ウーバーイーツ配達員

ウーバーイーツ(Uber Eats)の報酬引き下げが、ついに全国に!?現役配達パートナーの心の声

ウーバーイーツ(Uber Eats)の報酬引き下げが、一時期話題になりました。

最初は京都・福岡などの一部地域だけでしたが、5月10日からついに全国展開となるフラグが立っています。

ブロガーと同時に、現役のウーバーイーツ配達パートナーでもあるぼくですが、今回の出来事は突然かつ衝撃的です。

ウーバーイーツの1配達パートナーとして。

ウーバーイーツの記事執筆に携わる1人のライターとして。

心の声を、書かせてください。

ウーバーイーツの報酬引き下げがわかった理由

ウーバーイーツの報酬引き下げがわかった理由は、2021年5月5日に届いた、以下のメールでした。

「詳しくはこちら」のボタンを押してみると……。

2021年3月1日より京都市と福岡市、2021年4月12日より神奈川県と沖縄県那覇市 で新しい料金体系と配達情報の詳細の事前提示が開始されます。

引用:Uberヘルプ 獲得予定の配送料とは?

この1文だけではわからないですよね。

しかし、「新しい料金体系」というのは「報酬が減ること」で、

3月頭にTwitterでトレンド入りするなど、問題視されることとなったのです。

ただ、基本料金については、以下のように記載されています。

新しい料金体系では、移動距離だけでなく、配達パートナーが配達に費やす予定の時間も料金に反映されるため、配達ごとに獲得する配送料が変化する可能性があります。そのため配達によって配送料が高くなる場合もあれば低くなる場合もあります。また配達パートナーは獲得予定の配送料と配達に関する詳細情報を事前に確認できるようになるため、配達パートナーは十分な情報を基に配達リクエストを受けるかどうか判断できるようになります。

引用:Uberヘルプ 獲得予定の配送料とは?

かいつまんで説明すると……

  • 渋滞などに巻き込まれて遅れても同じ金額
  • 調理中による待機時間があっても同じ金額

だった今までとは違いますよ!

ということ。

一見ありがたいかもしれません。

しかし、渋滞を避けるなどの工夫をした人ほど損をする仕組みでもあります。

つまり、今回の報酬引き下げで

スムーズに配達できる、ベテラン配達パートナーほど不利

となってしまいます。

ウーバーイーツの報酬引き下げはどれくらい?

そして、ウーバーイーツの報酬引き下げ額は、1配達当たり100円~150円です。

距離や時間によってばらつきはありますが、現時点での配達料は1配達あたり「400円~450円」が相場。

(インセンティブ報酬やチップを除く)

しかし、今回の報酬引き下げでは「1配達当たり300円」となると言われており、大幅に値下げされてしまいます。

そうはいってもイメージがつかない人も多いので、時給で計算してみましょう。

ある程度配達に慣れた人であれば、1時間に3件配達できます。

つまり時給に換算すると

改定前:時給1200円

改定後:時給900円

と大幅ダウン!!

1日8時間働いたとしても、2000円報酬が変わってくるのです!

これはかなり手痛い……。

ウーバーイーツの報酬引き下げから見えた課題

ウーバーイーツの報酬引き下げから見えた課題は「ブラック化の加速」です。

ブラック化は、ウーバーイーツに限った話ではありません。

日本に「ブラック企業」が多いと言われているゆえんでもあります。

具体的には……

頑張っても給料が安い

 +残業代で稼がないと自由に使えるお金がない

→成果が反映されない苛立ち、残業時間を増やすために手を抜く

→同じ量の仕事をだらだらとやる(生産性が落ちる)

労働時間も伸びる

リフレッシュをする時間が減り、生産性が落ちる

→以下、無限ループ

という流れ。

そして、

  • 成果を出しても評価されない
  • 長時間働かないと生活できない
  • 競合他社を見て、給料を極限まで下げる

ということから

「お金がないのに、仕事時間は多い」

つまり「ブラック企業化」するわけです。

また、長時間労働は精神疾患の原因になりやすいです。

かつてうつ病の経験があるのですが、精神疾患で働けない期間というのは本当につらいものです。

精神疾患で長期離職した同僚がでると、残ったメンバーにしわ寄せがきますよね。

つまり、今度は残ったメンバーも体調を崩すリスクが上がってしまうという「負のスパイラル」に陥ることに……。

▼ブラック企業について考察しました

ブラック企業の定義は曖昧?会社が原因で身体を壊した筆者が解説
ブラック企業の定義は曖昧?会社が原因で身体を壊した筆者が解説ブラック企業の定義や特徴が気になる人も多いのではないでしょうか。長時間労働?パワハラが多い?労働基準法違反?実は「どれが正解ともいえず、とても曖昧」です。とはいえ「真のブラック企業」の条件もいくつかあります。会社が原因で身体を壊した筆者が紹介。...

ウーバーイーツの報酬引き下げについて思うこと

ウーバーイーツ 報酬 引き下げ 配達パートナー Uber Eats

本記事では、ウーバーイーツの報酬引き下げについて現役配達パートナーが考察しました。

報酬引き下げの件に関して、正直ウーバーイーツの対応には怒っています。

  • 事前説明が一切なし
  • 急に3割も報酬が下がる

「報酬」というのは人間の生活にかかわってくるからこそ、きちんと事実説明をするべきです。

会社でいう

何の説明もなく、急に今月の給料5万円下がったんですけど!!

というのと同じ。

「配達パートナーが増えすぎて減らしたい!」という意図もあるのでしょうが、

今のままでは真面目に働いている人ほど辞めてしまうのではないでしょうか。

そして、1番迷惑を被るのは「注文者」や「飲食店」。

外出自粛の今、「お店の味を自宅で楽しみたい!」という人がいても

「近くに配達パートナーいません」となれば、注文をやめてしまいます。

ウーバーイーツは「うつ病からの社会復帰」の支えになりましたし

たくさんの関わる人から、励みの言葉をいただきました。

  • いつもありがとう!
  • このお店好きだけどなかなかいけなくて……嬉しい!
  • ウーバーの人、意外と優しいねんで!
  • お兄ちゃん、これでコーヒーでも買っておくれ
  • うつ病からの社会復帰、応援しています!

配達パートナーをしていると、多くの感謝や応援をいただきます。

そのたびに「人から感謝される」という「仕事をする本来の喜び」を得ることができていました。

また、ウーバーイーツの記事執筆も任されており、

ぼくのフリーランス人生、ウーバーイーツの配達パートナーなしでは語れません。

だからこそ、今回一筆書かせていただきました。

ウーバーイーツの1配達パートナーとして。

ウーバーイーツの記事に携わる1人のライターとして。

どうか、届きますように。

▼ウーバーイーツ報酬引き下げの、真相に迫ります。

ウーバーイーツ 新料金 Uber Eats 特徴
【意外!?】ウーバーイーツ(Uber Eats)の新料金はどう?現役配達パートナーが解説 ウーバーイーツ(Uber Eats)の新料金がどうなのか気になりますよね。 結論から言うと、思っているよりはマシです。 ...