じんとの日常

28年の中で最も激動だった2020年。コロナに泣かされ、コロナで笑う

久々に日記に近いブログを書くなぁ。懐かしい。

2020年は、ほんっっっとうに激動の1年でした!

よくも悪くも、コロナの影響を受けた1年。

ぼくも例外なく影響を受け「コロナに泣かされ、コロナで笑う」という年です。

まさか、自分がうつ病をきっかけにフリーランスになるとは去年の今頃は思いもしませんでしたし、

趣味の車で、主催のオフ会を開くとも予想していなかったです。

本記事では2020年の振り返り、2021年の意気込みをつづります。

2020年、コロナに泣かされたできごと

2020年、コロナに泣かされたできごとで最も大きいのは「転職」でした。

そもそも、2020年の正月に〇のうとしていました。

詳しくは以下の記事をご覧くださいませ(当時の文章をあえてそのまま残しています)。

関連記事:【鬱病闘病】正月に自〇未遂した時の話【閲覧注意】

そこから、危険物取扱者の資格とボカロPをしながらリハビリ。

いつでも転職できるように、療養に専念しました。

しかし、2020年4月に転職活動を始めた頃には、すでに「コロナ不況」が始まっていました。

ただでさえ「うつ病」というだけでハンディギャップがあるのに、コロナで求人倍率が急上昇。

最終的には250社受けて1社も受かりませんでした(以下の転職活動記を書いています)。

関連記事:【うつ病20代の転職活動#1】コロナ不況が本格化する前から始めてたけど、時すでに遅しでした

しかし、コロナで泣かされた転職250社落ちも、今思えば「いいもの」でした。

なぜなら「フリーランスとして生きていく道が見えた」から。

何気ないきっかけでWebライターを始め、適性があったことに気づけたのも、コロナがあったから。

ブログは、16~20歳までほぼ毎日書いてましたしね。

転職してうつ病再発しないように、神様が導いてくれたのかもしれません。

(実は転職活動前に、安井金毘羅宮にお祈りに行きました。)

余談ですが、転職で苦しんで、あのタイミングでフリーランスとして生きていく決意をしなければ、彼女と出会えなかったと思います。

2020年、コロナで笑ったできごと

2020年、コロナで笑ったできごとは数えきれません。

ひとつ言えることは「人の温かみを感じた」ことです。

  • 前の会社から、復職を迫られて悩んだとき
  • ネットストーカーにボコボコにされたとき
  • フリーランスになる踏ん切りがつかなかったとき
  • 昔好きだった人が、セ〇レ病だと知ったとき
  • 車を手放す決意を、泣く泣くしたとき

支えてくれたのは、周りにいてくれた人たちでした。

そして主催のオフ会も、周りの支えもあってなんとか形にできたことに感謝です。

今度は、自分が誰かを助ける番です。

主催オフ会「SOMT高雄」の様子です

2021年は飛躍の年にしたい

フリーランス4カ月目から始まる2021年は、飛躍の年にしたいです。

今現在考えている、2021年はこんな感じ。

じんと、2021年の意気込み
  • ブログを2つ新規作成(1つは外注予定)
  • ブログで6桁収益
  • Twitterで10000フォロワー
  • 出張で、うつ病からの社会復帰について講演
  • Webライターで月20万売上
  • 来年の6月までに新しい車を購入(現金一括)
  • 年収を前の会社並み(450万)にし、結婚資金を貯める

数字をつらつら書いてはいますが、数字以上に大事なのは

うつ病やパワハラに苦しむ20代を、ひとりでも生き様で救う

ということです。

今「じぶんぽっく」を知らない人にブログを知ってもらい、希望を届けるためにも、日々精進していきます。

そして、2020年はコロナの影響もあっていけなかった、フリーランスや個人事業主のオフ会や交流会にも顔を出したいです。

一緒にお仕事をできること、とかあれば最高!!

そんなこんなで、2021年もよろしくお願いします!

よいお年を、お過ごしください( ˘ω˘ )

ABOUT ME
じんと(迅斗)
〔悩みを前向きにする「きっかけ」づくり〕l大手企業3年目でうつ病を患い転職活動で250社落ちるも、Webライターとブログのフリーランスで復活lWebライターだけで月商10万円を突破し、ブログは「じぶんぽっく」含め5つ運営と多岐に渡って活動中l愛称は「うつのちライター」lうつ抜け配達パートナーとして、ウーバーイーツ配達員もやってます。
コチラの記事も人気です!