フリーランス

ブログで稼ぐの意味が、数年前と変わっているという話

ブログで稼ぐの意味が、数年前と変わっているという話

ブログで稼ぐことはできます!!

こんなインフルエンサーの言葉を見た人も多いはず。

Webライターメインとはいえ、1年以上ブログも更新しつづけてきました。
(リライトという、前に書いた記事の書き直しも含む)

そして、たくさんのブロガーさんと出会ってきました。

そんな中、ぼくの経験やブロガー仲間との交流を通じて、気づいたことが1つあります。

「『ブログで稼ぐ』の意味が数年前と変わっている」と。

筆者の自己紹介

自己紹介

じんと(@Jinto_Jibunpock

数年前の「ブログで稼ぐ」は『ブログだけ』

数年前の「ブログで稼ぐ」は『ブログだけ』

数年前のブログで稼ぐは「ブログ単体」でした。

例えば「ブログ飯」という本の作者である染谷さんは、一時期1日に4記事ほど更新してブログで飯を食べれるようになったのだとか。

また、ぼくが大好きなブロガーであるあんちゃさんも、デビューした2017年当初はブログで飯を食っていました。

あんちゃさんについては、【原点】執筆屋あんちゃさんのブログ、まじまじぱーてぃーの魅力を紹介という記事で紹介しているので、気になった方は読んでみてください。

そんな一昔前の「ブログで稼ぐ」の内訳は、以下の3つが多いです。

そんな状況で、なぜ成り立っていたかというと

ライバルが少なく、読まれる環境を作りやすかったから

なんですね。

タピオカが流行る前に「タピオカの店を作って独り勝ち」みたいな。

だから昔は、ブログを更新し続けるだけで、普通の暮らしはできました。
(海外旅行や叙〇苑に行きまくるという贅沢できるかは別)

今は「ブログで稼ぐ=ブログだけ」じゃない

今は「ブログで稼ぐ=ブログだけ」じゃない

一方、2021年で「ブログで稼ぐ」というのは『ブログ単体』だけじゃないです。

1番感じたのは、半年ほど前に、とあるブロガーさんとZoomでお話したこと。

その方は10年ほど前に副業でブログをしていて、去年再開しました。

そんな彼は、再開した瞬間にこのように感じたそうです。

前にやっていた頃と比べるとレベルが上がりすぎて、正直ついていけない。

その方はTwitterの更新も止まってしまい、悲しいかなそのまま活動を辞めてしまいました。

かつてブログを書き続けてきた人が挫折するぐらいですから、よっぽどのことでしょう。

昔と今でここまで状況が変わったのは

  • ブログに関する情報がたくさん出回った
  • 副業解禁やFIRE、在宅勤務によりユーザーが増えた
  • ネット検索よりSNS検索が普及(特に10代、20代)

といったことが原因ではないでしょうか。

じゃあブログは無駄なの?

そう思った人もいるでしょう。

ぼくの答えは「NO」です。

なぜなら、「ブログを通じて、色々な仕事に携われるようになった」から。

  • 記事の執筆(Webライター)
  • 企業サイトのコンサルタント
  • ライティングのコーチング
  • 企業のSNS運用代行
  • 企業への取材

ブログをしていなければ、こんなに仕事を任せてもらえなかったでしょう。

ただし、ブログ一点張りでは厳しいのも現実。

  • SNSでの発信(Twitter・インスタ・TikTokなど)
  • ラジオ・動画での配信
  • 有料コンテンツ販売
  • 後輩ブロガーの指導
  • コミュニティ作成

こういったことを組み合わせながら、活動しなければいけません。

そう考えると、ブログ1本の「ブロガー」ってほんの一握りじゃないかな、と思います。

ブログで稼ぐことの意味が変わったからこそ、あり方を見直したい

ブログで稼ぐことの意味が変わったからこそ、あり方を見直したい

ブログで稼ぐ、のあり方が変わったことに気づいた1年。

一昔前の「ブロガー」には正直憧れます。

好きなことをただ発信して、共感されるだけで飯を食えたから。

「ブロガー戦国時代」とも呼ばれている今となっては、ブログ一本だけでは難しい。

かといって「有益なことだけ書いて稼ぐ」というブログ一本じゃ続けられないし、楽しくない。

ぼくの場合は、正直あまり喜びを感じられない。

長く愛され続けて、面白いと思ってもらえるブログ。

これが1番、書き手も読み手もハッピーになれると思う。

一昔前の「ブログ」の面白さと、今求められる「有益さ」を、うまく融合できたらいいな。

そう思う、秋の夜長でした。

続く。

▼じんとさんの『ブログ葛藤シリーズ』です

関連記事:Webライターとブログの両方をしている人へ。1つの注意点と対策を解説