じんとの日常

【どう?】VIRAL(バイラル)に登録した体験談をもとに徹底解説

【どう?】VIRAL(バイラル)に登録した体験談をもとに徹底解説

VIRAL(バイラル)の体験談が気になる!

こんな人も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、VIRALに登録してよかったと思っています。

一方で、今後改善してほしいと感じたこともいくつかありました。

この記事では、VIRALを体験してみてわかったことや、おすすめの人とそうでない人について徹底解説します。

筆者の自己紹介

自己紹介

じんと(@Jinto_Jibunpock

VIRALの体験談と口コミ

VIRALの体験談と口コミ

早速ですが、VIRALの体験談と口コミから紹介していきます。

じんとの体験談

早速、ぼくの体験談からいきましょう。

VIRALの登録は至って簡単。

  • メールアドレス
  • LINE
  • Google
  • Twitter
  • Facebook

の5つからログインでき、IDやパスワードなどを新規で覚える必要がありません。

そして、URL「vir.jp/●●」の●●を英数字で入力すると完了!
(●●の部分はあとから変更可能)

ここまで約1分!早い!

ということで、そのままプロフィール設定画面に移動します。

プロフィール設定画面では、以下の5項目を編集できました。

  • ハンドルネーム
  • 肩書
  • プロフィール文
  • アイコン画像
  • デザイン(9種類から選べます)

他社のSNSに登録している人だと、5分もあれば登録できるはず。
(ただし、プロフィール文は80文字までなので要注意)

続いて以下のように「SNSリンク」や「テキストや画像を使ったリンク」を登録できます(画像はSNSリンク)。

ここまで作成した結果、以下のようになりました。

シンプルで洗練されたデザインがお気に入りですね。

また「自分のファンクラブ」なるものも登録できるとのこと。

ただし、この機能については正直「上級者向け」の印象を受けました。

後ほど詳しく解説しますね。

▼筆者のプロフィールはこちら(VIRALに飛びます)

>> じんとのVIRALプロフィール

ネット上の口コミ

そんなVIRALについて、ネット上ではどんな口コミがあるでしょうか。

一緒にみていきましょう!

と言いたいところですが……

2021年11月24日現在、口コミは見られませんでした。

というのも、VIRALは2021年にスタートした、発展途上のサービス。

そのため、良くも悪くも知名度がまだまだです。

今後、口コミが見つかり次第、追記していきますね!

VIRALの体験談でわかったこと

VIRALの体験談でわかったこと

VIRALの体験談でわかったことは、以下の3つです。

  • シンプルで見やすいデザイン(課題あり)
  • リンクの追加方法が多種多様
  • ファンクラブは有名人じゃないと難しい

1つずつ、詳しく解説します。

①:シンプルで見やすいデザイン

何といっても「シンプルで見やすいデザイン」がいいなと感じました。

くどさが一切なく見る側にストレスを与えない、シンプルなボタンリンクの設置だけで余計な機能が一切ありません。

例えば「Twitterでじんとさんを知ったけど、インスタやYoutube、ブログも気になる!」といった人が、VIRALさえあればすぐに探すことができます。

一方で「SNSボタンのわかりづらさ」が課題だと感じました。

初めてVIRALの画面を見た人は、どこからSNSに飛べるのか戸惑うかもしれません。

VIRALのSNSボタン

普段Webサービスを使い慣れていない人でも「ここを押せば、この人のSNSに飛べる」と一目でわかるようにするとよりよくなるでしょう。

②:リンクの追加方法が多種多様

2つ目は「リンクの追加方法が多種多様」なことです。

VIRALでは、通常のテキストリンク以外に、以下のようなリンクを作れます。

  • Youtube埋め込みリンク
  • Instagram埋め込みリンク
  • Twitch埋め込みリンク
  • TikTok埋め込みリンク
  • 画像・アイコンリンク(正方形、横長、3つ並べ)

YoutubeやInstagram、TikTokで活動されている方は、実際の投稿や商品の画像を埋め込むことができて便利です。

また、イラストレーターやハンドメイド作家の人は、商品の画像とを押すとリンクに飛べるようになるので売上にもつながるかもしれません。

一方で、SNSのリンク作成時に「アイコンのみ」の表示だとわかりづらいと感じました。

VIRALのSNSリンク追加画面

実際、ぼくも3分の1以上わかりませんでした……(笑)

アイコンの横に「どのSNSのリンクなのか」がすぐにわかれば、初めて登録した人でもスムーズに進められるでしょう。

③:ファンクラブは有名人じゃないと難しい

3つ目は「ファンクラブは有名人じゃないと難しい」ことです。

ぼくが難しいと考えた理由は、以下の2つ。

  • 応援金額を変更できない(無料 or 500円 or 1000円)
  • ファンクラブの特典などを説明する場所がない

有名人であれば、「この人を応援したい!」といって活動費を支援する環境をVIRAL上で管理できます。

一種のクラウドファンディングのようなものですね。

しかし、プロフィール上では「ファンになる」としか表示されません。
(金額表記もなし)

知名度が低かったり、コアなファンがいなかったりする人には敷居が高いでしょう。

活動費が欲しい理由を書いたり、有料のファンクラブになったときにどんな特典があるのかを書いたりできる場所があればいいな、と思います( ˘ω˘ )

VIRALの体験談からわかった、おすすめの人そうでない人

VIRALの体験談からわかった、おすすめの人そうでない人

最後に、VIRALの体験談からわかった、おすすめの人とそうでない人を紹介します。

おすすめの人

VIRALを使ってみて、以下のような人にはおすすめだと感じました。

  • 複数のブログやSNSを運用している人
  • 画像を使って仕事をもらう人(イラストレーターなど)
  • ある程度、知名度のある人

TwitterやInstagram、Youtube、ブログなどを複数行っている人も多いはず。

活動しているサイトやSNSが一目でわかるようになり、フォロワーや閲覧者を増やせるでしょう。

また、VARALは画像をクリックするとリンクに飛べる機能もあります。

このことから、イラストレーターやハンドメイド作家など「画像を使ったほうが仕事をもらいやすい人」にもおすすめといえますね。

そうでない人

一方で、以下のような人にはおすすめできません。

  • 複数のSNSやブログを運用していない人
  • ファンクラブへの加入だけを目的に登録したい人

このような人は、登録して幸せな気持ちになるのは難しいでしょう。

まとめ:VIRALの体験談を見て、気になったらやってみよう

この記事では、VIRALの体験談に基づいてわかったことや、おすすめの人とそうでない人について解説しました。

ぼくがVIRALを使ってみてわかったことは、以下の3つでした。

  • シンプルで見やすいデザイン(課題あり)
  • リンクの追加方法が多種多様
  • ファンクラブは有名人じゃないと難しい

編集画面のわかりやすさや、画像付きリンクを登録できることは、VIRALならではの魅力でしょう。

一方で、SNSボタンが一見わからないことや、ファンクラブの補足事項を書けないことは課題だと感じました。

とはいえ、複数のSNSやブログを運用している人や、画像を使ったほうが売り上げが伸びる仕事の人にはおすすめしたいサービスです。

1分あれば無料で自分のページを持てますので、気になったら登録してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

▼フリーランスを目指しているあなたには、こちらの記事もおすすめ

関連記事:【暴露】フリーランスはかっこいい?収入や心がけたこと、気をつけたいことを紹介

※この記事は株式会社アフタースクール様の提供でお送りします。