じんとの日常

先行きの見えない不安で悩む、若者たちの気持ちがわかった話

先行きの見えない不安。

今の時代、毎日のように「某ウイルス」のニュースで耳にする。

正直、HSPで一人の時間もほしい自分にとっては、新しい生活様式がそこまで苦痛ではなかった。

在宅フリーランスのほうが、のびのび働けているぐらいだから。

一方で、別の観点で「先行きの見えない不安」を感じ始めている。

そして気づいた。

「これが、先行きの見えない不安で悩む、若者たちの気持ちなのか」と。

筆者の自己紹介

自己紹介

じんと(@jibunpock

先行きの見えない不安を感じたきっかけ

先行きの見えない不安を感じたきっかけは「恋愛・結婚」だった。

元々「うつ病からの社会復帰」として発信してきた「じぶんぽっく」。

先月は月商20万を超え、うつ病からの社会復帰はできたといっても過言ではない。

もちろん、現状に甘んじることなく、成長は続けていきたい。

そして、仕事については

  • ライティングスキルを身につける
  • 記事を書き続ける
  • 仕事仲間と情報交換する

といったことでモチベーションを保てるし、結果が目に見える。

もし仮に倒れたとしても、スキルや経験は自分の財産になるから、何かしら働けますからね。

ただ、プライベートな社会復帰といえる「恋愛・結婚」に関しては別。

  • スキルというものがない(特に真剣交際ほど)
  • いい人と出会える保証はない
  • 情報交換できる場所が限定的

そして、悩んだ時に気づきました。

「某ウイルスによる『先の見えない不安』と一緒だ」と。

先行きの見えない不安とうつ病の増加

そして先行きの見えない不安は「うつ病」のリスクにもなります。

ぼく自身、月1とはいえ、今もうつ病の治療で通院しているのですが

「2020年8月あたりから、いついっても混雑している」

という印象を受けました。

2020年8月と言えば

東京オリンピックも延期が決まり

終息するかと思ったら第2波が到来し

自粛生活に戻ってしまう。

そんなタイミングでしょう。

  • 旅行やイベントに行けない
  • 離れて暮らす家族や友人に会えない
  • 仕事は普段通りなうえ、解雇されるかも

先行きの見えない不安というものは、強烈なストレスを生み。

人と話したり触れ合ったりできないことでストレスを抱え込み。

ある日突然、キャパオーバーしてしまう。

限界に達する前に、若者が路上飲みするのも無理はありません。

(マスク会食などルールを守っていない人は別)

▼若者のせいなのかどうかについて考えました。

関連記事:最近の若者はおかしい?ルールの中にも変えたいものと違うものがある

先行きの見えない不安を乗り越えたい

先行きの見えない不安を乗り越えたい
※画像は2017年撮影

先行きの見えない不安は、とてもつらいもの。

それを今回感じました。

「じぶんぽっく」をいつも読んでくださっている方ならお気づきでしょうが

1か月おきに「新たな悩み」に直面しています。

2月はうつの再発

3月はブログとライターの案件被り

4月は自分が何を求められているのか。

すべて自力だったり、仲間との会話やアドバイスだったりで、なんとか解決してきました。

今回の先行きの見えない不安と、「プライベート面で」うつ病からの社会復帰はまだまだ時間を要しそうです。

今月の悩みも、何かヒントがあればまた更新したいと思います。

続く。

▼悩みを聞いてほしい人へ、ぼくが相談にのります。

関連記事:悩みがある人へ。オンライン相談、文面でのやり取りも承ります!