ウーバーイーツ配達員

ウーバーイーツ(Uber Eats)のブーストとは?思わぬデメリットも発見した話

ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員にとって、ありがたいインセンティブ制度「ブースト」。

ブーストのある日は1回配達当たりの報酬が増えるので、積極的に狙っていきたいところです。

しかし、ブーストのある日に配達をしたことで、意外なデメリットに気づきました。

本記事ではウーバーイーツのブーストについて解説します。

ウーバーイーツのブーストとは?

ウーバーイーツのブーストとは

ウーバーイーツ運営側で決められた時間に配達すると、報酬がアップする企画

のことを言います。

ウーバーイーツのブースト時の報酬額は

(配達料×ブースト率)ー手数料=報酬

となります。

ウーバーイーツのブーストの倍率

ウーバーイーツのブーストの倍率(以下、ブースト率)は3通りあります。

  • 1.1倍
  • 1.2倍
  • 1.3倍

ブースト率が上がる分、手数料も上がるのでは?と考える方もいるかもしれませんが、

手数料はブーストする前の額(配達料)の1割ですので、ブースト時に手数料が増える、ということはありません。

余談ですが、ブースト率が1.1倍の時

ブーストで上がる額=手数料

となりますので、実質手数料がキャッシュバックされてるようなものです。

そこだけ聞くと、嬉しくないですね(笑)

ウーバーイーツのブーストに関する条件

ウーバーイーツのブーストは地域、時間帯で異なります。

例えば、Aの地域では11:00~14:00までブースト、隣町のBでは14:00から17:00までブーストといった具合です。

そのためブーストで報酬を稼ぐために、14時までAの地域、14時からBの地域で配達するといった人も多いでしょう。

また、ブーストの区切り方が少しややこしいので解説します。

ウーバーイーツのブーストは

  • 配達元の地域
  • 配達員に配達依頼が届いた時間帯

によって適用されるかどうか決まります。

先ほどの例を用いて解説しますと…

ブースト適用がややこしい事例

10時59分にA地域の店から配達依頼が届いた→対象外

11時2分にB地域にいたが、A地域の店から配達依頼→対象

13時55分にA地域から配達が来て、14時15分に完了→対象

1番最初の例は、配達依頼の時間が11時より前なので、11時以降に配達が完了したとしてもブースト適用外となります。

逆に1番最後の例のように、ブースト適用時間内に配達依頼が届き、配達完了がブースト終了後だったとしても、ブーストの対象になります。

ウーバーイーツのブーストを確認する方法

ブーストはクエストと異なり、開催時間が事前に告知されています。

「プロモーション」にて4日後までのスケジュールを確認できますので、ブースト適用の日があるかどうか調べてみましょう。

私の印象では、月曜日にブーストのスケジュールが更新される傾向が強いですので、

平日に稼働される方は月曜日にプロモーションを確認しておきたいところ。

そんなブーストですが、デメリットが2つあります。

配達で気づいた、ウーバーイーツのブーストの意外なデメリット

ウーバーイーツのブーストのデメリットは下記です。

  • 配達回数は減少傾向
  • ブーストはバイク配達の方が自転車配達より多い

デメリット①:配達回数が減る

ブーストでの配達を何度か経験して気づいたことは「配達回数が減る」ことです。

理由としては、ブースト時は単純に配達員の数が増えるため、1人当たりの仕事が減ります。

運が良ければ途切れずに複数回連続して配達し、ブーストの恩恵を受けることができますが、配達回数が減ることにより、逆に報酬が減ることも。

配達回数で報酬を得る「クエスト」達成のために、配達回数を稼ぎたい人は、あえてブースト区域外に行くこともあるそうです。

(僕はやったことないですw)

僕はブースト発動時の配達を3日行いましたが、1日以外は途切れ途切れに配達依頼が来るため、時給は横ばいか、少し下がりました。

デメリット②:バイク配達と自転車配達での頻度差

Twitterで聞いた話にはなりますが、地域によっては「バイク配達にはブーストがあるが、自転車配達にはない」といったことがあります。

特に都心部だと、交通量の多さなどからバイクで配達する人が少ないため、バイクで配達する人を増やすためにブースト回数を増やしているのだとか。

しかし、バイクはガソリン代や税金、維持費がかかります。

配達頻度や配達以外でバイクを使うか使わないかによって、購入するか考えたほうがいいのかな、とは思います( ˘ω˘ )

まとめ

本記事ではウーバーイーツのブーストについて紹介しました。

ブーストは1回あたりの報酬が増えますし、すき間時間に配達をする方には最適でしょう。

しかしクエストでの報酬が欲しい方や、ウーバーイーツ専業の方には旨味がないのかもしれません。

本記事がウーバーイーツのブーストへの理解の助けとなれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ではでは、今日も皆さま生きててえらい!

▼初心者ウーバーイーツ配達員が100回配達した軌跡です。

関連記事:ウーバーイーツ(Uber Eats)のバイトは怖い?200件配達したぼくが、うれしかったエピソード3選

▼ウーバーイーツの「クエスト」について紹介しました

関連記事:ウーバーイーツ(Uber Eats)のクエストはいつから?初心者配達員が紹介

ABOUT ME
じんと(迅斗)
〔うつ病からの社会復帰を、生き様で発信〕l大手企業3年目でうつ病を患い転職活動で250社落ちるも、Webライターとブログのフリーランスで復活lWebライターだけで月商10万円を突破し、ブログは「じぶんぽっく」含め5つ運営と多岐に渡って活動中l愛称は「うつのちライター」lうつ抜け配達パートナーとして、ウーバーイーツ配達員もやってます。
コチラの記事も人気です!