20代の生き方

【大人の読書感想文】人生を変えた本10冊を、1冊あたり3文で紹介【随時更新】

夏休みの宿題と言えば「読書感想文」ですよね。

苦しんだ方も多いのではないでしょうか。

私も昔は本嫌いだったので、あとがきしか読んでませんでした(笑)

しかし、かつて本嫌いの私が文章を書くことを仕事にし、月に10冊本を読む時期があったほど「本好き」になりました。

本を好きになったきっかけのものから、大きく人生を変えた本まで10冊、1冊あたり3文で紹介します。

1冊目:空飛ぶタイヤ/池井戸潤

1冊目は池井戸潤さんの「空飛ぶタイヤ」です。

実はこの本が本嫌いの僕が本好きに変わったきっかけでした。

「半沢直樹」「下町ロケット」のように巨大組織の悪事に立ち向かう姿を描いた物語で、某自動車メーカーのリコール隠しをベースとしています。

トラックのタイヤが脱輪してタイヤが人を轢いてしまう事故が起こりましたが、実はトラックの整備不良ではなくトラックメーカーの隠ぺいであったことを運送会社の社長が暴いていくストーリー。

現場の緊迫感が脳内再生できるような文章で、スラスラと読むことができました。

「空飛ぶタイヤ」と出会って、本って面白いんだなと気づかせてくれたので感謝でしかありません。

池井戸潤 文庫本 「空飛ぶタイヤ」上下巻 講談社文庫【中古】

価格:660円
(2020/8/31 17:23時点)
感想(0件)

2冊目:7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー

次に「7つの習慣」です。

私が初めて読んだ「自己啓発本」です。

まず、自分と他人の「課題の分離」や人生を終わりから考える、緊急でないけど重要なことを優先しようという「自分の変化」について記載。

次にWin-Winの関係や傾聴など「他者との関係」、そして最後に「己を鍛え続ける」ことについて書いています。

目の前のことに忙殺されている人に、おすすめの1冊です。

「7つの習慣」は大学生のときに何度も読み直しました。今読むと新たな発見があるかもしれません( ˘ω˘ )

完訳7つの習慣 人格主義の回復 [ スティーヴン・R.コヴィー ]

価格:2,420円
(2020/8/31 17:33時点)
感想(46件)

3冊目:愛着障害-子供自体を引きずる人々-/岡田尊司

3冊目は「愛着障害」に関する本です。

「愛着障害」とは、幼少期に十分な愛情を与えられなかったことで自己肯定感が下がり、自信を失ったり、寂しさを持って生きていることです。

愛着障害にも種類があるが、大人になり生きづらさを感じます。愛着障害の回復にはサポーターが必要です(心から愛せるパートナーがベスト)。

複雑な家庭に育ってきた私にとっては、この本を読み終わった後、衝撃を感じました。

▼愛着障害については下の記事にてカンタンに説明しています。

関連記事:寂しを抱える愛着障害。恋愛依存と孤独との戦いがほんまきつい

愛着障害~子ども時代を引きずる人々~【電子書籍】[ 岡田尊司 ]

価格:628円
(2020/8/31 17:47時点)
感想(2件)

4冊目:何者/浅井リョウ

4冊目は再び小説。

朝井リョウさんの「何者」 です。

各々強い個性とバックグラウンドを持ち、就職活動を間近に控える大学生。就職活動を乗り越えるためにミーティングを行うなど、協働していくはずですが……。

SNSを絡んだ、衝撃のラストが待ち構えています。

「何者」は、特に就活生へおすすめしたい1冊です。

何者 (新潮文庫) [ 朝井 リョウ ]

価格:693円
(2020/8/31 17:48時点)
感想(19件)

5冊目:自分は自分、バカはバカ/ひろゆき

5冊目は「5ちゃんねる」 の創設者でおなじみのひろゆきさんの「自分は自分、バカはバカ」です。

職場には様々なタイプがいますし、バカとは避けて通れません。そんなバカに対する対処法を紹介しています。

終盤ではミニマリストに関しても触れています。

職場の人間関係に悩む人へ、おすすめの1冊です!

自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術 [ ひろゆき(西村博之) ]

価格:1,430円
(2020/8/31 17:48時点)
感想(2件)

6冊目:時間革命/堀江貴文(ホリエモン)

6冊目はホリエモンこと堀江貴文さんの「時間革命」 です。

多くのブログでは「ゼロ」をおススメしていますが、私はあえてこちらを推します(ゼロも多動力も好きな本です)。

ホリエモンの本、通称「堀江本」の中で「時間」に特化した1冊。

他人時間を減らし自分時間を増やすことを全力でおススメしています。

そして最大の自分時間は「夢中」な時間であり、夢中の時間を増やすことで自分の価値、幸福感が上がります。

私はうつ病になった直後に「時間革命」を購入。

うつ病初期は考え方が偏るため、迷走してしまいますが、先日再読すると今の生活がまさに「時間革命」なんだなと思います(`・ω・´)

時間革命 1秒もムダに生きるな [ 堀江貴文 ]

価格:1,430円
(2020/8/31 17:48時点)
感想(10件)

7冊目:ストロベリーナイト/誉田哲也

7冊目は誉田哲也さんの小説「ストロベリーナイト」です。

通称「姫川玲子シリーズ」の1作目。

若くして主任に抜擢された女刑事、姫川玲子。

彼女と個性豊かなメンバーで構成された「姫川班」を中心に個性豊かな上司や同僚とともに、難解な殺人事件の解決に挑みます。

しかし、その結末は思いもよらない方向に向かっていきます。

姫川玲子シリーズは全作品を読破しましたが、最初にして最高傑作。

池井戸潤さんの作品同様、展開がいい意味で読めないことが読者の意欲を掻き立てますね。

あと、菊田、お前はしっかりせい(読んだらわかるw)

【中古】 ストロベリーナイト /誉田哲也(著者) 【中古】afb

価格:200円
(2020/8/31 17:49時点)
感想(0件)

8冊目:うつな人ほど強くなれる/野口敬

8冊目は過去にも紹介した「うつな人ほど強くなれる」 です。

うつになりやすい人の特徴として、マジメ、責任感がある、他人を優先するなどがあげられます。

しかし、世の中の理不尽な人に負けてしまい、理解されない傾向にあるが、実は「リーダー像」の素質と似ています。

最後には「本書を読んだらうつのことを誰かに伝えてください」といった内容が。

「うつな人ほど強くなれる」を読んだ後、私は泣きました。

捉え方によって変わるんだなと。

そして、私は伝える側として生きる道を選びました。

▼詳しい感想や思いはこちら。

関連記事:【鬱病闘病】うつ病の人の考え方が変わる本「うつな人ほど強くなれる」について紹介

【中古】 「うつ」な人ほど強くなれる 『うつ』になりやすい性格こそ「成功する条件」 アスカビジネス/野口敬(著者) 【中古】afb

価格:110円
(2020/8/31 17:50時点)
感想(1件)

9冊目:繊細さんの本/武田友紀

9位も過去記事に登場しました「繊細さんの本」です。

HSPの人(本書では「繊細さん」と呼んでいます)は人より周りの物事をキャッチしやすいことから、生きづらさを感じることが多いです。

しかし、周りの物事をキャッチしやすい特性のまま生かし、生きることもできます。

対策を立て、繊細と共存しながら生きていくことで、覚醒する可能性も秘めています。

「繊細さんの本」も読み終わったら泣きそうになりました。

生きづらさに悩んでる人には、是非手に取っていただきたい1冊です。

私もたまに再読しています。

▼詳しい解説はこちら

関連記事:HSPの人に向けた「繊細さんの本」。今生きづらくても、アフターコロナで働きやすくなる!

あす楽対応 「繊細さん」の本「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 武田友紀 飛鳥新社 単行本 心理学 HSP TV話題 人気 送料込み

価格:1,724円
(2020/8/31 17:51時点)
感想(0件)

10冊目:アソビくるう人生をきみに。/あんちゃ

最後は「じぶんぽっく」ではもはや常連、あんちゃさんの著書「アソビくるう人生をきみに。」です。

あんちゃさんは社会人2年目も佳境の時に、ある日涙が止まらなくなったことから、ブロガーとしての道を歩み始めました。

ホリエモンの本と似ている部分があるものの、本に書いてあることを考え、実際に行動に移した数少ない20代のうちの1人があんちゃさんです。

巻末の「7つのクエスチョン」は20代には是非おススメしたい内容です。

あんちゃさんの著書ということで購入しました。

賛否両論ですが、ぼくとしては20代向けにおススメしたい1冊

アソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略 [ あんちゃ ]

価格:1,430円
(2020/8/31 17:51時点)
感想(0件)

番外編:スバルスタイルVol.3

番外編ですが「スバルスタイルVol.3」です。

スバルスタイルに関しては3文紹介はしません。

結論、私が載っています(笑)

しかし、載るまでの道のりはひどく、ディスられながら取材を受けました。トラウマものですが、今となってはいい思い出です。

どういう載り方しているか気になったら、手に取ってみてください。「じん眉」って名前で載ってますんで(;^ω^)

SUBARU STYLE(VOL.3) (SAN-EI MOOK)

価格:1,527円
(2020/8/31 17:52時点)
感想(0件)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

ではでは、今日も皆さま生きててえらい!

ABOUT ME
じんと(迅斗)
〔うつ病からの社会復帰を、生き様で発信〕l大手企業3年目でうつ病を患い転職活動で250社落ちるも、Webライターとブログのフリーランスで復活lWebライターだけで月商10万円を突破し、ブログは「じぶんぽっく」含め5つ運営と多岐に渡って活動中l愛称は「うつのちライター」lうつ抜け配達パートナーとして、ウーバーイーツ配達員もやってます。
コチラの記事も人気です!