運営者の後藤 迅斗(じんと)って何者? >>

【徹底比較】本気でおすすめしたい転職エージェント5選【実際に登録した感想も】

【徹底比較】本気でおすすめしたい転職エージェント5選【実際に登録した感想も】
  • 転職エージェントはたくさんあるけど、おすすめのサービスはどこなの?
  • 実際に登録した感想や口コミを知りたい
  • 大企業や20代の人におすすめのサービスはどこ?

こんな疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、以下の5社がおすすめです。

この記事を書いたぼく(20代後半)は過去に、20社以上の転職エージェントを利用した経験があります。

この記事を書いた人

この記事を書いた人
じんとのTwitterはこちら

利用したサービスが全てよかったわけではなく、なかには

  • 高圧的な態度
  • 面談したのに全く求人を紹介してもらえない

といったサービスもありました。

しかし、この記事で利用した5社は求人を紹介してもらえるのはもちろん、親身なサポートにより安心して転職活動を進めることができました!

そこでこの記事では、おすすめ各社の紹介や実際に利用した感想はもちろんのこと、求人量・求人の質・サポートの3つで徹底比較します。

最後まで読むと、あなたにぴったりのサービスときっと出会えるはずです!

ざっくりまとめてみた

スクロールできます
サービス名求人量求人の質サービスこんなあなたに
リクルート
エージェント

(イチオシ!)
全ての
転職希望者
doda全ての
転職希望者
マイナビ
エージェント
第二新卒
メーカー志望
パソナキャリアメーカー志望
女性の転職希望者
JAC
リクルートメント
大企業・外資
キャリアアップ
◎:すごくいい 〇:いい △:やや劣る
目次

おすすめ転職エージェント5選

今回比較する20代におすすめの転職エージェント5選

最初に紹介したように、ぼくがおすすめする転職エージェントは以下の5社です。

また、転職エージェントを紹介してもらえるサイト「ビズリーチ」も最後に紹介します。

1社ずつ詳しく見ていきましょう。

おすすめ①:リクルートエージェント

1社目は、YouTubeのCMでおなじみのリクルートエージェントです。

ぼくも転職活動し始めたころから最後までお世話になり、親身にサポートしてくださりました。

実際に利用して感じたこと
  • 圧倒的な求人数で、ほぼ毎日求人を紹介してもらえた
  • 非公開求人が全求人の90%
  • 完全無料で利用できる
  • ポータルサイトが若干使いにくい
  • 自分のスキルや経験と合わない求人を紹介されるときもある

特によかったと感じたのは「圧倒的な求人数の多さ」です。

2020年4月に登録しましたが、不況のなかで唯一ほぼ毎日10件近く求人が届いていました。

しかも、他のエージェント会社から紹介される求人とほとんど被らなかったので、それだけ非公開求人を持っているという証拠でしょう。

一方で、企業側の求めるスキルと自分のスキルが全然違う求人も届きました。

例えば、機械系学科出身のぼくに「建築学科出身の方募集」の求人が来たり。

とはいえ、合わない求人に応募しなければいいだけなので、あまり気にする必要はありません。

それ以上にダントツの求人数を無料で紹介してもらえたメリットの方が大きいですので、最低でもリクルートエージェントに登録すればまず間違いないでしょう。

おすすめ②:パーソルキャリア(doda)

2社目は、同じく圧倒的な求人数を持つパーソルキャリア(doda)です。

実際に利用して感じたこと
  • 求人数が多く、ほぼ毎日求人を紹介してもらえた
  • 企業から直接届く「プレミアムオファー」がよかった
  • 完全無料で利用できる
  • 同じ会社からオファーが届くこともある
  • キャリアシートの文字数が少ない

dodaに登録して1番良かったのが「プレミアムオファー」です。

プレミアムオファーは、あらかじめdoda内でのキャリアシートを企業が見るオファーのことで、実質書類通過!

どれくらいすごいかは、以下のように転職活動の書類通過率を見れば一目瞭然です。

マイナビエージェント(人材紹介)で転職活動を行い、内定を得た人たちのデータによると、応募して書類選考を通過する確率は30%、そこから一次面接を通過する確率は30%、その後最終面接を通過し、内定を得る確率は50%でした。

引用元:マイナビ転職

ぼくが利用した時も、プレミアムオファーを通じていきなり最終面接まで進んだことがありました。

一方、「同じ会社のオファーが毎日来る」のが難点。

もちろん、プレミアムオファーではありません。

とはいえ、マイページから非表示できます。

ブラック企業の可能性が高いので、そっとブロックしましょう。

おすすめ③:マイナビエージェント

3社目は、第二新卒とメーカーへの転職支援を得意とするマイナビエージェントです。

実際に利用して感じたこと
  • アドバイザーからのサポートが手厚い
  • 20代やメーカーへのサポートが得意
  • 完全無料で利用できる
  • 先ほどの2社よりは紹介してもらえる求人が少ない
  • 連絡が他社より多い

特に、アドバイザーからのサポートが手厚いのがいいなと感じました。

なかでも20代向けやメーカーへの転職支援を得意をしているとのことで、ぼくがサポートを受けたときも

  • 若手歓迎の求人の紹介
  • 職務経歴書の書き方を若手社員目線でアドバイス
  • 転職前、メーカー勤務だった経験の活かし方のアドバイス

といったことがありました。

とはいえ、リクルートエージェントdodaと比べると紹介してもらえた求人は少なかったです。

そのため、上の2社のどちらかとあわせて登録するのをおすすめしたいですね!

おすすめ④:パソナキャリア

4社目は、メーカーや女性の転職支援を得意とするパソナキャリアです。

実際に利用して感じたこと
  • メーカーの求人が多い
  • 完全無料で利用できる
  • 紹介求人数は前3社より少なめ

パソナキャリアを使って1番いいと感じたのは「メーカー系の求人の多さ」です。

ぼくがもともとメーカーで設計開発をしていたのもあると思いますが、求人のほとんどはメーカーでした。

Web上の評判をみても「メーカーで幅広い職種の募集がある」といったものがあり、理系もしくはメーカー志望の文系の人におすすめと言えるでしょう。

とはいえ、紹介された求人数は前3社より少なかったです。

パソナキャリアだけ、というよりは「セカンドオピニオン」として利用するのがいいでしょう。

余談ですが、「女性活躍パワーアップ大賞」で優秀賞を受賞するほど、女性への支援に力を入れているのもパソナキャリアの特徴ですね。

おすすめ⑤:JACリクルートメント

5社目は、ハイクラスの転職支援を得意とするJACリクルートメントです。

実際に利用して感じたこと
  • 親身で手厚いサポート
  • 1企業ごとへに専任サポートがついている
  • 完全無料で利用できる
  • 登録するまでのハードルが高い

JACリクルートメントの最大の強みは「1人1人へのサポートが手厚い」こと。

JACリクルートメントは、ハイクラスの求人に特化していることもあり、大企業や外資で働いているような限られた人しか登録できません。

逆手に取れば、門戸が狭いぶん一人ひとりに寄り添えることが手厚いサポートの秘訣でしょう。

ぼくは元々大企業に勤めていたので登録できましたが、サポートの丁寧さは段違いだと感じました。

今はフリーランスなのでサポートを受けられるかわかりませんが、もし転職活動するならまた利用したいと思っています。

おまけ:ビズリーチ

実は、あなたにあった転職エージェントを紹介するサイトもあります。

それはビズリーチです。

実際に利用して感じたこと
  • 転職エージェントからオファーがもらえる
  • 企業の役員や社長からオファーが来ることもある
  • 登録までに審査が必要
  • 一部機能は課金しないと利用できない

ビズリーチで1番良かった点は「企業の役員や社長からオファーが来る」こと。

ぼくもビズリーチを使っていたころ、いくつかの企業からオファーが届きました。

詳しくは言えませんが「重要ポジションを任せたい」というオファーも届いてびっくり仰天です。

一方で、ビズリーチは全員が登録できるわけではありません。

登録する前に審査があり、落ちてしまった知り合いも何人かいます。

しかし、ぼく自身や知人の傾向を見ていると、どれかに当てはまっていればほぼ確実に通ります。

  • 高学歴
  • 大企業、外資出身
  • 今の会社で大きな実績を残している

なかでも金融系の大企業に勤めていた友人は、ビズリーチ経由で転職エージェントを紹介してもらった結果、今の転職先と出会えました。

気になった方はこの機会に、あわせて登録してはいかがでしょうか?

おすすめの転職エージェント5社を3項目で比較

おすすめの転職エージェント5社を3項目で比較

先ほど紹介した、おすすめ転職エージェント5社を、以下の3項目で比較しました。

クリックすると、各比較項目に飛べます!

①:求人の量

まずは「求人の量」です。

転職エージェントが持っている求人数が少なければ、そもそもエントリーすることができません。

土俵に立つためには、求人の量が少なさすぎないことが重要です。

そんな「求人の量」は

  • 求人数(企業サイトなどに記載)
  • 20代後半の自分向けに、実際に届いた求人数

の2項目で比較しました。

求人数で比較

求人の量は、圧倒的にリクルートエージェントが多かったです。

1日10件以上の求人紹介がほぼ毎日届いたのは、リクルートエージェントだけでした。

また、10件まではいかないものの、dodaもほぼ毎日求人が届いていた印象です。

②:求人の質の良さ

次に「求人の質」です。

求人の量も大事ですが、質も同じくらい重要。

自分の希望職種や条件に合っていない場合、どんな優秀な人でも落とされますからね。

そんな「求人の質」は

  • 募集要項と自分の経験が合っているか
  • 自分の希望条件と合っているか

の2項目で比較しました。

求人の質で比較

求人の質は、JACリクルートメントが最もよかったです。

紹介された求人は少なかったですが、どちらも志望業種や条件面にマッチした求人。

限られた人しか登録できないサービスだからこそ、転職理由や転職で実現したいことにマッチした求人が届くのではないでしょうか。

一方で、リクルートエージェントやdodaといった最大手は「数うちゃ当たる戦法」の印象が強かったです。
(プレミアムオファーは例外)

希望条件に当てはまっていなければ断ればいいとはいえ、正直「手間だな」と感じたこともありました。

③:サービスの良さ

最後に「サービスの良さ」です。

転職は人生の一大イベント。

だからこそ、信頼できるコンサルタントにサポートしてもらいたいですよね。

そんな「サービスの良さ」は

  • キャリア面談での対応の良さ
  • 求人紹介後のアフターフォロー

の2項目で比較しました。

サービスの良さで比較

対応は、JACリクルートメントリクルートエージェントの2社が良かったと感じています。

特に転職で行き詰まったときに時間をとって戦略の立て直しをサポートいただけて感謝しかありません。

一方でパソナキャリアは、求人紹介後のレスポンスが遅い印象を受けました。

自分だけかと思いましたが、Web上でも以下のように連絡が来ないという評判を見かけました。

そういえば転職サービスのパソナさん。担当変わるのでと言われてから一向に連絡ない。1カ月以上放置されてるんだけど…

引用元:Career Theory

【パターン別】おすすめの転職エージェントランキング

【パターン別】おすすめの転職エージェントランキング

最後に、登録がおすすめの転職エージェントランキングを3つのパターンに分けて紹介します。

はじめて転職エージェントを使う人

はじめて転職エージェントを使う人には、以下の順でおすすめです。

この3社のなかでも、リクルートエージェントは外せません。

持っている求人数が最も多いのはもちろんのこと、質の高いサポートを受けられることから、初めてでも安心して転職活動を進められるでしょう。

とはいえ、転職エージェントの登録が1社だけだと、担当者と合わなかったり業種や勤務地によっては求人がなかったりするかもしれません。

以下のどちらかと一緒に登録することも、ぜひ検討しましょう。

キャリアアップしたい人

続いて、年収などキャリアアップしたい人におすすめのエージェントをランキング形式で紹介します。

大企業や外資でキャリアアップしたい人は、JACリクルートメントへの登録がおすすめ。

求人数は少ないものの、大企業や外資系の求人を多く取り揃えていますし、質の高いサポートを受けることで

とはいえ、応募する求人数は少しでも増やしたいもの。

そのためにもリクルートエージェントやdodaで補うようにしましょう。

加えて、企業から直接オファーが届くビズリーチに合わせて登録するのもおすすめです。

社長と面談する機会があったり、ハイクラス向けの転職エージェントからスカウトが来ることがあったりしますからね。

メーカーを志望する人

最後に、以前メーカーに勤めていた経験をもとにおすすめランキングを作成しました。

メーカーへの転職支援を得意としていて、かつサポートが良かったマイナビエージェントがおすすめ。

実際、ぼくが登録した時もメーカーの求人が圧倒的に多く、機械系エンジニアから総務まで多岐にわたりました。

また、パソナキャリアもメーカーを得意としている転職エージェントです。

女性への転職支援も得意としているので、リケジョの人はパソナキャリアへの登録も検討しましょう。

余談ですが、関西のメーカーに特化した転職エージェント「タイズ」も利用してよかったサービスです。

地域や業種が絞られることもあって今回は外しましたが、関西在住でメーカー志望の人がいたらあわせておすすめしたいですね。

おすすめ転職エージェントへ登録するにあたってのQ&A

おすすめ転職エージェントへ登録するにあたってのQ&A

最後に、この記事で紹介したおすすめ転職エージェントへ登録するにあたって、よくある質問とその答えをまとめました。

参考になれば嬉しいです!

そもそもエージェントを使わない転職活動とどっちがいいの?

エージェントを使った転職活動がおすすめです。

なぜなら、転職エージェントを利用することで以下のメリットを受けられるから。

  • 担当者から求人を紹介してもらえるので、忙しい人でも転職活動を進めやすい
  • 年収や経験・スキルに合った仕事など、客観的なアドバイスをもらえる
  • 履歴書や職務経歴書を添削してくれる
  • 面接対策が受けられる
  • 給料など、条件面の交渉をしてくれる

これら全てを自力でやろうとすると、正直かなりしんどいです。

サービスをうまく活用しながら、自分に合った仕事や会社を探しましょう。

余談ですが、「エージェントを使った転職活動」と「気になった会社に自分で応募」は並行して行って問題ありません。

なぜ転職エージェントは登録無料のサービスが多いの?

以下のように「企業に人材を紹介したお礼の報酬で成り立つビジネスモデル」だからです。

転職エージェントの仕組み
転職エージェントの仕組み

ただし、こうしたモデルゆえに

悪質な担当者

とにかく候補者を企業に送りさえすればいい

と考えている担当者は少なからずいます。

このような担当者に当たったときの対処法は、後ほど紹介しますね!

複数のサービスを同時に利用して大丈夫なの?

問題ありません。

むしろ、複数利用することで以下のメリットを受けられます。

  • より多くの求人を紹介してもらえる
  • 相性のいい担当者と出会いやすくなる

ただしあまりに増やしすぎると情報量の多さに困惑してしまいますので、最初の1ヵ月は多くて3つに絞りたいところですね。

総合型と特化型、どっちがいいの?

その人の転職方針によりけりです。

  • 総合型エージェント:幅広い分野の求人を取り扱うサービス
  • 特化型エージェント:ある分野に特化して求人を取り扱うサービス(IT業界専門、第二新卒専門など)

それぞれのメリット・デメリットをまとめましたので、あなたがどっちと合っているか考えてみましょう。

総合型エージェント VS 特化型エージェント
登録したあとどんな流れでサービスを利用するの?

まずは「キャリアカウンセリング」を受けるところから始まります。

登録してから入社までの流れを1つの図にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェント利用の流れ
担当者と合わない場合は変更できる?

変更できます。

担当者変更は、マイページやお問い合わせページなどから手続きできます。

先ほど紹介した「強引な営業」など、担当者が合わないと感じたら遠慮なく変更を申し出ましょう。

そのときに変更理由を聞かれるので、説明できるようにしておいてくださいね!
(私も2社ほど担当者の変更をお願いしました)

転職エージェントに登録するときの注意点ってある?

以下のことに注意しましょう。

  • 転職理由や希望条件を正直に話す
  • 転職に真剣なことを伝える
  • (冷やかしの登録も少なからずいるらしい……)
  • 紹介された会社について、自分でしっかり調べる
  • 初回のキャリアカウンセリングまでに職務経歴書を作る
  • 3ヶ月以内に転職活動を終える

こちらの記事でさらに詳しく紹介していますので、気になった方は読んでみてください!

まとめ:おすすめ転職エージェントに登録して成功への一歩を踏み出そう

まとめ:おすすめ転職エージェントに登録して成功への一歩を踏み出そう

この記事では、20社以上利用した経験に基づいて、おすすめ転職エージェント5社を紹介しました。

改めて5つのサービスについて振り返りましょう。

この記事で紹介したサービスまとめ

スクロールできます
サービス名求人量求人の質サービスこんなあなたに
リクルート
エージェント

(イチオシ!)
全ての
転職希望者
doda全ての
転職希望者
マイナビ
エージェント
第二新卒
メーカー志望
パソナキャリアメーカー志望
女性の転職希望者
JAC
リクルートメント
大企業・外資
キャリアアップ
◎:すごくいい 〇:いい △:やや劣る
【パターン別】おすすめランキング

転職エージェント業界には数多くの会社があり、それぞれで得意・不得意分野が異なります。

サービス選びを間違えると、かつてのぼくのように「あなたに紹介する求人はありません」と担当者から言われるかもしれません。
(当時の記録はこちら)

とはいえ、この記事で紹介した5社のいずれかに登録すれば大きく外れることはありません。

それでも「紹介された求人がピンと来ない」と感じたら、特化型エージェントの利用も視野に入れましょう!

特化型エージェントの例

この記事が、転職成功のきっかけになればぼくは嬉しいです。

ではでは、今日も生きててえらい!

関連記事:うつ病の人に本気でおすすめしたい転職エージェント5選!精神疾患を経験した人が紹介

関連記事:第二新卒に本気でおすすめしたい転職エージェント7選!それぞれ向いている人も紹介

【徹底比較】本気でおすすめしたい転職エージェント5選【実際に登録した感想も】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (32件)

コメントする

目次