運営者の後藤 迅斗(じんと)って何者? >>

ダブルバインドする人の心理とは?パワハラを受けた経験者がかわし方も紹介

記事内に広告を含みます。
ダブルバインドする人の心理とは?パワハラを受けた経験者がかわし方も紹介
  • ダブルバインドする人の心理が気になる
  • パワハラ上司がこれなんだけど、どうやってかわせばいいの?

ダブルバインドを受けると「どうしたらいいのかわからない……」と悩みますよね。

特に良くあるのが、以下のようなものではないでしょうか?

上司「わからないことはどんどん聞いてね」

→わからないことを上司に確認

→上司「それくらい自分で考えろ!」

→自分で考えてやってみた結果、失敗

→上司「なんで聞かなかった?」

結論から言いますと、こうしたダブルバインドする人の心理には以下のものがあります。

  • 自信がない
  • 感情のコントロールが苦手
  • 権力へのこだわりが強い

実際、僕の新卒時代のパワハラ上司がまさに「ダブルバインドする人」でした。

「自分で考えろ」と「なんで聞かなかった」が延々と繰り返され、自己肯定感は地の底。

その結果、社会人3年目にうつ病で休職し、1年近く働けませんでした。

あなたに、僕と同じ苦しみを味わってほしくない。

そう思って、以下の5つのかわし方を紹介します。

  • 相手を観察する
  • 前提条件を確認する
  • 言い返してみる
  • 第三者に相談する
  • 転職活動をする

この記事を最後まで読むと、今より少し気持ちが軽くなりますよ!

悩みを話せなくて困っているあなた、1度ぼくに話してみませんか?

  • 主に「うつ病からの社会復帰」や「今の仕事でいいのか?」といった悩みを解決
  • これまで100人以上の悩みを解決し、94.1%の方が満足
  • 「メンタル心理カウンセラー」資格保持

\そのモヤモヤ、スッキリに変えます/

この記事を書いた人

大手メーカー(機械設計・新卒採用)→ うつ病 → 復活4年目┊X(Twitter):フォロワー1.1万人┊メンタル心理カウンセラー資格保持┊オンライン相談で120人以上の悩みを解決┊「Abema Prime」「newsランナー」他出演┊さらに詳しい自己紹介

目次

ダブルバインドする人の心理

ダブルバインドする人の心理

ダブルバインドする人の心理は、主に以下の3つです。

  • 自信がない
  • 感情のコントロールが苦手
  • 権力へのこだわりが強い

自信がない

ダブルバインドする人の多くは、自信がありません。

  • 部下の意見を従いたくない
  • 部下がうまくいっているのを見たくない
  • 自分の指示が間違っていたのを認めたくない

こうしたことから、自分の指示をコロコロ変えて正当化しようとします。

自分が無価値の人間だと思いたくない、一種の防衛行動だといえますね。

▼部下の行動を細かくチェックする「マイクロマネジメント上司」も同じです

感情のコントロールが苦手

ダブルバインドをする人は、感情のコントロールが苦手です。

特に、劣等感など「マイナスの感情」をうまく処理できない傾向にあります。

そのため、自分が劣等感を抱く人や反撃しなさそうな人対して、ダブルバインドで混乱させて攻撃。

自分が頑張るのではなく、相手をメンタルダウンさせる「不戦勝」を狙おうとします。

じんと

元上司も、僕に対して学歴コンプレックスを抱いてました。

権力へのこだわりが強い

ダブルバインドをする人は、権力に対するこだわりが強いです。

「上司や先輩の言うことは絶対」という環境で育ってきたのもあるでしょう。

苦しい思いをされたのかもしれません。

このとき、「自分が苦しい思いをしたから、部下に同じ思いをさせないようにしよう」と感じる人が多いものです。

しかし、ダブルバインドする人の場合は「自分が楽になるために、部下に同じことをしよう」と思います。

こうして「上」と「下」の関係ができ、権力を使って服従を求めようとするのです。

じんと

ダブルバインドする人が気分屋だと、なお悲惨なことに……

ダブルバインドする人に対するかわし方

ダブルバインドする人に対するかわし方

ここまで紹介したダブルバインドですが、かわし方を知れば気持ちが楽になります。

以下の5つについて、この章で詳しく紹介しますね。

  • 相手を観察する
  • 前提条件を確認する
  • 言い返してみる
  • 第三者に相談する
  • 転職活動をする

相手を観察する

ダブルバインドする相手の言動を、第三者になったつもりで観察しましょう。

例えば、「自分で考えろ」と言われてひとりでこなして失敗し、「なんで聞かなかった?」と言ったとします。

これには、以下のケースがあるのではないでしょうか。

  • 身の安全につながるようなミスだから、早めに相談してほしかった
  • 「自分で考えろ」にも限度があるだろ
  • 聞いてくれたら、めんどくさいことにならなくて済んだのに
    (「自分で考えろ」と言ったのを覚えていない)

1つ目のケースだとしたら、「注意されるのもやむを得ないな」と感じるでしょう。

けれど、2つ目や3つ目のケースだとわかれば、モヤモヤするのではないでしょうか。

そして、2つ目や3つ目のケースだとわかったら「自分が無能だから悪いんだ……」と責めないでくださいね。

じんと

自分責めが重なると、僕みたいにうつ病に……

前提条件を確認する

前提条件を確認することで、ダブルバインドを抑えることができます。

具体的には、以下のようなイメージです。

以前、わからないことは質問するようにおっしゃっていたので、自己判断で進めるよりお聞きしたほうがいいかと思いまして……

このとき「そういえば俺、前に『わからないことは聞いてね』と言ったな」と気づいてくれるかもしれません。

1度でもダブルバインドをされた経験がある人は、ぜひやってみてください。

それでも状況が変わらない場合は、3つ目以降の行動をとりましょう。

言い返してみる

ダブルバインドが何回も続いたときは、言い返してみるのもおすすめです。

というのも、ダブルバインドをする人は「何回やっても、この人なら折れてくれると思っているから。

単に論破するだけでなく、「どの段階で聞けばいいのか?」などの「基準」の話し合いを提案しましょう。

提案するときの例

以前、〇〇さんが「わからないことは質問して」とおっしゃっておりましたため、このような状況に私は困惑しております。手戻りなく仕事を進めたいので、どの段階で質問すればいいのかご相談したいです。

じんと

僕も言い返してたら変わってたのかもしれません。

とはいえ、このような回答が返ってくるケースも多いでしょう。

えらい人

そんなの知るか!だからお前はダメなんだ!

このようなときは、次以降の行動をとりましょう。

第三者に相談する

ダブルバインドを受けていることについて、第三者に相談しましょう。

  • 上司の上司や同僚
  • 家族、恋人
  • 会社以外で仲良い友人

誰かに話すだけでも気持ちが軽くなりますし、上司であれば配置換えや異動を考えてくれるかもしれません。

ずっとひとりで抱え込んでますますしんどい思いをする前に、勇気を出して話してくださいね。

じんと

「じんとのオンライン相談」にて、ダブルバインドを経験した僕が話を聞くこともできます!

転職活動をする

ここまでのかわし方をやったけど、以下のようになることもあるかもしれません。

  • 上司の上司に相談したけど、配置換えや異動がなかった
  • 社内で仲良い人がおらず、いじめのターゲットにもされた
  • 微熱や胃腸炎で休むことが増えた

このようなときは、今の会社を離れることをおすすめします。

今の会社に居続けて状況は悪化し、うつ病や適応障害で休職だけは避けたいですからね。

そして、もし「転職活動しよう」と思ったのであれば、「転職エージェント」を使うのがおすすめ。

おすすめの理由
  • 転職サイトには掲載されていない求人(非公開求人)を紹介してもらえる
  • 書類の添削や面接対策などのサポートを受けられる
  • 年収や入社日などの条件交渉も、あなたの代わりに行なってくれる

転職が成功しやすくなるのはもちろん、かける時間を大幅に減らすことができますよ!

数多くある転職エージェントサービスのなかでも、僕が特におすすめしたいのは以下の3社。

サービス名ポイント
マイナビ
エージェント
20代・30代の
転職支援が得意
求人やサポートの
質の高さが定評
タイズ関西メーカーの
転職支援に特化。
サポートの手厚さが◎
第二新卒
AGENTneo
20代に特化したサービス。
1人あたり平均8時間の
親身なサポートが魅力!
サービス名ポイント
マイナビ
エージェント
20代・30代の
転職支援が得意
求人やサポートの
質の高さが定評
タイズ関西メーカーの
転職支援に特化。
サポートの手厚さが◎
第二新卒
AGENTneo
20代に特化したサービス。
1人あたり平均8時間の
親身なサポートが魅力!

下の記事でさらに詳しく紹介していますので、ぜひ読んでみてくださいね!

まとめ:ダブルバインドする人の心理を知ってうまくかわそう

まとめ:ダブルバインドする人の心理を知ってうまくかわそう

この記事では、ダブルバインドする人の心理とかわし方を紹介しました。

この記事のまとめ

ダブルバインドする人の心理

  • 自信がない
  • 感情のコントロールが苦手
  • 権力へのこだわりが強い

ダブルバインドする人のかわし方

  • 相手を観察する
  • 前提条件を確認する
  • 言い返してみる
  • 第三者に相談する
  • 転職活動をする

ダブルバインドされると本当にしんどいですが、観察してみると「理不尽なだけ」ということも多いです。

まずは観察してみるところから始めて、あなたの身を守りましょう。

とはいえ、以下のように悩む人もいるでしょう。

  • 会社でもそれ以外でも話せる人がいない
  • 自分が無能なだけではないかと思ってしまう
  • 転職したほうがいいのか悩んでいる

そんなあなたにおすすめしたいのが、僕が提供するサービス「じんとのオンライン相談」です。

おすすめポイント
  • 50分間かけて、じっくり話を聞いてもらえる
  • 「転職」や「自分の強み発見」を筆頭に、120人以上の悩みを解決
  • 経験談に基づいたアドバイスが好評

利用いただいた方の口コミや申し込み方法などについては、公式ページをのぞいてみてくださいね!

\そのモヤモヤ、スッキリに変えます/

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ではでは、今日も生きててえらい!

関連記事:【保存版】仕事で心が壊れる前に読みたい!取るべき行動完全ガイド

関連記事:パワハラする人に共通した特徴とは?彼らから身を守る方法を解説

ダブルバインドする人の心理とは?パワハラを受けた経験者がかわし方も紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次