20代の生き方

職場の飲み会に行きたくない!理由と飲みニケーション問題を解説

「職場の飲み会に行きたくない!」と考えたことがある方も多いのではないでしょうか。

「楽しい!」ってときもあるけど、「めんどくさい……」と感じることもありますよね。

そんな職場の飲み会には問題点がたくさんあり、つらい思いをしている人が多いのも事実です。

ぼくもかつて会社の飲み会に積極的でした。

しかし、年数が経つにつれて違和感も同時に感じ始めます。

本記事では、経験談を交えながら「職場の飲み会」について考察します。

結論から言うと、職場の飲み会で悩んでいるあなたが、おかしいわけではありません!

職場の飲み会に行きたくないのは正常なのか?

結論から言うと、正常です。

リクルートライフスタイルのHP(引用参照)には、下記のように記載されています。

忘新年会や歓送迎会など職場の飲み会のイメージと参加実態をアンケート調査し、全体(非就業者も含む)に職場の飲み会のイメージを聞いた。

ポジティブなイメージとしては「普段会話しない人と会話できる」が最多の37.8%、逆にネガティブなイメージとしては「気を遣い、くつろげない」が最多の38.7%を獲得した。

ポジティブなイメージの2位は「職場の雰囲気が良くなる(30.0%)」、3位は「上司、同僚、部下の人物理解が進む(27.9%)」が続く。

ネガティブなイメージでは「かえってストレスがたまる(28.9%)」、「プライベートな時間が削られる(25.2%)」が2位・3位に続いた。

男性50代・60代ではネガティブイメージの数値が比較的低めで、逆に女性20代・30代では、ネガティブイメージの数値が高めに出ている。

引用元:
職場の飲み会に対する期待と参加実態を調査 | リクルートライフスタイル

会社の飲み会に対してポジティブな意見、ネガティブな意見ともに出ていることがわかるでしょう。

しかし、若い世代ほどネガティブなイメージが強い傾向があります。

特に20代、30代の女性に多く、

回答者のなんと半数以上が「気を遣い、くつろげない」と回答しています。

職場の飲み会に行きたくない理由

職場の飲み会に行きたくない理由は、以下の3つのどれかではないでしょうか。

職場の飲み会に行きたくない理由
  • 目上の人に気を遣う
  • 仕事、もしくは家庭の愚痴が多い
  • 好感度が下がり、仕事に影響が出ることもある

理由①:目上の人に気を遣う

まず、「目上の人に気を遣う」こと。

上司が飲み会のルールやマナーにうるさい人だと、部下は当然気を遣いますよね。

しかし、気を遣うことは改善傾向の職場も多いです。

例えば知人の会社では、お酌に気を遣わないよう「飲み会の会場で瓶ビールのあるところは禁止」というルールが設けられています。

とはいえ体育会系の社風の会社を筆頭に、

新人は宴会芸などの出し物を恒例行事として、当たり前のように引き継いでいるところも多いでしょう。

かく言う私も新人の時「サンシャイン池崎」のモノマネをし、1年目の反省を叫びましたからね(゚Д゚;)

理由②:仕事、もしくは家庭の愚痴が多い

会社の飲み会の風物詩といっても過言ではない「愚痴」

取引先や同僚、さらには家庭の愚痴まで飛び出すことも。

愚痴は右から左に受けながせば問題ないですが、愚痴がひどくなった場合、次のことが問題になります。

理由③:好感度が下がり、仕事に影響が出る

飲み会と好感度の関係性が地味に厄介です。

社風や職場の雰囲気次第では、飲み会に行かなかっただけで「ノリ悪いな」と言われるケースもありますよね。

最悪の場合「大人のいじめ」に発展します。

加えて、昨今ニュースで問題になっている『接待』を兼ねている場合、尚更タチが悪いです。

高い飲み代あるいは入場料にただでさえ安い給料を消費するため、金銭的余裕がなくなります。

そしてお金に余裕がなくなることで、さらにストレスが溜まるでしょう。

職場の飲み会に行きたくない!と感じる仕事への悪影響

職場の飲み会に行きたくないと感じていても「行かなければならない」と感じることもありますよね。

義務感による圧力は、仕事に悪影響を及ぼします。

しかし、実はかつて1度だけ有意義だった「職場の飲み会」を経験したことがありますので紹介します。

仕事にもたらす悪影響

職場の飲み会が仕事にもたらす悪影響は2つあります。

  • 平日の飲み会の場合、翌日のパフォーマンスが落ちる
  • 飲み会で何かしらで嫌われた場合、仕事に影響を及ぼす

特に2つ目が問題で、「仕事に関係のないところで仕事に悪影響」がおこります。

特に接待の場合だと、嫌なことでも頭下げ、従う必要がありますよね。

ぼくも実は、接待をめぐって上司と対立しました。

具体的には、接待の場で喧嘩→説教になり課内での孤立が始まったのです。

帰りの車でも「〇〇(同僚)はおもんない、お前も〇〇みたいになりたい?」と散々に言われました。

その日朝の4時に帰宅ましたが、一睡もできなかったことを今でも鮮明に覚えています。

その後、元々のパワハラもあり(説教した人とは別)、適応障害を患いました。

ネガティブなことばかり書きましたが、実は会社の飲み会で唯一2次会含め有意義と感じた飲み会があります。

今から紹介するような「職場の飲み会」は、開いて損はないです。

唯一、有意義だった職場の飲み会

唯一有意義だった職場の飲み会は「採用業務の決起集会」です。

同じ大学のOBで採用チームを組んでいましたが、事業所が違ったりで接点がありませんでした。

また、前年度は失敗し課題だらけでしたので、決起集会を開こうと企画します。

もちろん愚痴も0ではありませんでしたが、

  • メンバーのことを深く知る
  • 今後よりよくするためにはどうしたらいいか話し合う
  • 今年度の具体的な方針についてアイデアを出す

といった、生産性があり、未来に向かった話が大半でした。

有意義な会社の飲み会だったら楽しいし、希望も持てますよね。

まさに理想の「飲み二ケーション」。

後者のケースもあるとは思いますが、冒頭のデータからも残念ながらまだまだ前者が多いのではないでしょうか。

もし飲み会でのトラブルで仕事に支障をきたした場合、行動を起こしましょう。

ぼくみたいに、メンタル壊してからでは遅いですから。

職場の飲み会に行きたくないと感じたときの行動

行動①:異動願いを出す

意外なものが1つ目にきたかもと思われるかもしれないが、まずは社内で異動願いを出すことを検討しましょう。

意外と部署によって風土が異なる場合もありますので、状況が改善されることも。

しかし、部署異動しても解決しなかったケースも多いですし、そもそも異動させてもらえないこともあります。

解決しない場合は「社風」と性格のミスマッチが問題ですので②、③を検討しましょう。

行動②:転職する

次に思い浮かぶのが「転職」でしょう。

飲み会のことを気にせず、仕事に集中できるケースも多いのではないでしょうか。

また、「転職活動=転職しないといけない」ではないので、他の会社をみて「案外うちの会社マシかも」と気づけるのも1つの収穫です。

そして、転職をする際は『先生』である転職エージェントを使うことをおすすめします。

運転免許を取るときに横乗りする「教官」のようなイメージです。

ぼくも2020年に転職活動をし、20社以上お世話になりました。

その中でもおすすめ5選を紹介したので、参考になれば幸いです。

関連記事:【2021年版】20代におすすめの転職エージェント5選を20代男子が紹介

行動③:個人で稼ぐ

ステイホームが主流となった今、在宅勤務や副業を始める方も多いのではないでしょうか?

個人でやっていくというのも1つの立派な手段です。

昨今ではデザイナーやYoutuberなど、資格や特技・趣味を生かしてできる仕事も増えてきました。

CMでおなじみの「ココナラ」はかなり幅広い範囲の案件を出すことができます。

どのような案件があるのか、1度見てみてはいかがでしょうか。

>> くわしくみる

職場の飲み会に行きたくないと感じるのは、おかしくない!

職場 飲み会 行きたくない 理由 飲みニケーション

本記事では、職場の飲み会に行きたくない理由と、職場の飲み会に対する懸念点を紹介しました。

会社の飲み会が楽しい、辛い様々な思いがあるでしょう。

特に若手の方は辛い方が多いかと思います。

飲み会を生かすも殺すも自分次第。

せっかくなら有意義で楽しいと思える飲み会にしたいですよね!

会社の飲み会で不利益を被る若者が減ってほしい、そう私は願います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

ではでは、今日も皆さま生きててえらい!

ABOUT ME
じんと(迅斗)
〔悩みを前向きにする「きっかけ」づくり〕l大手企業3年目でうつ病を患い転職活動で250社落ちるも、Webライターとブログのフリーランスで復活lWebライターだけで月商10万円を突破し、ブログは「じぶんぽっく」含め5つ運営と多岐に渡って活動中l愛称は「うつのちライター」lうつ抜け配達パートナーとして、ウーバーイーツ配達員もやってます。
コチラの記事も人気です!