じんとの日常

地方移住したい理由を考えたら、1つの原因に行きついた話

ぼくは、今年に入ってから「地方移住したい」と定期的に言っている。

まず、最初に断っておくと

「流行りに乗りたいから」

ではない。

今のご時世で『地方でリモートワークでのんびり』という暮らし方に憧れる人が増えたとは聞くけど、のんびりしたいわけじゃないし。

今の場所じゃダメなの?

一人で住むなら、今住んでる場所から車で数10分のところでいいんじゃないの?

いやいや、それじゃ意味がない。

じゃあなんで?

何度も考えた。
何日も考えた。
風呂場でも、便座の上でも考えた。

そして、行きついた1つの答え。

それは……

好きなことを犠牲にせずに、過去の自分とサヨナラするための、1番良い方法だったんだと。

ヒントは「仕事」から得た

実は、地方移住に行きついた考え方は「仕事」がきっかけ。

これまで「じぶんぽっく」を読んでくれてた人は知ってると思うけど、社会人3年目でうつ病を患った過去がある。

パワハラとか仕事に興味が持てない葛藤とか色々あったけど、1番は「社風(会社の雰囲気)と性格の不一致」。

例えるなら、「1人で過ごすのが好きな人が、渋谷のハロウィンに行く」という状況が週に5日といった感じ。

このことに関しては、29年間表に出せなかった「ウェイ系コンプレックス」について全部言おうと思うで詳しく解説したので、気になる方はぜひ。

そんなぼくやけど、Webライターとブログを筆頭としたフリーランスになって、自分らしさを取り戻した。

大きな案件も増えてきたし、任されることも増えてすごくやりがいを感じて働けてる。

何より、ここまでハマるとは思わなかったから、自分でも驚いてる。

この1年で、仕事に対する考え方が大きく変わり、状況が良くなったのは「以前いた会社を辞める」という決断ができたこと。

うつ病を患って、転職で250社落とされたからとはいえね。

マイナスの引力が強い「前の会社」を、自分で『決別』できたからこそ、今があるんだと思う。

もう1つ「必要な決別」がある

しかし、ぼくにはもう1つ「必要な決別」があった。

それは「プライベート」。

正確に言うと「毒親との関係」だ。

  • 親には感謝しなさい
  • 家族は大切にしなさい

こういうことを言う人の気持ちは、わからなくもない。

ただ、自分にできるかと言われたら、正直無理。

どれくらいかというと

子供の泣き声を街中で聞くと、なぜか涙腺がゆるくなる

というくらい。

これは「子どもが嫌いだから」とかじゃない。

自分のことを思い出して、その子が虐待されていないか心配になってしまうから。

ぼくの実家は、ざっくり言うとこんな感じ。

  • W不倫
  • 父:典型的なモラハラ
  • 母:アルコール依存
  • 成績でしか評価しない
  • 恋愛至上主義

そして、先ほど触れた「ウェイ系コンプレックス」にもつながる「恋愛至上主義」で。

  • フラれてばかりのくせに
  • 俺の子なのになんで彼女がいないの?
  • 私の子なのにまだ結婚しないの?

こんな感じのことを、実家にいたときたびたび言われる。

こうした過去の背景もあって「愛着障害(常に心のどこかに寂しさを抱えている状態)」というのがあった。

▼愛着障害の詳しい説明はこちら

関連記事:【ぴえん】愛着障害は寂しいし恋愛依存になりがち!特徴と乗り越え方を解説

そんな愛着障害を乗り越えるには「没頭」が大事ですが……。

仕事をしている時は忘れるし、
友達と遊んでいる時も忘れるし、
趣味に打ち込んでいる時も忘れる。

けど、寝る前のふとした時に、人肌恋しくなる。

急に寂しがり屋が発動してしまう。

さらにややこしいのが「自分の恋愛パターン」で。

  • 自分:ウェイ系でも硬派でもない、中間層が好み
  • 相手:ウェイ系で押しの強い男性が好み

といったように「婚活市場」のような一方通行が続いている。

明らかにパリピな人はそもそも話す機会ないし。

硬派な人も話が盛り上がらないことが多い。
(もちろん、人によりますが)

言葉にうまくできないけど。

中間層が1番話が合うし、見た目も中身も好み。

ただ、中間層は「ウェイ系の男性」が好き。

そして彼らは押しが強いから、横取りされてしまう。

大学生の時から数えると、何回あったっけか。

そのたびに、自分の両親を思い出す。

見知らぬ異性を車に乗せている、瞬間を見たあの日を。

そんなこんなで、長い間悩んできた「愛に飢えている状態」の原因が、ここ数日でやっとわかった。

そして、この問題を解決するための糸口は、仕事と同じ「決別」。

ただ、趣味であるクルマを維持するには、東京は高すぎる。

道も混んでるし、昼間に気持ちよくドライブできる場所も少ない。

じゃあどうする?

地方都市だ。

といっても山の中の古民家とかではない。

昔住んでた、香川県高松市のようなイメージ。

今の家に住む直前に住んでた、奈良県大和高田市もちょうどよかったな。

ただ、関西出てみたい気もするから、奈良県はいいや。

今住んでる親族の家も実家とそこそこ近いし、たまに実家から電話かかってくる。

遠いようで、ちょっと近いね。

だからこそ、過去のトラウマを捨てるためには、毒親と物理的距離をとる「決別」が必要なんだと思う。

何かのしがらみに悩む人へ

今、何かのしがらみに悩んでいる人も多いと思う。

ある人は、会社や上司。
ある人は、モラハラパートナー。

口では言えない何か、という人もいるだろう。
外出自粛や営業自粛も、ある意味しがらみかもね。

すごく気持ちはわかる。

次の会社は見つかるのか。
次のパートナーは見つかるのか。

不安になるよね。

ぼくもそうだった。

会社を辞めると決めたとき、当時の愛車を手放さないといけないのかなと不安になった。

実際、数か月後に手放したんだけど。

ただ、1年が経って分かった。

何年も悩むしがらみがあるなら、「決別」してみてもいいんじゃないかって。

ここまで違う景色が見えるものだとは、想像もしなかった。

ぜひ、同じ気持ちよさを味わってみてほしい。

そう思ってこの記事を書きました。

ぼくも、毒親との決別ができるように頑張るから。

お金の問題ややりたいこともあって、すぐにはできないけれど。

軌道に乗ってきた仕事をさらに乗せて、1年後には決別したい。

そのために、きょうもはたらこう。

みんなも、生きててえらい。

P.S 共感してくださった方はSNSでシェアいただけると、とても励みになります。