20代の生き方

怒鳴り声の響く職場環境がつらいあなたへ!理由と取るべき行動を紹介

怒鳴り声の響く職場環境がつらい、と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

また、

悩める人

怒鳴り声に敏感なのは

私が気にしすぎなだけかな?

と考える人もたくさんいます。

結論から言いますと、怒鳴り声の響く職場環境がつらいと感じるのは当然ですし、悪いことではありません。

怒鳴り声の響く職場環境は「諸悪の根源」ですから、時には逃げる選択も大切。

本記事では、怒鳴り声が聞こえる職場環境がつらい理由と、取るべき行動について解説します。

怒鳴り声 職場環境 つらい 上司 ミス

じんと( @jibunpock )

怒鳴り声の響く職場環境がつらい理由

怒鳴り声の響く職場環境がつらい理由は、以下の3つです。

  • 委縮してしまう
  • 生産性が落ちる
  • 優秀な人が辞める

理由①:委縮してしまう

1つ目は「委縮してしまう」ことです。

怒鳴り声が響いている職場環境だと

  • 自分もいつ怒られるかわからない
  • 何か少しでも違うことをしたら、攻撃されてしまう
  • 失敗するのが怖い

といったふうに、一緒に働いている人が感じてしまいます。

また、怒鳴る人に委縮する人がたくさんいると

  • 事なかれ主義になる
  • 自分のミスを他人のせいにする
  • 新しいことに挑戦するのをやめる

といったことが起こり、「風通しの悪い職場」のできあがりです。

そして、直属の上司やOJTなどの「身近な人が怒鳴る人」というケースが1番最悪。

一緒に仕事をする人が怒鳴る人だと、常におびえながら仕事をしなければなりません。

そして心身が疲れてしまった結果、適応障害やうつ病になってしまうこともあります。

理由②:生産性が落ちる

2つ目が「生産性が落ちる」ことです。

怒鳴り声に気を取られて集中できなかったり、ストレスが溜まったりしますよね。

注意力散漫やストレスが原因で、ミスや失敗をしやすくなってしまいます。

そして「身近な人が怒鳴る人」だった場合、あなたのミスや失敗も例外なく怒鳴るでしょう。

すると、こんな悪循環に陥ってしまいます。

怒鳴る上司の悪循環

ミスや失敗について怒鳴られる

→上司に怒鳴られないように、上司のために努力する

ストレスで注意力散漫になりミスをする

→ミスについて怒鳴られる

実は、ぼくも前の会社の上司がこのパターンで

「上司に怒られないために」仕事をしなければ

と考えるようになっていました。

「上司のため」という内向きの仕事スタイルは、本当につらかったです。

本来、仕事はお客様と自分の生活のためであって、「上司のため」ではないんですけどね……。

理由③:優秀な人が辞める

3つ目は「優秀な人が辞める」ことです。

優秀な人が辞めるのは2パターンあります。

  • 転職先が決まって辞める
  • 体調を崩して辞める

転職先が決まり、サクッと辞める人のほとんどは「優秀な人」です。

転職することが当たり前になった世の中ですから、我慢して体調を崩すぐらいなら辞めてしまおうという行動力があります。

また、体調が崩して辞める人の多くは「真面目で責任感のある人」です。

自分の仕事を責任もってこなし、部下や後輩の気遣いもできる。

本来であれば「優秀な人」であるはずなんですが、怒鳴り声の多い職場環境では負けてしまいます。

そして、辞めた人がいれば、当然残ったメンバーで穴埋めをしなければなりません。

1人当たりの業務量や残業時間が増え、ミスや失敗も増えて上司がそれを怒鳴り……という悪循環に陥ります。

怒鳴り声が聞こえる職場環境は「諸悪の根源」ということが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

怒鳴り声の響く職場環境がつらかったら

怒鳴り声の響く職場環境をつらいと感じていたら、以下の行動をとることをおすすめします。

  • 誰かに相談する
  • 異動願いを出す
  • 転職活動をする

行動①:誰かに相談する

まずは、誰かに相談しましょう。

1番理想的なのは「仲のいい先輩や同期に相談する」こと。

同じ職場で過ごしている人だとなおいいです。

「苦しんでいるのは自分だけじゃない」と安心できることはもちろん、

あなたの話を聞いた人が、怒鳴る人に注意してくれるかもしれません。

もし、会社での相談が難しかったら、学生時代の友人を筆頭とした「外部の人間」に相談しましょう。

職場は違えど、同じく怒鳴り声が響く職場環境に悩んでいるかもしれませんし、誰かに話すだけで気持ちが軽くなりますよ!

行動②:異動願いを出す

相談してもしんどい状況が続けば、社内での異動も検討したほうがいいでしょう。

怒鳴り声をあげる人から離れれば、心穏やかに仕事できますからね。

ただし異動願いを出すうえで、注意点が2つあります。

  • 「どんな仕事がしたいのか」をポジティブに伝える
  • 怒鳴るのが当たり前の「社風」の場合、解決策にならない

特に、体育会系企業やワンマン企業に多い「怒鳴るのが当たり前の社風」だった場合、

怒鳴り声の響く職場環境に、再び身を置くことが多いでしょう。

  • 異動したい場所がない
  • 怒鳴り声が当たり前の社風

このどちらかだった場合は、次の行動をとってください。

行動③:転職活動をする

最後の行動が「転職活動」です。

「働きやすい環境に身を置くために転職活動をする」というのは悪いことではありませんし、自分の健康を守るためにも重要です。

ぼくの友人も何人か職場に限界を感じて転職しましたが、活き活きとと働いています。

「ぼくも、うつ病になる前に転職したらよかったな……」と時々思いますしね。

ただし、転職活動の面接で1つだけ注意点があります。

それは「転職理由を人間関係にするのは、マイナス評価」ということ。

  • うちの会社の人間とトラブルになるのでは
  • すぐに辞めてしまうのではないか

と考えてしまう人事担当や役員が多いでしょう。

また、口先だけで噓をついた転職理由も相手は見抜きます。

では、どうしたらいいのかといいますと……

転職の相談役「転職エージェント」からアドバイスを受けましょう!

転職エージェントは、基本的に応募者の味方で、転職を成功させるために色々なサポートをしてくれます。

もちろん面接対策もしてもらえ、学校にいる「就職アドバイザー」と同じと考えておけばよいでしょう。

20社以上の転職エージェントを利用したぼくが、

「本当におすすめの転職エージェント」を5つ紹介していますので、よかったら読んでみてくださいね!

【体験談あり!】20代におすすめの転職エージェント5社を徹底比較【20社以上利用】
【体験談あり!】20代におすすめの転職エージェント5社を徹底比較【20社以上利用】20代で転職を考えている人へ!20社以上のサービスを使った筆者が、本当におすすめしたい5社を「求人量」「求人の質」「対応のよさ」の3項目で徹底比較しました!この記事を読めば、あなたにぴったりの転職エージェントがきっと見つかります!...

怒鳴り声が響く職場環境に悩むあなたへ

怒鳴り声 職場環境 つらい 上司 ミス

本記事では、怒鳴り声の響く職場環境がつらいと感じる理由と、取るべき行動を解説しました。

怒鳴り声の響く職場環境は、

  • 周囲を委縮させる
  • ミスや失敗が怖くなるが、ミスが増える
  • 優秀な人が辞める

といったようにデメリットしかありません。

つらくなるのは、あなたが弱いとか悪いとかではありません。

怒鳴る上司や、怒鳴る職場環境を許す会社が悪いのです。

1人で抱え込みすぎずに、周囲に話したり行動したりしましょう。

そうは言っても今のご時世、飲みにも行けないし、友達にも会えないという人も多いですよね。

そんなあなたへ!

かつて怒鳴る上司に悩まされたぼくが、オンラインで相談にのります!

社会人1~2年目にパワハラを受け、3年目にうつ病を患った経験があるからこそ、同じように悩む人を減らしたい。

「話をとにかく聞いてほしい」という単純な動機でも、大丈夫です。

下のページに詳しく書いていますので、よかったら検討してみてくださいね!

悩みがある人 相談 オンライン BASE ココナラ
悩みがある人へ。オンライン相談、文面でのやり取りも承ります!悩みがある人へ!うつ病から社会復帰したフリーランスWebライター「じんと」が、オンラインで相談にのります!そして『文面での相談』も2021年5月に追加!...

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

今日も皆さま、生きててえらい!