また、遅い時期に登録した人から「希望する業界や職種の求人がない」との声もあります。

就活が出遅れてしまったという人は、「必ずしも希望通りの求人が紹介されるわけではない」ことを頭の片隅に入れておきましょう。

とはいえ、親身なサポートと大阪・名古屋・福岡にも対応しているのが魅力。

少しでも気になった方は、この機会にキャリアチケットに登録してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ではでは、今日も生きててえらい!

関連記事:【ミスった人の本音】新卒の就活で失敗しないために!後悔しない企業選びロードマップ【完全版】

関連記事:【修士卒が厳選】就活サイトでおすすめしたい理系向けサービス5選!選び方も合わせて解説

ABOUT ME
じんと
社会人3年目でうつ病になった経験をもとに、パワハラや毒親、キャリアに関する情報を発信。理系大学院卒業後、大手メーカーで設計開発と新卒採用に携わる。しかし、3年目にうつ病で休職。転職で250社から落とされたあと、フリーランスで社会復帰。Webライターで300記事以上納品するかたわら、ブログ「じぶんぽっく」を月間17,000PVのメディアに育てる。SNSフォロワー合計5,000名以上。オンライン相談で30人以上の悩みを解決。相談サブスクコミュニティ「おじんさんの相談室」オーナー。メンタル心理カウンセラー資格保持。
こちらの記事も人気です