20代の生き方

【転職エージェントも認めた!】スケジュール管理シート販売決定!【ワンコイン】

転職活動をしていて地味にめんどくさいのが「スケジュール管理」です。

就活と違い、転職活動では時間が限られていることが多いです。

なぜなら

  • 企業…即戦力としてすぐ入社できる人が欲しい
  • 応募者…仕事と転職活動を両立する必要がある

ということがあるため。

転職の面接は基本的に平日ですので、土日休みの人が面接を受けるには有給を使わなければなりません。

そのため、就活以上に限られた時間しか使えないです。

そんな貴重な時間の中で、複数社の選考が同時に進んでいた場合

面接の予定がかぶっていたああああ(´;ω;`)

なんてこともあるでしょう。

もし、片方をドタキャンなんかしたときには、信用度なんてありはしません。

なんてことだ・・・なんてことだ・・・←

2020年の転職活動で250社を受けたぼくです。

絶対1回ぐらいダブルブッキングしたやろ?

そう思った方、残念でした。

実は1度もしていません。

理由は転職活動1か月目に、今から紹介する「スケジュール管理シート」を使ったから。

そして、先日対談した人材業界経験者である「しゅんたさん」が購入してくださった感想。

転職のスケジュール管理で失敗を犯さない武器について、紹介していきます。

▼スケジュール管理シートより、しゅんたさんが知りたい人へ。

関連記事:【対談】人材業界はきつい?楽しい?元人材派遣会社の人に聞いてみた!

転職で「スケジュール管理シート」の内容

転職のスケジュール管理シートの内容について、おおまかに2つに分けて紹介します。

イメージは以下です。

転職 スケジュール 管理

項目

まずは項目ですが

  • 会社名
  • 経由エージェント
  • 業種
  • 職種
  • 応募日
  • 志望度合い
  • 選考状況
  • なぜ応募したか
  • 備考
  • (不通過の場合)理由

について一目でわかるようにしています。

そして、選考状況は色分けして一目でわかるようにしています。

分類

次に分類ですが、3つにわけています。

  • 選考中
  • 書類不通過
  • 面接不通過

アピールポイントは「書類不通過」の項目を作ったこと。

一般的には、転職活動の書類通過率は3割と言われています。

(今のご時世だともっと低いかも)

そして、書類の不通過理由と面接の不通過理由は、まったく異なります。

不通過になった時の反省を次の選考に活かすためには、書類不通過と面接不通過で分類したほうがわかりやすいと考えました。

転職で「スケジュール管理シート」を使うメリット

では、スケジュール管理シートを使うメリットはどういったものでしょうか。

転職管理シートのメリット
  • 同じ求人に別のエージェントから二重応募するのを防げる
  • 転職面接のダブルブッキングを防げる
  • エージェントに転職の進捗状況や転職の軸を伝えやすい

特に、転職エージェントからの評判が良かった理由が

転職の状況や軸を一目で共有できることです!

なぜかといいますと

  • 求人が他社と被らないように紹介できる
  • 受けている企業で転職の軸がわかる
  • なぜ選考で落ちたのかを一緒に分析できる

ということで、すり合わせの時間が短くなることから、同じ面談時間でも深い話ができるようになります。

深い話ができると、あなたとエージェント、そしてあなたと企業でミスマッチが生じにくくなります。

ぼくも複数の転職エージェントへ初回面談の前にこのシートを送ったのですが、

転職エージェントと事前に選考状況や軸を共有できたことから、面談ですり合わせをする手間が省けました。

時間がない転職活動において、無駄な時間が省けるのはとても助かりますよ!

転職で「スケジュール管理シート」を使いたいあなたへ

転職 スケジュール 管理

もし、転職管理シートに興味を持った方。

高いと思いませんか?

情報商材屋みたいに4000円で売ってスッカスカとか、考えたのではありませんか?

実は、100円です\(^o^)/

赤字とか利益とか以上に、みんなに使ってもらいたかったので、驚異のワンコインにしました!

まさに、おねだん異常です(某家具屋風)

販売先はnoteで、Googleスプレッドシートでダウンロードできますので、よかったらご活用くださいませ。

https://note.com/jibunpock/n/n3c8b8b585832

最後まで読んでくださった方、生きててえらい!

※普段はもっとまじめなブログですw

▼ぼくの転職活動経験談です。

関連記事:【うつ病20代の転職活動#1】コ〇ナ不況が本格化する前から始めてたけど、時すでに遅しでした