ウーバーイーツ配達員

ウーバーイーツの現金払い対応で配達増加!?初心者配達員が紹介

ウーバーイーツの配達方法に「現金払い」があるのをご存じでしょうか。

ウーバーイーツの現金払いには条件がありますが、実は現金払いの条件を満たすだけで、配達回数が急増しました。

本記事では、ウーバーイーツの現金払いを開放する方法、私の配達回数の増え方と理由、注意点まで解説します。

ウーバーイーツの現金払い概要

まず、ウーバーイーツの現金払いの仕組みと開放条件を紹介します。

ウーバーイーツ現金払いの仕組み

ウーバーイーツの現金払いは、本来であれば配達先へクレジットカードで支払っている食事代と手数料を、配達員が代わりに受け取るという制度です。

現金払いですと、配達員は食事代と手数料を頂いているので、その分を売り上げの振込予定額から引かれます。

つまり、現金では一時的にお金持ちになりますが、現金払いの分振り込まれる額は減るということです。

文字の羅列ではわかりづらいので数字にしましょう。

配達員のたかしくんは今週3500円の売り上げがあります。

たかしくんは今回、食事代と手数料を合わせて1500円のものを現金払いで配達しました。

配達の報酬は500円、財布の中は0円とします。

このとき、たかしくんに起こる金額変動を見てみましょう(急に言葉むずくなるw)

  1. 財布の中:0円+1500円=1500円
  2. ウーバーイーツアプリ上の売上:3500円+500円-1500円=2500円

合計金額は4000円で、現金でもらっている分だけ「アプリ上の売り上げ額=振込額」が減るという仕組みです。

もし、売り上げ額より現金支払い額の方が多ければ、差額をクレジットカードもしくはデビットカードで支払います。

そんな、ウーバーイーツの現金払いには開放条件があります。

ウーバーイーツ現金払いの開放条件

ウーバーイーツ現金払いの開放条件は下記です。

  • 配達回数40回以上
  • クレジットカード、もしくはデビットカードを登録

この2つだけです。いたってシンプル!

しかし、実際に条件を満たし開放してみると……現金払いの恩恵は予想以上に大きかったです(`・ω・´)

ウーバーイーツの現金払いを開放してみた

では、現金払いの恩恵を紹介しようではないか( ˘ω˘ )

私の配達環境は下記です。

じんとの配達状況
  • 配達場所:大阪府郊外
  • 配達時間:平日休日問わず10時半~14時の間
  • 配達方法:自転車(3万円のクロスバイク)

ウーバーイーツの現金払いを開放した結果

ウーバーイーツの現金払いを開放した結果から早速紹介します!

配達回数はほぼ2倍になりました\(^o^)/

実際の結果ですが……

  • 土曜:4回→9回
  • 日曜:4回→8回

と大きく上昇!

ここまで伸びた理由としては

  • 単純に現金払い対応の配達員が少ない
  • 現金払い希望のお客さんが意外と多い
  • 現金払いの配達回数が増えた分、配達間の待ち時間が減る

といったところでしょうか。

このペースでは、坂本選手の2000本安打のごとく、すき間時間でも2021年には2000配達回数も夢ではない!笑

また、ウーバーイーツ側は「現金払いは2割」と書いていたのであまり期待していませんでしたが、体感4割は現金払いでした。

現金払いが多い理由は、国民性と地域性によるものではないでしょうか。

ウーバーイーツの現金払いが多い理由

ウーバーイーツの現金払いが多い理由は

  • クレジットカードへの抵抗がまだまだ強い(国民性)
  • 18歳未満から注文だと、スマホでの支払いがブロックされている(地域性)

だと考えます。

1つ目は日本ならではでしょう。

外国に比べますと、まだまだ日本は現金主義が強いです。

そのため、現金払いを希望する方も多いと考えられます。

2つ目は大阪郊外という地域性です。

推測ですが、大阪市内などの都心部だと一人暮らしの若者なども多いため、現金払いは減るのではないでしょうか。

郊外では共働き家庭のお留守番などで、ウーバーイーツで注文される方も多いです。

その場合ですと、ソシャゲで課金しすぎないためなど、スマホでの支払いが制限されていることもあるでしょう。

郊外地域において、現金払いの対応で顧客層が広がったことは、とてもありがたいですね( ˘ω˘ )

最後に、現金払いの注意点を紹介します。

ウーバーイーツの現金払いの注意点

現金払いの注意点は「小銭や1000円札を多く持っておくこと」です。

意外と1万円札、5000円札での支払いが多く、おつりが用意できないとなるとお客様に迷惑をかけてしまいます。

そのため、小銭を日ごろから用意しておくか、飲み物でも買ってお札を崩しておくことが大切でしょう。

かくいう私も1万円札での支払い直後に、ウイダーinゼリーを買ってお金崩しました(笑)

まとめ:配達回数に悩む初心者配達員は、まずは40回を目指そう!

ウーバーイーツ 現金払い 大阪

本記事では、ウーバーイーツの現金払いについて紹介しました。

特に郊外では現金払いの人が多いため、配達回数を一気に増やすことができます。

おつりを作る手間はありますが、短時間で効率よく働きたい方には、是非現金払いの検討をおすすめします!

現金払いを始めるためにも、まずは配達回数40回を目指しましょう(`・ω・´)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ではでは、皆さま今日も生きててえらい!

【関連記事】ウーバーイーツ初日の結果を紹介しています!

【時給も公開!】初心者が自転車でウーバーイーツしてみた結果【2020年10月】

コチラの記事も人気です!