働き方改革

報連相のタイミングはいつ?報連相で嫌味を言う上司の対処法も

報連相を研修で習って大事なことは分かるけど、上司は忙しそうだし嫌味も言うし、タイミングがわからない……。

というふうに、報連相のタイミングに悩む方も多いのではないでしょうか。

私も新卒で入った会社にいたときに、報連相のタイミングを戸惑ったことは度々ありました。

しかし、報連相のタイミングを間違えると上司によっては嫌味を言うし、最悪の場合パワハラにもなりかねません。

本記事では若手社員向けに報連相のタイミングと、嫌味の言われ方、対処法について紹介します。

報連相のタイミングは「変化があれば」

結論から言いますと、報連相のタイミングは「仕事において変化があったとき」です。

上司の忙しさ度合いによりますが、早いに越したことはないです。

変化があったときといいますと、下記のような感じでしょうか。

  • 報告…仕事の進んだ、問題が起きた
  • 連絡…打ち合わせの結論が出た、取引先から電話があった
  • 相談…ミスが生じた、仕事でわからないことがある

ただし、上司も仕事をしていますので「タイミング」というのが難しいでしょう。

また、理不尽なことに、報連相の間合いが悪ければ、報連相のタイミングについて怒られることもしばしば。

私の経験を踏まえますと「上司が報連相のタイミングについて怒る」ことは「メリットがない」ので、堂々と報連相しましょう。

報連相はミスをしたときほど大事

そもそも、報連相はポジティブな内容よりもネガティブな内容の方が重要

また、タイミングもネガティブなもの、かつ重大なものほど早めにしておくことが大切です。

具体的には

  • お客さんを怒らせてしまった
  • 実験結果で問題があった
  • ファイルが破損していた

といったことです。

これらに共通することは「放置しておくと、後の仕事に問題が及ぶ」こと。

臭い物に蓋をしたい気持ちはとても分かりますが、蓋をしておくと100%と言っていいほど後々さらに重大なトラブルとなりますので、早めに対処しておきましょう。

報連相の内容伝達は「1分で抑える」

とはいえ、上司も仕事をしています。

優しい上でしたら最後まで話を聞いてくださりますが、気難しかったりせっかちだったりすると、途中で「結局何が言いたいねん」と言われるでしょう。

報連相で大事なことは「1分で抑える」こと。

基本的な流れとしては

結論→理由・根拠→お願い・質問

とシンプルにいきましょう(内容によっては2つ目、3つ目は省略可)。

さらに根拠などを深堀されたら、聞かれたときに答えればヨシ!

余計なことを言うと、上司がイライラしてしまうことも多いので、必要以上に情報を出し過ぎないことが、報連相を行うコツだと私は考えます(`・ω・´)

報連相の中で最も大切なのは「相談」

報連相の中で、最も大切なことは「相談」です。

相談が大切な理由は「無駄な時間を減らすため」

特に若手のうちはわからないことが多いのが当たり前なので、早めに相談しておくことが大切。

(たまに「俺の背中を見て学べ」タイプの上司もいますが、例外なくパワハラ気質です……)

相談をしなかったことでさらなるトラブルに繋がったり、わからないまま業務を進め、やり直しになったりすることもあります。

相談をすることで、スムーズにストレスを減らしながら仕事を進めることができます。

ただ、全く考えずに相談すると「指示待ち人間」と評価される可能性も。

そのため、相談するときは「5分考えてわからなければ相談」などのマイルールを定めておくことをおすすめします( ˘ω˘ )

しかし、私含め報連相で上司ともめたケースも多いです。

そして、報連相のタイミングで怒る上司は、例外なく次で紹介するような言葉を発するでしょう。

報連相のタイミングと上司の嫌味によって悪循環が始まる

私も経験したのですが、報連相のタイミングで上司とトラブルが起こる、よくある事例です。

とある上司の謎発言
  • 早めに相談したとき:もっと考えろ!
  • 考えた結果が間違えていた時:なんで聞かなかった?

私だけかと思っていたのですが、同年代の若手社員で経験している方が驚くほどに多いこと。

何度も同じようなことされますと、若手からしたら「どっちが正しいんや……」となり、報連相をするのが怖くなりますよね。

「とある上司の謎発言」での上司の心理は

  • 早めに相談した時:指示待ち人間になってほしくない
  • 考えた結果が間違えていた時:時間の無駄

ということだと考えます(気まぐれなのは論外w)

しかし、若手にここまで理解させることには無理があるかと。

また、報連相の度に怒られ、報連相が怖くなり、ますます報連相をしなかったことについて責められるという、悪循環に陥ります。

最悪の場合、報連相の悪循環から嫌味を言われたり、パワハラに発展することも。

私はかなり報連相がマメな方だったので、新入社員のときの上司からウザがられていたのかもしれません。

また、当時は私が悪いと自己嫌悪に陥っていました。

しかし、Webライターの仕事を始めてからは、マメな報連相によってお客様から「安心して仕事を任せられる」と言われ、評価されるようになりました。

報連相に関する2つの経験を踏まえて、私は確信します。

「報連相がきっかけでパワハラになるのは、正常ではない」と。

もし報連相がきっかけでパワハラを受けている場合、今から紹介する対処法を堂々と行いましょう。

報連相がきっかけで嫌味を言われたときの対処法

報連相がきっかけでパワハラを受けた場合、以下の2つの対処法が考えられます。

  • 上司の上司に相談する
  • 転職活動をする

対処法①:上司の上司に相談する

1つ目は「上司の上司に相談する」ことです。

特に年功序列が色濃い場合は有効な方法となります。

「上司」も「上司の上司」に逆らうと評価が下げられるなどの問題がありますので、「上司」は改心するでしょう。

ある程度年数が経つと「部下の教育」も評価対象になりますからね。

ただし、上司の上司にも問題があったり、上司の上司が注意しても改善が見込めない場合もあるでしょう。

改善が見込めないときは、もう1つの対処法をおすすめします。

対処法②:転職活動する

2つ目は「転職活動をする」ことです。

改善が見込めずパワハラが続きますと、適応障害やうつ病といった、精神疾患を患うリスクが上がります。

そして悲しいことに、日本では精神疾患に対する理解がないため、転職市場でかなり不利な扱いを受けます。

将来的に変わることを私は強く願いますが、2~3年後に変わることはないでしょう。

そのため、体調を崩してしまう前に、全力で逃げることをおすすめします。

とはいっても「コロナ不況で転職は難しい」と感じるかもしれません。

そんなあなたには、転職エージェントの活用をおすすめします!

転職エージェントを活用すると

  • リクナビNEXTなどの求人サイトに載っていない、非公開求人の紹介がある
  • 無料でキャリアカウンセリングを受けることができる
  • 無料で書類の添削から面接対策まで手厚いサポートを受けられる

といったメリットがあり、求人サイトを使った転職より優位に進めることができますので、転職を少しでも考えている方は是非登録しておきたいところ。

▼転職エージェントについてより詳しく紹介しています。

関連記事 【最新版】20代後半におすすめの転職エージェント5選!2020年に転職活動した20代が紹介

終わりに:報連相のタイミングは早い方がいい!

報連相 タイミング 嫌味を言う上司 転職

本記事では報連相のタイミングから、報連相絡みで嫌味を言われたとき、対処法について紹介しました。

報連相のタイミングは、遅いよりは早い方が絶対いいです。

遅いと確実に怒られますし、周囲に迷惑をかけますが、早すぎて怒られることは少ないため。

また、報連相が「恐怖」に感じている方は、今すぐ2つの対処法を実践しましょう。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ではでは、皆さま今日も生きててえらい!

ABOUT ME
じんと(迅斗)
〔うつ病からの社会復帰を、生き様で発信〕l大手企業3年目でうつ病を患い転職活動で250社落ちるも、Webライターとブログのフリーランスで復活lWebライターだけで月商10万円を突破し、ブログは「じぶんぽっく」含め5つ運営と多岐に渡って活動中l愛称は「うつのちライター」lうつ抜け配達パートナーとして、ウーバーイーツ配達員もやってます。
コチラの記事も人気です!