うつからの社会復帰

【現場検証】atGPジョブトレ うつ症状コースの評判は?うつ病当事者が見学してきた

atGPジョブトレ うつ症状コース(旧:シゴトライ)の評判が気になる方も多いですよね。

結論から言うと、atGPジョブトレのうつ症状コースの評判は、リニューアル前の「シゴトライ」時代からとてもいいです。

なぜなら、職場定着率が90%以上であり、不満の声も特にみられなかったため。

そして、この記事の筆者じんとも「atGPジョブトレ」を実際に訪れましたが、いい評判の理由がすぐにわかりました。

本記事では、うつ病からの社会復帰を支える「atGPジョブトレ うつ症状コース」の評判と、高評価の理由を解説します。

筆者の自己紹介

自己紹介

じんと(@jibunpock

atGPジョブトレ うつ症状コースのネット上での評判

atGPジョブトレ うつ症状コースのネット上での評判

早速、「atGPジョブトレ うつ症状コース」の評判を紹介します。

良い評判と悪い評判の順で追っていきますね。

良い評判

atGPジョブトレ うつ症状コースの良い評判は、以下の通りです。

6年以上うつ病で引きこもりでした、ここに通いはじめて生活習慣改善はもちろんマイナス思考をプラス思考に変えられました。

セルフマネジメントやビジネスマナーの他、PC研修など実践的な研修もしっかりしています。

現に私はPCに関しては初心者でしたし、事務経験もなく社会復帰も年齢的に諦めてましたが就職できました。

引用元:Google atGPジョブトレ 秋葉原レビュー

うつ病などの精神ストレスに対して長く働く為のセルフマネジメントやグループワーク。PCスキルの再勉強等、長く働く為の基礎を作る為に学ぶのであれば私はここをお薦め致します。

引用元:Google atGPジョブトレ 秋葉原レビュー

通所を通じて病状が安定し、少しずつ以前できていたことが再びできるようになってきたことがうれしいです。

引用元:http://www.45try.jp/voice.html

全体的に良い評判が多いですね。

悪い評判

悪い評判ですが……。

ネット上では見られませんでした。

それだけ「atGPジョブトレ うつ症状コース」が評判のいいサービスだということがわかるでしょう。

ただ、人気Youtuberの動画にも低評価が入っているように、

実績が多くなるとどんなに評判のいいサービスでも、一定数は悪い評判があります。

しいて言うなら「知名度の低さ」が課題でしょう。

atGPジョブトレ うつ症状コースの評判がいい理由

atGPジョブトレ うつ症状コースの評判がいい理由

では、なぜ「atGPジョブトレ うつ症状コース」は評判がいいのでしょうか。

大阪にある『atGPジョブトレ 大阪梅田』にぼくが実際に訪れて感じたのは、以下の3つです。

  • 将来に生かせる「セルフマネジメント研修」
  • 周囲に相談しやすい雰囲気
  • OB・OGとのつながり

1つずつ見ていきましょう。

理由①:セルフマネジメント研修

評判がいい最大の理由が「セルフマネジメント研修」です。

atGPジョブトレ うつ症状コースでは、うつ病からの社会復帰をに効果的な

  • 認知行動療法
  • ストレス対処法
  • 睡眠・服薬などの体調管理

といったことを学習できる、カリキュラムが用意されています。

特に、長く働くためには「ストレスとの向き合い方」が大切。

atGPジョブトレのカリキュラムを通じて、人間関係のストレスや業務上の不安に正しく対応する方法を学べます。

そしてストレスとの向き合い方を学ぶことで、再発しにくくなった結果が、高い定着率(91%)につながっているのではないでしょうか。

また、atGPジョブトレ うつ症状コースは「グループワークを重視したトレーニング」をメインに受講します。

なぜなら、企業で働く人のほぼ全員が、誰かしらと一緒に仕事をする機会があるから。

例えば、一人で黙々とできるイメージが強いIT系の仕事でも、コミュニケーション能力が必要不可欠。

働き続けるために、対人ストレスとうまく向き合うヒントを学べるのが、【atGPジョブトレ うつ症状コース】の強みです。

(もちろん、パワハラ上司は論外ですが)

▼実際にプログラムを体験してきました!

関連記事:atGPジョブトレ うつ症状コースの体験談!うつ病当事者が受けてみた

理由②:周囲に相談しやすい雰囲気

2つ目が「周囲に相談しやすい雰囲気」です。

  • 同じ「社会復帰」というゴールを目指す仲間
  • 就職アドバイザーやスタッフによる個別サポート

上記のようなことから、うつ病で感じる「孤独感」を減らしながら社会復帰の準備ができます。

また、「グループワークや訓練を通じて、利用者同士で強い人ができる」とのこと。

ぼくもそうなのですが、うつ病を患う人の多くは

「人に相談をするのが苦手

もしくは「上司がパワハラで相談しづらかった」

という経験があるでしょう。

「職場の人間=全員敵」みたいな(笑)

そのため、研修を通じて相談しやすい環境に身を置くことで、

「相談することは、本来正しいことなんだ!!」

といった気づきを得ることができます。

理由③:OB・OGとのつながり

3つ目が、「OB・OGとのつながり」です。

atGPジョブトレ うつ症状コースでは、隔週土曜日に自由参加の「サタデープログラム」が実施されています。

サタデープログラムでは、自習をしたりみんなでゲームをしたりといった、多種多様なプログラムがありますが……。

その中でも人気なのが「OB・OGとの交流会」です。

同じようにうつ病や精神障害からの社会復帰に励み、無事採用された先輩方から「リアルな声」を聞くことができます。

  • 今、こんな仕事で活躍している
  • 職場の人と仲良くやっている
  • こういう配慮をしてもらえている

といった、「ネットにない就職活動の情報」を仕入れられるのは、大きなアドバンテージといえるでしょう。

また、株式会社ゼネラルパートナーズが運営する、障害者向けの転職エージェント「アットジーピー【atGP】」との情報網があり、職員もノウハウをたくさん持っています。

社会でまた活躍できるように、経験やノウハウを活かしながら就職活動を進められるのも強みですね。

余談ですが、就職後も関係が続き、週末一緒に出かけたりする人もいるとのことです。

atGPジョブトレ
うつ症状コースの
公式サイトを見る

atGPジョブトレ うつ症状コースの評判からみえた課題

atGPジョブトレ うつ症状コースの評判からみえた課題

評判のいい「atGPジョブトレ うつ症状コース」ですが、1つだけ致命的な課題があります。

それは……「事業所の少なさ」です。

atGPジョブトレ うつ症状コースの事業所は、以下の3つの場所にしかありません。

  • 東京(秋葉原)
  • 大阪
  • 横浜

つまり、首都圏と関西圏以外から通うのは難しいということ。

量より質を重視している証拠とも言えますが、

各地方に1事業所あれば、より多くの人が社会復帰しやすくなるのでは?

と考えています。

名古屋や福岡、札幌などの人で就労移行支援事業所を検討している人におすすめなのが【LITALICOワークス】です。

下の記事に評判をまとめていますので、よかったら読んでみてくださいね( ˘ω˘ )

関連記事:リタリコ(LITALICO)の就労支援は評判悪い?精神疾患の当事者が解説

まとめ:atGPジョブトレ うつ症状コースの評判がいいのは理由がある

まとめ:atGPジョブトレ うつ症状コースの評判がいいのは理由がある
引用元:atGPジョブトレ うつ症状コース 公式サイト

この記事では、うつ病専門の就労支援サービス「atGPジョブトレ うつ症状コース」の評判について解説しました。

「atGPジョブトレ うつ症状コース」は、2021年8月時点で3つの事業所しかないのが課題ですが、評判や社会復帰後の定着率の高さから、サービスの質が良いと言えるでしょう。

それだけではなく

  • 将来に生かせる「セルフマネジメント研修」
  • 周囲に相談しやすい雰囲気
  • OB・OGとのつながり

といったこともatGPジョブトレの就労移行支援に通うメリットです。

とはいえ、評判の良しあしに限らず「自分との相性」は確かめておきたいもの。

相性の悪いところに行っても、かえってしんどい思いをするだけですからね。

そんなミスマッチを防ぐためにも、「体験見学」には行っておきたいところ。

体験見学に行ったからといって、その場で決定させられることはないですので、職場見学に行くような気持ちで行ってみましょう。

(見学料金はかかりません)

実際、ぼくもatGPジョブトレ梅田の見学に行ってきましたが、

いいところだけではなく、悪いところも話してもらえる

ことから、かなり安心できました。

百聞は一見に如かず。

見学希望の方は以下のボタンから企業ホームページに飛べますので、ぜひ検討してみてくださいね(`・ω・´)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ではでは、今日も皆さま生きててえらい!

▼atGPジョブトレの利用者にインタビューしてきました!

関連記事:精神疾患=就職できないをぶち壊せ!atGPジョブトレ通所者にインタビューしてきた!