はじめての方はこちら >>

退職代行を使うのって卑怯?社会人3年目に倒れた筆者が解説

退職代行を使うのって卑怯?社会人3年目に倒れた筆者が解説

退職代行を使うのって卑怯?

こんな疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと「卑怯でないことの方が多い」です。

なぜなら、退職代行を使いたい場面は

  • 上司からパワハラやセクハラを受けている
  • 残業代や退職金で会社と揉めている
  • 何度も退職を引き止められている

といったように、「圧力に押しつぶされて体調を崩す寸前」なケースがほとんどだから。

一方で「退職は自分で手続きするのがマナー」と考えている人も多く、「ありえない」という評判も多数。

「ゲームしたいから辞める」という人が代行を使ったら、そう思われるのも無理もないですが……(笑)

加えて、利用者側も信用できる会社を選ばなければ、弁護士法に抵触したり、会社とトラブルになったりする可能性も。

こうなると、あなたが不利益を被ってしまい、せっかく退職したのにストレスは減るどころか増えてしまいます。

中には、「退職できました」と嘘をついて、実際はできていないという『詐欺まがいなケース』まで。

この記事では

  • 退職代行は卑怯と言われる理由
  • 退職代行が卑怯と言われても使いたい場面
  • おすすめの退職代行サービス

について「退職代行を使わなかった結果、社会人3年目にうつ病になった筆者」が解説します。

筆者の自己紹介

自己紹介

じんと(@Jinto_Jibunpock

目次

退職代行を使うのは卑怯なのか?

退職代行を使うのは卑怯なのか?

最初に紹介したように、退職代行を使うのは決して卑怯ではありません。

「退職は自分で行うもの」という上司や会社の意見は、わからなくもないです。

しかし、退職代行を使いたい人の多くは

  • しつこく退職を止められる
  • 退職すると〇〇するぞ、と脅す
  • パワハラやセクハラを受けている
  • 「残業代未払い」などのトラブルがある

といった辛い状況におかれてるはず。

会社はこのような心理的プレッシャーをあなたに与えることで、泣き寝入りさせようとしてきますからね。

しかし、退職は「労働者の権利」の1つで、本来は自由にできるもの。

実際、民法第627条第1項では以下のように定められています。

期間の定めのない雇用、つまり正社員として雇われている一般的な正社員の場合、労働者はいつでも退職を申し出ることができます。

また、会社の承認がなくても、民法(明治29年法律第89号)の規定により退職の申出をした日から起算して原則として14日を経過したときは、退職となります(民法第627条第1項)。

弁護士が教える 辞められない人のための退職願|日本法令

そもそも、退職を考えるときは

  • 結婚など、プライベートの事情
  • キャリアアップ・ビジネススキル向上
  • 人間関係や労働環境のストレス

の3つのどれかが理由なことがほとんど。

なかでも、日本では「人間関係や労働環境による精神的ストレス」が理由で辞める人が圧倒的に多いです。

このままストレスを受け続けていたら倒れてしまう……

と、わらをすがる思いで退職を決意します。

そんなときに心理的プレッシャーを与えられたら……。

待っているのは「適応障害」「うつ病」といった『心の病気』です。

ぼく自身、心の病気になった経験がありますが、闘病中はホンマに「生き地獄」でした。

どれくらいなのかは、【経験談】うつ病でつらいこと11選!会社や家族に理解されない苦しみを暴露にて解説しているので、気になった方はぜひ。

  • 「退職代行を使うなんて卑怯」と言われても
  • 「退職代行なんてありえない!迷惑!」と批判されても
  • 「世間はそんな甘くないぞ」と言われても

体調を守るため、限界を迎える前に全力で逃げてください。

退職代行を使うのに数万円はかかりますが、身体はプライスレス。

退職代行を使わずに残り続け、うつ病になり、1年休職。

その後転職活動で250社からお見送りされた、ぼくからのメッセージです。

※今はフリーランスで社会復帰しています。

退職代行は卑怯じゃない!おすすめサービス3選

退職代行は卑怯じゃない!おすすめサービス3選

退職代行が卑怯じゃないことは、お分かりいただけたのではないでしょうか。

じゃあ、おすすめのサービスってあるの?

こう感じた人も多いはず。

そこで、数多くの退職代行サービスの中でも、特におすすめ3社(+女性向け1社)をピックアップしました。

ぜひ、サービス選びの参考にしてみてください。

おすすめ①:退職代行ガーディアン

1つ目は、労働組合法人が運営する【退職代行ガーディアン】です。

退職代行ガーディアンの良い点と悪い点

良い点

  • 運営元が「労働組合」という安心感
  • 朝日新聞などメディアの掲載実績も多数
  • 料金が比較的安め(29,800円(税込))
  • 雇用形態問わず同じ料金
  • LINEでも相談できる

悪い点

  • 転職サポートがない
  • 担当によっては事務的な対応

1番の良い点は、「労働組合が運営会社なこと」です。

退職代行サービスの多くは、運営会社のバックグラウンドがわからず

ほんとうに大丈夫なの?

と不安になってしまいますよね。

しかし、退職代行ガーディアンは「東京都労働委員会に認証された労働組合」が運営しています。

言い換えると「法律で正式に認められた労働組合」です。

何より、信頼できる証拠として「朝日新聞」や「LINE NEWS(ラインニュース)」、「CARRER PICKS(キャリアピックス)」などのメディア掲載実績が多数。

これなら、安心して任せられますよね。

一方で、「やりとりが事務的」との声もありました。

「退職を代行してもらえるサービス」と割り切れば問題はないですが、気になる人は他のサービスを選ぶことをおすすめします。

\労働組合が運営する退職代行/

退職代行ガーディアンに
LINEで相談する!

おすすめ②:退職代行オイトマ(OITOMA)

2つ目は、退職ガーディアン同様に労働組合が運営する【退職代行OITOMA(オイトマ)】です。

退職代行OITOMAの良い点と悪い点

良い点

  • 労働組合が運営しており、有給などの交渉が可能
  • LINEで24時間365日相談できる
  • 相談回数無制限、追加料金なし
  • 即日退職も可能
  • 他社より料金が安い(24,000円(税込))

悪い点

  • 新しいサービスゆえに評判が少ない
  • 裁判が絡むような労働問題の交渉は難しい

1番の良い点は、「LINEで24時間365日対応していること」です。

深夜残業や休日出勤が原因で、退職代行を使いたいと悩んでいる人も多いです。

一方で、多くの退職代行サービスは利用時間が決まっており、忙しいあなたは休みを使うしかありません。

そんな中、退職代行OITOMAは毎日24時間対応しています。

しかもLINEで相談できるので、仕事の休憩時間や通勤時間で相談も可能。

  • 今すぐ辞めたい
  • 会社と連絡をとるのが嫌
  • 有給を消化してから退職したい

といったことを、遠慮なく相談したり、希望を伝えたりできます。

また、相談回数による追加料金は発生しないのも、安心して使えるポイントですね。

一方で、2021年に誕生した新しいサービスゆえに、Web上での評判は少ないです。

そのため、退職代行OITOMAのホームページを見て、他社と比較してから依頼することをおすすめします。

▼退職代行OITOMAについて、さらに詳しく知りたい方はこちら!

関連記事:【徹底解説】退職代行OITOMA(オイトマ)の評判は?|特徴・メリット・おすすめの人

おすすめ③:弁護士法人みやび

3つ目は、弁護士が代行してくれるサービス【弁護士法人みやび】です。

弁護士法人みやびの良い点と悪い点

良い点

  • 弁護士事務所が行う退職代行サービス
  • 金銭に関わる交渉が可能
  • 弁護士が行うサービスの中では安め(55,000円(税込))
  • 雇用形態問わず同じ料金
  • LINEでの事前相談が無料

悪い点

  • 一般的な退職代行よりは高い
  • クレジットカードが使えない

1番の良い点は、「金銭に関わる交渉ができること」です。

弁護士法人みやびは名前の通り、弁護士事務所が行う退職代行サービス。

そのため、残業代の未払いや退職金、損害賠償といった「お金のトラブル」に関する請求が得意です。

  • サービス残業が月に数十時間
  • 退職金は出さない、と脅された
  • パワハラやセクハラが原因で体調を崩した

こんな人にとって、安心できるサービスではないでしょうか。

加えて、金銭トラブルを従業員と抱えるような「ブラック企業」は、退職の時も「違法な主張」をしてくることが多いです。

しかし、弁護士法人みやびは「法律に沿った適切な対応」が可能。

ブラック企業であればあるほど、弁護士法人みやびのサービスの恩恵を受けられるでしょう。

一方で、他の退職代行と比べると料金は高め。

この記事で、おすすめするサービスと比較すると一目瞭然です。

サービス名料金
退職代行ガーディアン29.800円(税込)
退職代行OITOMA24,000円(税込)
弁護士法人みやび55,000円(税込)
わたしNEXTアルバイト・パート
 →19,800円(税込)
正社員・契約社員など
 →29,800円(税込)
おすすめ退職代行サービスの料金比較

しかし、「金銭トラブルに対して法的に対応してもらえる」ことを考えると、相応の値段だと言えます。

LINEで無料相談できるので、「ブラック企業と後ずされなく別れたい」という人は、ぜひ候補に入れておきたいですね。

\会社との金銭トラブルはおまかせ/

弁護士法人みやびに
無料で相談する!

おすすめ④:【女性向け】わたしNEXT

【わたしNEXT】は、業界初女性向けの退職代行。

女性ならではの悩みに寄り添いながら、雇用形態を問わず依頼できるというメリットがあり、女性はぜひ候補に入れておきたいサービスです。

わたしNEXTの良い点と悪い点

良い点

  • 業界初の「女性向け退職代行サービス」
  • 日本経済新聞などメディアの掲載実績も多数
  • アルバイト・パートの人は安く利用できる
  • 退職失敗したら全額保証
  • 転職サポートも受けられる

悪い点

  • 男性は使えない
  • ナイトワークは対象外

何より、「女性向け退職代行サービスであること」が1番の強み。

あなたは、このような悩みを持っていませんか?

  • 上司からセクハラ
  • 同僚からマタハラ
  • お局からパワハラ

こういった「女性ならではの悩み」への対応を得意としているスタッフが在籍しています。

研修やメディアを通じて、男女お互いに分かり合う努力はしているものの、まだまだ「特有の悩み」を理解し合うのは難しいですよね。

女性の悩みを理解できるからこそ、一緒に戦える。

そんなサポートを受けられるのが、わたしNEXTの強みでしょう。

加えて、以下のように「料金が雇用形態ごとに異なる」のもポイント。

  • パート・アルバイト:19,800円(税込)
  • 正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退:29,800円(税込)

「パート先やアルバイト先を辞めたい」という女性にとっては、ありがたい価格設定と言えるのではないでしょうか。

一方で、「ナイトワークは対象外」とのこと。

具体的には、キャバクラや風俗といったところでしょうか。

ナイトワークで働いていて退職に悩んでいる女性は、別のサービスを検討しましょう。

\女性特有の悩みに寄り添う/

わたしNEXTに
無料で相談する!
>

まとめ:退職代行を使うことは卑怯じゃない!

まとめ:退職代行を使うことは卑怯じゃない!

この記事では、退職代行を使うことが卑怯なのかどうかと、おすすめサービスを紹介しました。

退職代行を使うことは、卑怯でないケースが多いです。

ただ単に「ゲームしたくて行きたくない」だけなら、確かに卑怯かもしれません。

しかし、

退職代行を使うか迷う=ストレスで追い込まれている

ということがほとんど。

「自分で退職を言うのが難しい」というあなたは、退職代行という手段を忘れないようにしましょう。

新卒で入社したとしても、卑怯だと言われても、心身の健康にとって代わるものはありませんからね。

最後に、この記事で紹介した退職代行を表にまとめました。

「サービス名」のリンクから各ホームページに飛べますので、気になったサービスから見ていってくださいね!

サービス名特徴こんなあなたへ
【退職代行ガーディアン】・労働組合が運営
・LINE相談OK
・やり取りが事務的
安心感と
コストを
両立したい人
【退職代行OITOMA】・24時間365日対応
・料金が安い
・評判が少ない
夜勤や残業
昼間の連絡が
難しい人
【弁護士法人みやび】・弁護士事務所
・金銭トラブル得意
・料金は高め
ブラック企業から
退職する人
【わたしNEXT】・女性向けサービス
・雇用形態別料金
・ナイトワークNG
セクハラや
マタハラに
悩む女性
おすすめ退職代行サービスまとめ

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

ではでは、今日も皆さま生きててえらい!

▼転職も考えているあなたへ、ぼくからのメッセージです。

関連記事:社風が合わないは転職のサイン!社会人3年目にうつ病を患った人の心の声

退職代行を使うのって卑怯?社会人3年目に倒れた筆者が解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次