うつ病闘病

atGPジョブトレのうつ症状コースは評判いい?3つのポイントと1つの課題を紹介

atGPジョブトレのうつ症状コース(旧:シゴトライ)の評判が気になる方も多いですよね。

結論から言うと、atGPジョブトレのうつ症状コースの評判は、シゴトライ時代からとてもいいです。

なぜなら、職場定着率が90%以上であり、不満の声も特にみられなかったため。

そして、この記事の筆者じんとも「atGPジョブトレ」を実際に訪れましたが、いい評判になるポイントをすぐに理解できました!

本記事では、うつ病からの社会復帰を支える「atGPジョブトレ うつ症状コース」の評判と、高評価のポイントを紹介します。

筆者の自己紹介

atGPジョブトレ うつ症状コース 評判 うつ病 就労支援

じんと(@jibunpock

atGPジョブトレのうつ症状コースのネット上での評判

早速、atGPジョブトレのうつ症状コースにおける評判です。

いい評判と悪い評判を、順に追っていきましょう。

いい評判

atGPジョブトレ うつ症状コースのいい評判は、以下の通りです。

6年以上うつ病で引きこもりでした、ここに通いはじめて生活習慣改善はもちろんマイナス思考をプラス思考に変えられました。

セルフマネジメントやビジネスマナーの他、PC研修など実践的な研修もしっかりしています。

現に私はPCに関しては初心者でしたし、事務経験もなく社会復帰も年齢的に諦めてましたが就職できました。

引用元:Google atGPジョブトレ 秋葉原レビュー

うつ病などの精神ストレスに対して長く働く為のセルフマネジメントやグループワーク。PCスキルの再勉強等、長く働く為の基礎を作る為に学ぶのであれば私はここをお薦め致します。

引用元:Google atGPジョブトレ 秋葉原レビュー

通所を通じて病状が安定し、少しずつ以前できていたことが再びできるようになってきたことがうれしいです。

引用元:http://www.45try.jp/voice.html

全体的にいい評判が多いですね。

悪い評判

悪い評判は正直、見られませんでした。

それだけ「atGPジョブトレ うつ症状コース」が評判のいいサービスだということがわかるでしょう。

ただ、人気Youtuberの動画にも低評価が入っているように、

実績が多くなるとどんなに評判のいいサービスでも、一定数は悪い評判があります。

そのため、しいて言うなら「知名度の低さ」が課題といえるでしょう。

atGPジョブトレのうつ症状コースで評判の3つのポイント

atGPジョブトレのうつ症状コースが評判いい理由は、以下の3つです。

評判がいい理由
  • 将来に生かせる「セルフマネジメント研修」
  • 周囲に相談しやすい雰囲気
  • OB・OGとのつながり

1つずつ紹介していきますね。

理由①:セルフマネジメント研修

評判がいい最大の理由が「セルフマネジメント研修」です。

atGPジョブトレ うつ症状コースでは、うつ病からの社会復帰をに効果的な

  • 認知行動療法
  • ストレス対処法
  • 睡眠・服薬などの体調管理

といったことを学ぶカリキュラムが用意されています。

特に、長く働くためには「ストレスとの向き合い方」は大切で、

カリキュラムを通じて、人間関係や業務上のストレスと正しく向き合う方法を学ぶことができます。

ストレスとの向き合い方を学ぶことで、社会復帰後のうつ病再発率が減ることから、高い定着率を誇っているのではないでしょうか。

また、atGPジョブトレ うつ症状コースは「グループワークを重視したカリキュラム」となっています。

なぜなら、企業で働く人のほぼ全員が誰かと一緒に仕事をするから。

1人で黙々とできるイメージの「プログラマー」でも、実際はコミュニケーション能力が求められますからね。

長く働くために、対人ストレスとうまく向き合うヒントが得られるのが、atGPジョブトレ うつ症状コースの強みです。

(もちろん、パワハラ上司は論外ですが)

理由②:周囲に相談しやすい雰囲気

2つ目が「周囲に相談しやすい雰囲気」です。

  • 同じ「社会復帰」というゴールを目指す仲間
  • 就職アドバイザーによる個別サポート

といったことから、うつ病で感じる「孤独感」を減らしながら社会復帰をすることができます。

そして、グループワークを通じて、通所者と親しくなることが多いとのこと。

ぼくもそうなのですが、うつ病を患う人の多くは

「人に相談をするのが苦手

もしくは「上司がパワハラで相談しづらかった」

という経験があるでしょう。

「職場の人間=全員敵」みたいな(笑)

そのため、研修を通じて相談しやすい環境に身を置くことで、

「相談することは、本来正しいことなんだ!!」

といった気づきを得ることができます。

理由③:OB・OGとのつながり

3つ目が、「OB・OGとのつながり」です。

atGPジョブトレ うつ症状コースでは、土曜日に自由参加の「サタデープログラム」があります。

サタデープログラムでは、自習をしたりみんなでゲームをしたりといった、多種多様なプログラムがありますが……。

その中でも人気のプログラムが「OB・OGとの交流会」です。

同じように、うつ病からの社会復帰に励み、無事再就職した先輩方から「リアルな声」を聞くことができます。

  • 今、こんな仕事をしている
  • 職場の人と仲良くやっている
  • こういう配慮をしてもらえている

といった、「ネットにない情報」を仕入れられるのは、大きなアドバンテージといえるでしょう。

また、障害者向けの転職エージェントの「アットジーピー【atGP】」も展開していることから、職員もノウハウをたくさん持っています。

ブラック企業で再発しないように、OB・OG・職員一丸になって見極めながら就職ができるのも強みですね。

余談ですが、就職後も関係が続き、週末一緒に出かけたりする人もいるとのことです。

atGPジョブトレ うつ症状コースは評判がいいが1つ致命的な課題がある

評判のいい「atGPジョブトレ うつ症状コース」ですが、1つだけ致命的な課題があります。

それは……「事業所の少なさ」です。

atGPジョブトレ うつ症状コースの事業所は、現在以下の3つです。

  • 東京(秋葉原)
  • 大阪
  • 横浜←2021年春OPEN!!

つまり、首都圏と関西圏以外から通うのは難しいということです。

量より質を重視している証拠とも言えますが、

各地方に1事業所あれば、より多くの人が社会復帰しやすくなるのでは?

と考えています。

名古屋や福岡、札幌などの「政令指定都市」にお住まいの方は「LITALICOワークス」が同じような就労支援を行ってますので

そちらも検討してみてください( ˘ω˘ )

リタリコ 就労支援 評判 悪い 精神障害
リタリコ(LITALICO)の就労支援は評判悪い?精神疾患の当事者が解説 【リタリコ(LITALICO)】の就労支援の評判が気になる方もいるのではないでしょうか。 それもそのはず。 リタリ...

atGPジョブトレ うつ症状コースの評判をみて気になった人は「体験見学」をしよう!

atGPジョブトレ うつ症状コース 評判 就労支援 うつ病

本記事では、うつ病専門の就労支援サービス「atGPジョブトレ うつ症状コース」の評判について解説しました。

「atGPジョブトレ うつ症状コース」は2021年5月現在、3つの事業所しかないのが課題ですが、

評判や社会復帰後の定着率の高さから、サービスの質のよさのがわかるでしょう。

とはいえ、評判のいい悪いに限らず「自分との相性」は確かめておきたいもの。

相性の悪いところに行っても、かえってしんどい思いをするだけですからね。

ミスマッチを防ぐためにも「体験見学」に行くことをおすすめします!

体験見学に行ったからといって、その場で強制入会させられることもないですので、職場見学に行くような軽い気持ちで行ってみましょう。

実際、わたくしもatGPジョブトレ梅田の見学に行ってきましたが、

いいところだけではなく、悪いところも話すようにしている

とのことで、かなり安心感を持てました。

百聞は一見に如かず。

企業ホームページで予約できますので、ぜひ検討してみてくださいね(`・ω・´)

\職場定着率90%超の就労支援/

atGPジョブトレ
うつ症状コース
見学に申し込む

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ではでは、今日も皆さま生きててえらい!

▼筆者「じんと」が実際にプログラムを体験しました!

atGPジョブトレ 体験 うつ症状コース 梅田
atGPジョブトレ うつ症状コースの体験談!うつ病当事者が受けてみた就労移行支援の「atGPジョブトレ」で人気の「うつ症状コース」。しかし、表立った口コミが少ないこともあり、行くべきか悩む人も多いのではないでしょうか。そこで、うつ病当事者である筆者が、実際のプログラムを体験してきました!...

ABOUT ME
じんと(迅斗)
〔悩みを前向きにする「きっかけ」づくり〕l大手企業3年目でうつ病を患い転職活動で250社落ちるも、Webライターとブログのフリーランスで復活lWebライターだけで月商10万円を突破し、ブログは「じぶんぽっく」含め5つ運営と多岐に渡って活動中l愛称は「うつのちライター」lうつ抜け配達パートナーとして、ウーバーイーツ配達員もやってます。
コチラの記事も人気です!