はじめての方はこちら >>

アカリクの評判はどう?文系でも登録できる?理系院卒が徹底解剖

アカリクの評判がやばいって本当?理系院卒が徹底解説
  • アカリクの評判がやばいって本当?
  • 文系大学院生でも登録できるの?
  • 院卒でも就活エージェントは利用すべき?

こんな疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、「いい意味でやばい」という評判がたくさん見られました。

どれくらいかというと「ぼく(機械系専攻の院卒)が就活のとき、アカリクを知っていたら使いたかった」というくらいです。

この記事を書いた人

筆者の自己紹介
じんとTwitterアカウント

一方で「電話やメールが多すぎる」という悪い評判が複数見られたり、文系大学院生向けの求人掲載は少なかったりといったようなデメリットもちらほら。

この記事では、そんなアカリクの評判や特徴、おすすめの人を紹介します。

読み終えたころには、あなたとアカリクが合っているかどうかが分かるはずですよ!

目次

アカリクの評判は本当にやばい?

アカリクの評判は本当にやばい?

早速ですが、アカリクの評判は本当にやばいのかを見ていきましょう。

良い意味でやばい評判

良い意味でやばい評判には、以下のようなものがありました。

  • セミナーに行って満足した
  • スタッフに院卒が多く、寄り添ってサポートしてもらえた
  • 院卒専門の就活サービスゆえに他では得られない情報を知れた

ぼくも理系院卒ですが、学部卒の就活とは違った部分も多いと感じました。

ESや面接で研究のことをメインで聞かれたり、現場の技術者との面接があったり。
(詳しくは理系大学院生のエントリーシートの書き方を修士卒Webライターが紹介の記事で解説)

しかし、アカリクには院卒や企業の研究職を経験したスタッフが多数在籍しています。

そのため、院卒ならではの就活の立ち回り方や、書類の書き方などをアドバイスしてもらえるのがアカリクの強みといえるでしょう。

悪い意味でやばい評判

一方で冒頭でも紹介したように、悪い意味でやばい評判は「電話やメールの回数が多い」ことです。

アカリクはめっちゃ電話かかってきて嫌だし迷子になってる

引用元:Twitter

永遠に就活イベントのメールを送ってくるのでめんどくさい

引用元:Twitter

たしかに、電話やメールがあまりにも多いと「めんどくさい」と感じますよね。

特に就活本番では、企業からも電話やメールが多く見落としにもつながるでしょう。

しかし、アカリクからの電話やメールがしつこいと感じたときは、以下のような対策方法があります。

もちろん、選考結果などの重要なメールは届きますし、担当者を変更したからといって不利益を被ることもないので安心してくださいね!

アカリクのやばい評判からわかる3つの特徴

アカリクのやばい評判からわかる3つの特徴

ここまで見てきた、アカリクの評判からわかる3つの特徴を見ていきましょう。

特徴①:大学院生やポスドクに寄り添うサービス

1つ目は「大学院生やポスドクに寄り添うサービス」なことです。

アカリクは大学院生やポスドクしか登録できません。

文系・理系問わずに、学部生や専門学校生はアカリクを利用できないので注意しましょう。

しかし、入口が狭い分、一人ひとりに対するサポートが充実しているのも特徴。

特に、院卒ならではの就活の不安やキャリアの描き方をアドバイスしてもらえるのは、他のサービスにはない魅力でしょう。

また、評判にもあったように、セミナー講師や就活エージェントのコンサルタントも院卒多数。

研究職として企業で働いていた人も在籍するので、他では聞けないリアルな情報を聞けるのも良いですね。

そんなアカリクの就活サイトでは、以下の企業を筆頭に500近くの求人を掲載しています(2022年8月下旬現在)。

  • 日産自動車
  • シャープ
  • 川崎重工業
  • NTTデータ数理システム
  • アステラス製薬
  • 日本経済新聞
  • D2C

職種は主に研究開発・ITエンジニア・設計開発ですが、様々な業界の求人が出ていることがわかるでしょう。

また、冒頭で紹介したように文系職種はかなり少ないです。

とはいえ、ゼロというわけではなく

  • コンサルタント
  • シンクタンク
  • 新聞記者

などの求人が掲載されていました。

さらに詳しく知りたい方は、ぜひアカリク公式サイトをのぞいてみてくださいね。

特徴②:院卒向けの就活イベントを多数開催

2つ目は「院卒向けの就活イベントを多数開催」していることです。

アカリクでは累計2000回以上の就活セミナーを開講しています。

セミナー一覧画面
引用元:アカリク 公式サイト
画像は2022年4月24日のもの

就活セミナーはもちろん、

  • 1日で複数企業から話が聞ける「アカリクキャリアカフェ」
  • 特定の業種だけが集まる合同説明会「アカリクキャリアフェス」
  • 学生から企業へのアピールもできる説明会「アカリクスカウト」

といったものも開催されていて、就活生を徹底サポート。

アカリクに登録し、イベントに参加することで新しい発見が得られるかもしれませんよ。

特徴③:就活エージェントも展開

3つ目は「就活エージェントも展開している」ことです。

就活エージェントとは「求人紹介やES添削、面接対策などあなたの就活をサポートしてくれるサービス」のこと。

最初に触れたように、院卒の就活は学部卒や専門卒と異なります。

なぜなら、Web検索や就活本にはない「研究に関する質問」「技術面接」が選考フローにあるため。

しかし、アカリク就職エージェントのコンサルタントは院卒が多く、ノウハウや自身の経験に基づいたアドバイスを受けることができます。

通常のESや面接対策はもちろん、研究についての説明の仕方などをアドバイスしてもらえるのもアカリクならではでしょう。

アカリクのやばい評判から見たおすすめの人とそうでない人

アカリクのやばい評判から見たおすすめの人とそうでない人

最後に、アカリクのやばい評判から見たおすすめの人とそうでない人を紹介します。

おすすめの人

以下のような人は、アカリクへの登録をおすすめです。

  • 理系の大学院生で技術職に就職したい人
  • そのなかでも幅広い業種や職種、企業を知りたい人
  • 院卒ならではの就活のコツを知りたい人
  • エントリーシートや技術面接が不安な人
  • 院卒の先輩からアドバイスを受けたい人

アカリクに登録すると、院卒を積極的に採用している企業の求人を見つけることができます。

なかには「こんな企業でも院卒を募集しているのか!」という新たな発見があるかもしれません。
(個人的にコーナンの院卒採用はとても気になった)

おすすめしない人

一方で、以下のような人にはおすすめできません。

  • 文系の人
  • 文系職種に就きたい理系院卒
  • プロフィールの入力がめんどくさい人

文系職種はいくつかありますが、絶対数は少ないです。

アカリクへの登録は絶対ダメというわけではありませんが、他社サービスとの併用がおすすめ。

おすすめサービスをこちらの記事で紹介していますので、よかったら参考にしてくださいね。

評判がやばいアカリクへの登録方法

評判がやばいアカリクへの登録方法

最後に、評判がやばいアカリクへの登録方法を紹介します。

STEP
アカリク公式サイトにアクセス

まずは、アカリク公式サイトにアクセスしましょう。

STEP
「まずは会員登録」をタップ

アクセスしたあと、オレンジのボタン「まずは会員登録」をタップしましょう。

青いボタンは社会人向けとなりますので、間違えないように注意してくださいね。

アカリクTOPページ
STEP
SNSもしくはメールアドレスで登録

アカリクでは、SNSもしくはメールアドレスを使ってアカウントを作成できます。

SNSはFacebookとGoogleのどちらかを選べるので、好きなほうにしましょう。

アカリク登録画面①
STEP
パスワードと基本情報を登録

SNSやメールアドレスでの認証が確認できたら、登録画面に進みます。

以下の順番で登録を進めていきましょう。

  1. パスワード
  2. 基本情報(名前、住所など)
  3. 就学・就職情報(在籍大学)
アカリク登録画面②
STEP
完了!

最後まで入力すれば登録完了です。

早速、求人やイベントを検索してみましょう!

まとめ:アカリクはやばい評判が多い

この記事では、アカリクの評判と特徴、おすすめの人を徹底解説しました。

この記事のまとめ

アカリクの評判と特徴

  • 大学院卒の就活ならではのサポートやアドバイスを受けられる
  • セミナー講師やコンサルタントも大学院卒が多い
  • メールや電話が多いが対策も十分可能

アカリクがおすすめの人

  • 理系院卒で技術職に就職したい人
  • そのなかでも幅広い業種や職種、企業を知りたい人
  • 院卒ならではの就活のコツを知りたい人
  • エントリーシートや技術面接が不安な人
  • 院卒の先輩からアドバイスを受けたい人

アカリクの評判は「良い意味」でやばいものが多いです。

特に、大学院生の就活ならではの立ち回り方やノウハウを院卒の社会人から教われるのは他社にはない魅力。

「研究内容の説明」や「技術面接」を対策してライバルと差をつけ、内定を勝ち取りましょう。

一方で「電話やメールがしつこい」といった評判もありますが、フォームで連絡頻度や担当者を変更できますので安心してくださいね。

そして最後に一言。

就活していたとき、正直アカリクさんの存在を知りませんでしたが……。

ぼくがもう一度就活生に戻れるなら、お世話になりたいと感じました!

もしこの記事で興味を持った人は、この機会にぜひアカリクに登録してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました、

ではでは、今日もみなさま生きててえらい!

関連記事:【修士卒が厳選】就活サイトでおすすめしたい理系向けサービス5選!選び方も合わせて解説

関連記事:【完全版】新卒の就活で失敗しないために!後悔しない企業選びロードマップ

アカリクの評判がやばいって本当?理系院卒が徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次